fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
17位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
ヘルシンキお上りさんの旅 ~食べ物&新図書館編~
Moi!

昨日の終日降り、雪嵐のようになった昨日と打って変わって今日は気持のいい晴れの日でした。Twitterでもつぶやいたのですが、朝からとても素敵な気持になりました。


今日は絶対に忙しかったに違いないのにこのさり気ない、しかし大きな助けに心が温かくなったのでした。

さて年を越してしまいましたが、年末に行ったヘルシンキについて。今回はレストランと新しくできた図書館Oodi(2度目)についてです。

初日のランチは行きたいお店が年末のために閉まっていて、行きたいリストにあった初めてチャレンジしたお店はちょっと失敗。夜は前から気になっていたWay Bakery and Wineへ。ランチのようにクリスマス明けから年始にかけて閉店しているところが多い中、ここはオープンしていて、しかもホテルの割と近く、幸か不幸か席の予約ができない、となるととにかく行ってみるしかないですよね。

ホテルの部屋でダラダラする家人を急かしてレストランに向かったところ、座れる場所はかなり少なくて既に満席ではあったのですが、ちょうどタイミングよく1組のお客さんがちょうど支払いをするところ。なのでちょうど座れたのです。

店内はかなり暗くてメニューはキャンドルに照らして。
Way店内1

そういえばこの前ヘルシンキで行ったレストランもこんな感じで暗かったです。これがトレンド?
Way店内2

このレストランは基本的に単品料理。そして自然の素材を活かした料理ばかり。単品は6€がほとんどでこれぐらいでお腹がいっぱいになるのかちょっと心配だったのですが…
心配は杞憂に終わりました。

とにかく一つずつの味付けが絶妙でおいしいのです。牛肉のハムとベリーペースト添えとか
Bayビーフ

夏に採れたラディッシュの酢漬け
Bayラディッシュ

もちもちだった名物のパン(写真なし)

そして私が一番お気に入りだったのはアーティチョークのレモン風味のマヨネーズかけ。このマヨネーズの味が絶妙でした。
Bayアーティチョーク

翌日は急遽映画に行くことになり、ランチは街の中心で済ませる必要があったので向かったのはカンッピショッピングセンターの5階にあるレストラン街に。案外空いていたのですが、お目当てのHOKUには長い行列が。こちらは前にも行って美味しかったので今回は家人と。行列は長かったのですが、キャッシャーでオーダーしてから料理が出てくるのが早くて回転効率のよいのも魅力。

私が頼んだのは前回と同じ唐揚げチキン。チキンがカラッと揚がっていて、ハチミツが混ぜられているソースが絶妙で美味しいのです。
Hoku唐揚げチキン

家人は豆腐とサーモンのセット。こちらもなんちゃって、ではなく正当和食の味でした。たっぷりサラダも魅力ですよね。(ポテトかサラダを選ぶことができました。)
Hoku豆腐とサーモン

帰る前に食べたのはHOKUの隣にあった中華、Beijing 8で餃子を食べました。ランチ時はそんなに人がいなかったのですが、夕食時は割と多くのお客さんが入っていました。ここで焼餃子を選べたのが決め手となりました。味は良くもなく悪くもなく…。パリパリ感に欠けていたのが残念。単品で頼んだのでタレは自分で作る必要がありました。私は大丈夫だったのですが、餃子にあまり馴染みのない人にとってはちょっと高度だったかも。ちなみにピンク色とか緑っぽい皮は合成着色料ではないそうです。エコを意識した若者向けのお店でした。
Beijing 8

レストランの話はこれで終わり、2度目のOodiという駅の近くにできた図書館を再度ご紹介します。前回準備中だった2階をメインに回りました。

入り口前に看板が準備されていました。”We wanted to be…
Oodi看板1

the sky" ほぉ、空になりたいのですか。で、誰へのメッセージ?ということはさておき、
Oodi看板2

相変わらずの混雑ぶりでした。2階にはたくさん座るところがあり、どんなに混んでいても何かしら座るところは確保できそう。こちらはゲーム室でティーンエイジャーがたくさんいました。
Oodiゲームルーム

こういうオープンスペースならいくらでも座ることができます。ちなみに多くのフィンランド人はベンチの上でも土足で歩いたりするし、それに神経質にならず座ったりしているのでこういうことが可能なのかもしれませんね。
Oodi座る場所

噂のミシン等。ミシンなんてあまり使うことがないからここで使えたら便利ですよね。ちなみにミシンは私の敵…。
Oodiミシン

あまり詳しくないのですがラミネーター、ですかね?そういう機械もございました。
Oodi 作業場

あの、前回行った時は誰も座っていなかったEero Aarnioのボールチェアー、今回は残念ながら子ども達が使っていて座ることができませんでした。友達は試したらしいのですが、音が遮断されてとても快適だったと。なのでもしOodiに行って3階にあるこのボールチェアーが空いていたら躊躇せず座ってみることをお薦めします。子どもセクションの近くに3つと少し離れたところに1つありました。
Oodi Eero Aarnio

おまけの写真はVRというフィンランドの国鉄。今回ご厚意で日頃は乗れないちょっと格上の車両(そして2階)に乗ることができました。車窓を眺めながらの旅、乙なものでした。PCも広げやすかったですしね。
VR Duo

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

おいしいレストランなら少々遠くても足を運ぶという方も、そこまでのこだわりはありませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ
スポンサーサイト





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 00:31:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter