FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
17位
アクセスランキングを見る>>

エストニア、タルトゥの旅 ~食事編~
Moi!

今日もいいお天気に恵まれました。今回の旅は珍しくお天気に恵まれていました。行きも帰りも道中雨が降ったところもあったのですが、旅行中はずっと晴れ。しかも天気予報によると私達が去った後から雨だったので、ちょうど雨の間を縫って滞在した形となりました。

エストニア、タルトゥの旅はホテル編に続いて食事編です。今回もおいしいものをたくさん食べました。基本的にフィンランドは外食が高いのでエストニアのレストランに行くとついつい気が大きくなってしまいます。そして今回もTripAdvisorにお世話になりました。

まず最初の夜に行ったのはUmb Rohtというレストラン。ホテルと同じ通りにあるのはわかっていたのですが、まさか向かいにあったとは。テラスで食事をしている人もたくさんいましたが、私達は中で。インテリアもなかなか素敵。
Umb Roht中

できたてのライ麦パン。ライ麦パンはちょっと苦手なのですが、これはバターのおかげもあり、おいしくいただきました。
Umb Rohtライ麦パン

続いてセロリのスープ。スープ自体はやさしい味。加えて付け合わせのカリフラワーなどが酸っぱく味つけてあるのが印象的でした。想像つきづらいかもしれませんが、これがまたスープとマッチしていたのです。
Umb Rohtセロリのスープ

私が頼んだメインはポーク。昨日の晩から仕込んだというポーク。柔らかかったです。手前の白いのはそう、エノキ!メニューにも”Enoki mushroom"と表記されていました。味付けがあっさりしていて、かといって味がない訳でもなくおいしくいただきました。地元のレストランÄärelläを思わせるモダンキュイジーヌでした。
Umb Rohtポーク

家人が頼んだのはラム。これもおいしかったそうです。
Umb Rohtラム
私達が入った時はお客さんもまばらだったのですが、あっという間にほぼ満席に。平日にも関わらず人気のレストランでした。(ウェイトレスさんは休みなく動き回り、加えて一つずつ料理の説明をしてくれ、ちょっとお疲れ気味でお気の毒でした。)

中庭は少し肌寒かったのですが、せっかくだからと楽しんでいる人達。
Umb Roht中庭

続いてご紹介するのは国立博物館(2年前にできたモダンな建物)内のレストラン。どうです?この天井の高さ。雑誌にも紹介されていたのですが、ランチにしてはちょっと値が張ったのと、朝食はホテルで食べ過ぎだったので写真だけ。
国立博物館レストラン

こちらは国立博物館のカフェ。博物館は横に長くて片方の端にレストラン、もう片方の端にこのカフェがありました。
国立博物館カフェ1

ランチビュッフェ、7ユーロでお得だったのですが、他のところも見ようということでこちらも写真だけ。
国立博物館カフェ2

結局この後場所を移動して別のレストランに行ったのですが、何でしょうね、値段の割に味は悪くない、値段も安かったのですが、どうにも写真映えしない、場所も地下1階で薄暗くごくごく普通のランチだったので割愛します。

そのランチの反動でおしゃれなカフェに行くことに。甘めのケーキしかなかったから躊躇したのですが、やっぱりインテリアを侮ってはいけませんね。
Krempel中

洋梨ケーキは甘さ控えめでビンゴ。いいお天気だったので外でいただきました。これも夏だからできる特権(しみじみ)。
Krempelケーキ

夕食は去年も行ったローカル料理が食べられるPussirohukelderというレストラン。
Pussirohukelder

ロシア風餃子。大は24個(!)と聞き、小(12個入り、今数えたら13個ありますが…)をオーダー。一口で食べられるのですがそれでもなかなかのボリューム。
Pussirohukelder餃子

本当はチキンを頼む予定だったのですが品切れのため、伝統料理というマッシュポテトのポットパイを頼みました。
Pussirohukelderポットパイ
え~っと、あの悪くはない。しかも家人が頼んだビールよりも安かったのですが高カロリーですよね~。パンにジャガイモにベーコン完食は遠慮しました。

元火薬庫だったところでこれまた天井が高い。1階のスペースではピンポン玉を遠くから投げてプラスチックのカップに入れるゲームで盛り上がっていました。
Pussirohukelder中
そのせいか料理が出てくるのに結構待ちました。そういえば失敗したランチビュッフェのレストランに1組のフィンランド人がいたのですが、このレストランでも彼らに再会しました。きっとTripAdvisorで調べたに違いない。

ウェイトレスのお姉さんの後ろ姿、ではなく左肩にご注目。これ、グラスなんですよ。すごいテクニック。
Pussirohukelderグラス運び

最後はタリンーヘルシンキのフェリーの様子。フェリーをWebで予約するときにComfortルームにしました。そうするとこのような専用のスペースでゆっくりできる上に
フェリー Comfortルーム

こういったスナック+コーヒー、紅茶、ソフトドリンクが飲み放題なのです。
フェリー Comfortルームスナック

共有スペースはかなり混んでいるので(中国人観光客多し)ゆったりと船窓の眺めを楽しみながらの船旅もよいものです。
船窓から

旅行前まで地道に体重を絞っていたのにその努力は旅行中に水の泡に。それでもおいしいものは食べられるときに食べないと、ですよね。
ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

グラスを一度にたくさん運べる方も、そんなことをしたら惨事を引き起こしてしまう方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ
スポンサーサイト


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

フィンランド国外旅行 | 01:10:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad