FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
26位
アクセスランキングを見る>>

ヴェネツィアビエンナーレ国際建築展 フィンランドのテーマは図書館
Moi!

今日も雲一つないよいお天気でした。ここのところずっと雨が降っていないのは私にとっては嬉しいことなのですが、空気が乾燥しているので森などの火事に注意が必要だとよびかけられています。気温は18度まで上がり、過ごしやすい1日でした。

さて5/26よりイタリアでヴェネツィアビエンナーレ国際建築展が11月25日まで開催されています。全体のテーマはフリースペース、そしてフィンランドのテーマは”図書館を体験する”。そう、図書館といえばセイナヨキには世界に誇るべきアールト図書館とアピラ図書館がございます。

こちらは冬の写真になりますが、アールト図書館、
アールト図書館と時計塔

そしてこちらがアピラ図書館。
アピラ図書館

この2つの図書館に加えてフィンランド各地にある合計15の図書館が紹介されているのだそうです。そのうちの一つが2018年12月にオープン予定のヘルシンキの中央図書館。これはかな~り気になりますね。
http://www.oodihelsinki.fi/en/

地元の新聞には私もお世話になっているVisit Seinäjokiのマーケティングマネージャー、Tuula Lahtiさんがユヴァスキュラやアールト財団の関係者などと共にオープニングパーティーに参加した記事が載っていました。パヴィリオン来館者に渡すバッグにはセイナヨキのアールトセンターのブローシャーも入っているとのこと。もしヴェネチアビエンナーレに出向く方がいらっしゃったらフィンランドのパヴィリオンにも是非お立ち寄りください。

フィンランドのパヴィリオンのテーマが図書館ということで昨日のCNNでもフィンランドの図書館が取りあげられていました。アピラ図書館の写真もありますのでよろしければこちらもどうぞ。
https://edition.cnn.com/style/article/finland-mind-building-libraries-venice-biennale/index.html

ちなみにフィンランドのパヴィリオンはアルヴァ・アールトによる設計です。1956年に作られたもので、当初は1回きりの使用予定だったのですが、文化遺産として大切に保管されているのだそうです。
Pavilion_of_Finland_8_Photo_by_Ugo_Carmeni.jpg
出典:http://www.finnisharchitecture.fi 写真:Ugo Carmeni

また後日詳しくご紹介する予定ですが、5/24にはVisit.alvaraalto.fiのサイトがオープンしました。

などなど、セイナヨキはまだまだ観光客には知られていませんが、少~しずつじわじわと知名度を上げるべく水面下で活動をしている、というご紹介でした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

ビエンナーレ好きの方も、トリエンナーレ好きの方も、そういう問題じゃなくてという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ

スポンサーサイト


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 01:11:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad