fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
17位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
パリでスリ被害
Moi!

現在フランスに旅行中でございます。最初にパリに1泊して、今は友人宅に泊めてもらっている次第。気温は最高気温が8度。もちろん雪は全然なく、楽勝です。ヘルシンキの空港の搭乗ゲートで半袖Tシャツ男性を2名見かけましたが、さすがにそれは寒いと思われますが。

フランスに来たことは何度かあり、スリ被害が増えているし、実際にスリ未遂にあったことも2度ほどあったので危険な街というのは認識し、チケットを買うときなどかなり注意していたのですが、見事にスリ被害に遭ってしまいました

空港からロワシーバスに乗ってオペラに到着。ちょうど到着したメトロに乗り込んだところ、女性が”XXXXという駅にはどう行ったらいいか”と英語で聞いてきたのです。いやいやいや、私は旅行者だし、駅名言われてもわからないし。その時にやたらとドアの上にあるメトロの路線図でこの辺なんだけどと指差すので、私も指された方を見ながらいや、それは逆向きじゃないのかとか答えているのに、次の駅で降りようともせず、今度は乗り換えについて聞いてきていやほんと、わからないと思いながらやりとりしているうちに次の駅に到着しました。

ここまで書いたら何が起こったかおわかりですよね…。
質問していた女性は急に会話をやめて電車から降り、その女性の反対側に立っていた女性がポンポンと私の肩を叩き、指差したものを見ると閉めていたバッグのファスナーが開き、お財布がその上に

2人組のスリの見事なカモとなってしまったのです。

彼女達にも慈悲があり、現金のみ抜いてお財布を返してくれたこと、クレジットカード、滞在許可証、携帯などはすべて無事だったこと。現金も同じユーロ圏だからとそんな大金を入れていなかったのも不幸中の幸い。とにかく2人とかグループの連携スリが増えているので話しかけられたり、気を引かれてもお財布だけはしっかり気を付けるべきだったということを身をもって勉強をしました。

仏在住の友人は現金、カード、滞在許可証などは別々の所に入れ、お財布もバッグの底に入れておくようにしていると聞き、平和ボケしていたことに反省した次第でございます。困っている人を助けるのも必要ですが、わからないことはわからない、できないことはできないとはっきり伝えるべきですね。世知辛いですが、自分を守るのは自分でしかないですから。

フランスではバーゲンの期間が始まり、最初の週末だったのでウィンドーショッピングを中心に楽しみました。こちらはギャラリーラファイエットでございます。大変煌びやかでございます。やっぱりフランス人、おしゃれな人が多いですね~。色々なブランドが入っていて元々の強調文お安くなっておりました。
ギャラリーラファイエット

そしてこちらはさらに高級デパート、ルボンマルシェでございます。こちらはね、もう目の保養に徹しました。仮に気に入ったものがあったとしても着て行く場所は地元のスーパー?、と考えると抑制力が働きます。
ルボンマルシェ

地下の食材売場、日本コーナーがで~んとありました。隣の棚は”その他アジア”でまとめられていたのに比べるとかなり和食の注目度が高いのがわかりますよね。こちらはスーツケースは機内持ち込みなので物理的に不可能という抑制力が再度作動しました。でもいいのです、こんなものがパリでは入手できるということがわかっただけでも。
ルボンマルシェ日本食コーナー

オペラ座の前は相変わらずの人だかり。
オペラ座昼

夜はお天気も悪かったのもあり人もかなり少なくなっていました。
オペラ座夜

まだぎりぎりクリスマスイルミネーションが残っていました。ここはホテルの近くの通り。この通りは庶民的で果物を売っているお店があったり、パンを売っているお店があったりちょっと市場を歩いているような気分で歩けました。
Cler通り

橋の上からセーヌ河を見下ろす、の図。こちらの空もフィンランドとあまり変わりなくグレー。でも川は凍っていないのでセーヌ河クルーズもしてました。
ポンヌフ

土曜日はイエロージャケットのデモがあり、ピンボケしているのですが、こんな感じで人々が行進していました。イエロージャケットそのものを着ている人ってあまりいなかったのが意外。
イエロージャケット
恐らくこの直前までメトロのオペラ駅は封鎖されていたのですが、私達が到着した時はオープンされていましたが、駅にたくさんの人がいました。このデモのためにATMが壊されないように板で覆われていて使用禁止になっていたり、デパートも防御のための板でショーケースを覆ったりして対策をしていました。街角に設置されていてゴミ箱がひっくり返されていたのはデモの人達の仕業とか。

また朝パン屋さんであったガス爆発の現場近くのアジアンショップに行ったのですが、その前にたくさんの消防車が停車していました。ガス爆発の事故はショッキングな事故でしたが、デモに関してはメトロの駅が封鎖されたり開放されたりはしていましたが、人々の日常生活にはあまり大きな影響はないように感じました。観光客も相変わらず多かったですしね。

最後はSNCFというフランスの国鉄のNord駅にあるVIP用待合室。空港ラウンジのように頻繁に利用するお客さんが入れるようで、私は友達に同行して役得。広々とした空間で無料の飲み物が提供され、PCを開いて仕事をしている人も見かけました。
SNCF Vipルーム

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

危機管理能力が高い方も、強化が必要な方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ
スポンサーサイト





テーマ:フランス - ジャンル:海外情報

フィンランド国外旅行 | 18:43:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter