FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
15位
アクセスランキングを見る>>

ヘルシンキお上りさんの旅 ~teamLab展と聖ヨハネ教会~
Moi!

あっという間に10月です。今年が後3ヵ月と知ってちょっとびっくりしております。時間が経つのは早い…。
安定した寒さは続いていて日中は11度まで上がります。でも10度越えはこちらでは割と暖かい部類に入ることを少しずつ思い出してきました。そう、適切な服装を心がければ10度なんて…案外…へっちゃら…なはず

さて日が空いてしまいましたがヘルシンキ訪問記、今回は駅の近くにオープンしたAmos Rex美術館、一番最初の展示は日本のteamLabの作品だったので今回はこれを目当てに上京しました。そしてたまたま通りがかった聖ヨハネ教会をご紹介します。

Amos Rex美術館の外観はこちらです。セイナヨキのアピラ図書館を設計したJKMM社が手掛けたもの。ちなみにですね、ここは駅のすぐ近く、Kamppiセンターのすぐ近くにあったのに迷いました。方向音痴、およびお上りさんの私にとってKamppiのショッピングセンターは広すぎてどこから出たら近いのかわからなくなってしまったのと、この奇抜なオブジェが建物の向こうに隠れて見えなかったことと、Googleマップを使ったら移転前の美術館を案内してくれやがったことに敗因があります。我ながら情けない。
Amos Rex美術館

この日はですね、時折大雨が降りその上強風の悪天候。そのおかげもあって噂では長~い行列ができていると聞いていたのにこの通り誰も外で待っていませんでした。チケットを買うところでも10人強並んでいましたが、チケットを買うだけだったのであっという間に中に入れました。
Amos Rex美術館エントランス

この写真は美術館には関係ないのですが、この無造作に捨てられた傘がどれだけ強風だったか物語っています。家人の傘も壊れたし、私の傘もかなりご臨終に近い状態になったのでした。ヘルシンキは海の近くだけあり、風の強さが全然違います。もちろん日本の台風に比べたらかわいいものでしょうが。ちなみに家人は日本で台風にも負けない頑丈な傘を買いたいと申しております。
強風の結果

teamLabの展示は地下で開催されていました。
Amos Rex美術館入口

こちらがメインの部屋。
[広告] VPS
足を踏み入れたらとにかくそのビジュアルに圧倒されました。そしてこの中のカエルやカメレオン、蝶、鳥、花などのオブジェに塗り絵ができるスペースがあり、完成した塗り絵はその場でスキャンされ、それが作品として投影されるという参加型の新しい形の展示もおもしろかったです。小さい子どもが喜びそう。(そして18歳以下は入場無料!大人は18€ですが…

こちらは光粒子の渦とよばれるコーナー。宇宙の空間、または風の谷のナウシカに出てくる腐海の森の下にできた空洞を思わせるような不思議な空間。こちらでは大型クッションが置いてあって、そこで寝そべってゆったりとこの展示を見ることもできます。
[広告] VPS

展示はもちろん素晴らしかったのですが、個人的には1回観れば充分かなと思ったのでした。理由の一つは日本の展示の様子などを見知っていたのでそれに比べて見劣りしてしまったこと。もう一つの理由は体験型の展示がなく(気付かなかっただけ?)、4つの展示で18€はちょっと高いかなと。まあ海外での展示になるので展示できるものに限りがあったのかもしれませんけどね。

会場の天井が素敵でした。
Amos Rex美術館ホール

美術館の中の階段。無駄を省いたスタイリッシュさ。
Amos Rex美術館階段

ショップで目に留まったのはこちらのリフレクター。右側はフィンランド語のMoi、そして左側は
やあ1

3色から選べます。暗闇で光る"やあ”、いかがでしょうか?
やあ2

前日はひどいお天気だったのですが、翌日は台風一過のような晴れのお天気に恵まれました。たまたま通りかかった教会、聖ヨハネ教会という名前でした。1891年に建てられたもので、ネオゴシック建築とのこと。
聖ヨハネス教会外

ドアも装飾がたくさんあって荘厳。
聖ヨハネス教会ドア

中も圧巻。ラケウデンリスティ教会に慣れていると装飾の多さに驚きます。
聖ヨハネス教会中

このシャンデリアもそうですが、
聖ヨハネス教会シャンデリアと窓

このランプも!
聖ヨハネス教会ランプ

そしてステンドグラスもこのように幻想的でした。
聖ヨハネス教会ステンドグラス

デザイン美術館の近くなのでもしデザイン美術館に行かれる方がいれば一緒にいかがですか。
ということで皆様、素敵な1週間の始まりをお迎えください。

芸術の秋を楽しんでいる方も、スポーツの秋を楽しまれている方も、食欲の秋を楽しまれている方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ
スポンサーサイト


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 16:08:03 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
ツボ
「やあ (Nice to meet you.)」って・・・ツボにはまりました(笑)。
2018-10-01 月 19:08:21 | URL | Sparky [編集]
Re: ツボ
Sparky さま
コメントありがとうございました!

そのツボにはまりましたか~(笑)私はすっかりスルーしていました。
たぶんこれはフィンランドの”Moi"を英訳しているところからきていると思われます。
というのがこちらで初対面の人と挨拶するときは”Moi,私はxxです。”で終わることが多くて”Nice to meet you."に当たるフィンランド語ってあまり使うことがないように思うので。本来なら”Moi"は”Hi"という意味なのですが”Nice to meet you."も兼ねるってことでお見知りおきください。
2018-10-02 火 04:13:44 | URL | Visit Lakeus [編集]
でも、真剣に考えてみると・・・
日本で実際「やあ」を使う場面は、かなり限られますよね。一般的に女性は使わないだろうし、初対面の方に使う言葉でもないし・・・。初対面の外国人に「やあ!」なんて挨拶されたら、私はびっくりしそうです(笑)。
2018-10-02 火 17:15:00 | URL | Sparky [編集]
Re: でも、真剣に考えてみると・・・
Sparky さま

確かに”やあ”は一般的に使われませんが、インパクトがあって見映えするのでデザインとして成り立っているのかと思ったのでした。
2018-10-03 水 03:23:59 | URL | Visit Lakeus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad