FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
61位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
15位
アクセスランキングを見る>>

トラブル続きだった出国日
Moi!

お久しぶりでございます。無事日本から戻ってまいりました。それにしても暑い!暑いとは聞いていたのですがやっぱり暑いです、フィンランド。到着した日は32度でしたからね~。今日も太陽の光がさんさんと降り注いでいて29度ですからね~。あの長かった冬が嘘のようです。

今回は日本出発の日のトラブルの数々をご紹介しようかと思います。ほほ。

まず朝起きてひぃぃとなったことは
スマホが起動画面をループするだけで開けない
いやね、数日前からスマホの動きが変だなとは思ってはいたので、不要なものを削除したりしてたのですが、間に合いませんでしたよりによって何で出発当日に…
それにしても今の時代、携帯がないと限りなく不安になるものですね。目的地にたどり着くには、友達と緊急の連絡を取り合うにはどうすればいいのか。空港でレンタルも考えたのですが、通話はそんなに重要ではなく、アプリが必要なのですよね。持参していたiPadにLINEを入れて使おうとしたら、コードを携帯に送信したのでその番号を入力しろと。いやいやいや、その携帯が使えないからLINEのアプリをインストールしたというのに
さらに急いで前に使っていたNokiaフォンを持って行ったのに電池切れなのか充電しようとしてもできずさらにがっくり。
幸いなことに最初の2泊は同じホテル。しかもそのホテルに外でも持ち歩ける無料のスマホがあったのです。
さらにスマホを修理してくれるお店を見つけ、藁にもすがる思いで初期化をお願いしたら、なんとなんと復活したのです。1泊だったら修理も間に合わなかったかもしれないし、フィンランドで修理しようとしたら1~2週間はかかると思われ。まあアプリは全部入れ直しとなりましたが、日本で修理できてラッキーでした。ちなみに原因はGPSを使ったアプリが邪魔していたようで、今は快適に動いています。

そして続くトラブルは電車。出発当日の午前中、ヘルシンキ近郊の電車は電気系トラブルですべて止まっていたのです。幸い長距離電車はOKだったので途中のTikkurila駅までは時間通りにたどり着くことができました。その後の空港に向かう電車が動いたりキャンセルになったりしていたので、バスを乗り継いで空港まで行きました。この日も暑い日で、バスの冷房は壊れていたのかついていなかったか、とにかく車内が蒸し暑くてサウナのようでした。

さらに空港はトランプ大統領とプーチン大統領の会談当日でセキュリティの強化(セキュリティチェックが臨時で2階でも行われていました)に加え、タンペレであった世界陸上競技(?)から帰る選手達がたくさんいて、今まで見たことのないような混雑

もうここまでで十分だとお思いかもしれませんが、まださらにトラブル、というか身から出た錆が私を襲いかかってきたのです。
税関を通るにもいつもにない長い行列。日本人は自動化ゲートを通れるのでまだいいのですが、EUのパスポートを持っている人に比べたら長い列。そこで私はある但し書きを見て血の気が引いたのです。
滞在許可証を…家に置いてきた
旅行の前にお財布を軽くしようと思って”日本では使わない”カードを敢えて抜いたのです。言い訳をすると、滞在許可証は警察が発行したIDカードと似ていて、カードを抜いたときは警察発行のIDカードと信じて疑わなかったのです。
それにしても家人はEUパスポートの列。私だけ足止め??
心臓がドキドキする中、税関職員さんのところに。
パスポートを渡し、”滞在許可証は?”と当然の質問。
ここは開き直って”家に忘れました。”と答える私。
動揺する職員さん。彼はすくっと立ち上がり、ブース内にいる他の同僚に”この女性、滞在許可証持ってくるの忘れたみたいなんだけど”と呼びかけました。
でも他の同僚の方々は長蛇の列を捌くのでいっぱいいっぱいのようで全員無反応。
職員さんは諦めて”行っていいよ。”と出国スタンプを押して通してくれたのです
この時ばかりはトランプとプーチンとタンペレの世界競技にブラボーとお礼を言いたくなりました。

帰りですか?気になります?職員さんとのやりとりはこんな感じでした。
職員さん:フィンランドには観光で来たの?
私:セイナヨキに住んでいます。(←空港からちょっと遠いところに住んでいることをアピール))
職:じゃあ滞在許可証持ってるよね?
私:はい、家に(キッパリ)あ、でも運転免許証と保険証(個人ID番号が記載されているカード)は持ってます♡それと夫も後ろに並んでいます。
職:(絶句しながらも)行きはどうやって通ってきたの?自動ゲートだったの?いや、出国スタンプが押してあるね。
私:とても優しい職員さんが通してくれました。
職:(苦笑しながら)ああ、そうだね、住所はセイナヨキのxxxxで、えーっと、滞在許可は下りているようだね。どうぞ。
私:お手数をおかけしてしまって申し訳ありません。
職:何てことないよ。

日本だとこんなカジュアルな感じにはならなかったと思われますが、こういうフレンドリーというか緩い感じのフィンランドの対応に救われました。今回出発準備の際は”パスポートとお財布さえあれば何とかなる”と言い聞かせていたのですが、今度からは”パスポートとお財布と滞在許可証さえあれば”に変更しなければと固く心に誓ったのでした。
日本では滞在許可証がないために免税手続きが受けられないので家人にはお世話になったのでした。

最後の写真は長野のどこかの駅で栽培中のブドウ。盗られたりしないかとちょっと心配になりますが、盗られないからこうやって存在しているのでしょうね。
ブドウ

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

何かとトラブル起こしてしまう方も、どちらかというと助けてあげる方だという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

フィンランド国外旅行 | 19:07:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad