FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
17位
アクセスランキングを見る>>

Kyrö Distillery Companyに行ってきました
Moi!

今週は本当に寒いです。お天気はいいのですが、気温が低いのと風が強いのでいっそう。先週までが夢のような夏日だっただけにそのギャップをひしひしと感じております。

さてずっと気になりながらも行ったことがなかったKyrö Distillery、土曜日にVaasaからの帰りに寄ってみました。Kyrö Distilleryというのはセイナヨキから車で30分ぐらいのIsokyröという小さな町?村?にあるライ麦ウィスキー等を作っている工場と併設のレストランに寄ってみました。

なんと日本語のページもあるので是非ご覧ください。2012年設立と歴史はまだ浅いのですが、非常に勢いを持った会社で、2015年にはなんとInternational Wine and Spirit Competitionでベストジンに選ばれたのを皮切りに毎年色々な賞を受賞しています。ヘルシンキ空港でも売られているので、もしかしたらロゴに見覚えがあるかもしれません。

ちょっと工事中のようですが、もともとここではチーズなど乳製品が作られていた工場だったのを5人の若者が見つけ、このビジネスを始めたそうです。
Kyrö Distillery 外1

この石造りが歴史の古さを感じさせます。
Kyrö Distillery外2

昔の工場の名前がそのまま残されていました。1908年創業の会社だったようです。
Kyrö Distillery 外3

外のクラシックな感じとは裏腹にレストランの中はモダンに改装されていました。
Kyrö Distillery レストラン1

ライトなどモダンなのですが、テーブルや椅子はちょっと素朴な感じ。
Kyrö Distillery レストラン2

ロゴにしろ、インテリアにしろ、ディスプレーにしろブランディングがしっかりしています。そしてシンプルなTシャツ、かっこいいです。またすごく印象的なのが、この辺りのお店はあまり国際的な観点が少ないところが多く、英語の表示が非常に少ない(ヘルシンキの一番大きなデパート、ストックマンでさえも!)のですが、ここではしっかりフィンランド語と英語の表記があったこと。これもブランド戦略の一つですかね。移民の私の目からするととても開かれている感じ。
Kyrö Distillery オリジナルグッズ

ポストカード、左のは気軽に友達に出すことはできませんが、フィンランド人のユーモアが伝わってきます。右にちょっと見えているのはライ麦入り(だったと思う)ハンドクリーム。
Kyrö Distillery ポストカード

銅製のオブジェも展示されていました。(あ、これはフィンランド語のみの表記ですが)
Kyrö Distillery 展示

これが創設者5人の写真。MikoとMiikaとMikkoって間違えそう。ちなみにどれも男性の名前です。
Kyrö Distillery 主要メンバー

レストランの隣の空間には樽が置かれていました。
Kyrö Distillery 樽1

一つを拡大するとこのようにタブレットが置かれていました。お店の情報が紹介されているのでしょうか、それともフィードバック目的のみのタブレット?
Kyrö Distillery 樽2

そういえば昔は自分の樽を買うことができて(マイボトルでなくマイ樽!)自分のウィスキーを醸成することができたそうです。
そして先日何かのニュースでムーミンの樽が準備されているというのを読んだのを思い出し、お店の人に聞いてみたら現在醸成中で2020年に完成とか。大人なムーミンのウィスキー、ちょっと気になりますね。

最初はちょっと立ち寄って外の写真だけ撮るつもりだったのですが、レストランが開いていて吸い寄せられるように入ってしまい、入ったからにはちょっと何かを飲む?みたいな話になり…。こちらは家人が頼んだジン。フィンランドらしくベリーが浮かべられています。
Kyrö Distillery ジン

この時点でアルコールがほとんど摂取できない私がその後運転手となることが決定いたしました。
最初は飲まなくてもいいかなと思っていたのですが、お店の人が勧めてくれたストロベリーをベースにしたノンアルコールのカクテル。爽やかでおいしかったです。しかもこれで3ユーロ(≒370円)。意外に安くてびっくり。
イチゴのカクテル

ここではライブ演奏も時々あるようで、実は密かな若者のおしゃれなスポットとして浸透しつつあるのかもしれません。
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

おしゃれスポットの情報に敏感な方も、どちらかというと疎いという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ

スポンサーサイト


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 04:15:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad