fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
17位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
青山の日本料理、てのしま
Moi!

今日も日中は20度まで上がり、夏の名残を楽しめるぐらいの気温でした。
さて、昨日に引き続き日本に帰省した時の回顧を。

この度、オープン時からずっと行きたかった青山にあるてのしまに行くことができました!この和食レストランは、フィンランドで知り合った紗里さんが去年の3月に旦那様とオープンされた和食のお店。
紗里さんのレストランを訪れた時の興奮気味のブログは↓になります。興味のある方は是非。
http://visitlakeus.blog.fc2.com/blog-entry-578.html
http://visitlakeus.blog.fc2.com/blog-entry-624.html

店内はこのように大人な感じのカウンター(使っている器も素晴らしかったのです)でありながら、和気あいあいとした、なんというかおいしいお料理を堪能する人達の幸せで満たされているリラックスできる空間でした。
てのしまカウンター2

では早速お料理の写真に。
前菜は桃の白和え。そう、この桃は昨日ご紹介した飯南の白桃でございます。
桃の白和え

続いて蛸 おくら トマト酢。夏なのでトマト酢がさっぱりしていました。
蛸おくらトマト酢

その時旬だった鱧、そして焼き茄子の合わせ味噌仕立て。出汁の味がしっかりきいて胃にふわっとしみわたる味でした。わたくしとしたことがお椀の写真を撮り忘れておりました。100年前のお椀だそうです。
鱧焼き茄子合わせ味噌仕立て

おつくり。確かカツオとえーっと、すみません、忘れてしまいました。おつくりはその日に入った新鮮なものを使われているとのこと。基本的につけだれなどすべて手作り。しかも前後の料理を配慮しながら調整しているという心の込め方。
おつくり

まながつおの香味揚げ 刻み夏野菜。実は魚介類あまり得意ではないのですが、せっかくの日本料理なのでなるべくトライしてみることにしました。大胆な柄のお皿にスキッと盛り付けられたまながつお。これがカリッとしていていや~、おいしかったです。もちろん他の魚も完食しました。
まながつお香味揚げ 刻み夏野菜

これは岩中豚 甘夏辛子だれ。甘夏の辛子だれ!素人では思いもつかないコンビネーションですが私の好みの味でした。
岩中豚 甘夏辛子だれ

最後に近づいてまいりました。てのしま寿司。いなり寿司の中にも具が入ってました。このお寿司も季節によって変わるそうです。
てのしま寿司

いりこだしにゅうめん。改めて胃が大きくてよかった。いりこだしは西の方で使われるので関東では珍しいのだとか。さっぱりとしていてこちらもおいしかったです。
いりこだしにゅうめん

そしてデザートは再び桃と紅茶のパフェ。ここでふんだんに桃がいただけるとはしかもお土産でいただけるとは飯南の桃農家の方にも感謝です。
桃と紅茶のパフェ

カウンターを撮らせていただきました。かぼちゃには”てのしま”と書かれています。農家の方が送ってくださったのだそうです。
てのしまカウンター1

和食の繊細さ、見た目の美しさ、素材の味を活かした美味しさを堪能した夜でした。はぁ、この幸せだった気持を胸にフィンランドで力強く生きていきます。
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

大きな胃をお持ちの方も、少し小さめの胃をお持ちの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ
スポンサーサイト





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国外旅行 | 02:37:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter