FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
120位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
26位
アクセスランキングを見る>>

リュブリャナからピランへの旅
Moi!

今日も昨日に引き続きいいお天気でした。気温は24度、テラスでは30度越え。予報ではフィンランドの中でセイナヨキの気温が一番高かったのですが、実際はどうだったのでしょうか。

さてスロヴェニアの旅行記の続きです。リュブリャナに2泊した後は海辺の街、ピランにバスで行き、1泊してきました。ピランはリュブリャナのバスセンターから約2時間半。本数があまりなかったので泊まることにした次第。ピランは韓国人の友達によると数年前にドラマのロケがここで行われたそうなのです。そのため中国人より韓国人の旅行客の方が多かったです。

ピランはさらに小さな街ですが、観光に力を入れているようで主な観光スポットへの表示が主要ヵ所に表示されていました。ここがメインの広場。平日ということもあり、人もまばら。
Piran広場

まず向かったのは街全体を見張らせるCity Wallに。迷路のような路地裏の道を通ってひたすら坂道を登っていきます。
Piran 路地1

アドリア海はこんなに水が透き通っていました。気温は日中28度で十分泳げる気温にも関わらず、ビーチらしきところがなかったのであまり泳いでいる人はいませんでしたが(ここがフィンランドなら間違いなく多くの人が泳いでいるに違いない…)
アドリア海1

ワンちゃんが気持ちよさそうに犬かきして泳いでました。
海水浴する犬

そしてたどりついたCity Wall。
CIty Wall1

入場料、2ユーロを払ってひたすら塔の上を上り詰めるとこのような美しい景色が目の前に広がりました。赤茶色の屋根を見ていると少しリスボンの街を思い出しました。写真は割愛しますが、塔の上ではアメリカ人のカップル、カナダ人のご婦人と写真の撮り合いをしました。
City Wall 2

City Wallはこのような塔が3つありました。足場は結構急なので高所恐怖症の私は降りる時が結構怖かったです。足の悪い人や高齢の方にはちょっと厳しそうなところですが、上った甲斐はありました。
City Wall 3

City Wallからの帰り、さりげない高台に寄ってみました。もうこれだけで絵になります。
高台

友達いわく、この辺りの家でドラマは撮影されたみたいだと。ふむふむ。
高台より

この住所の看板、かわいいですよね~♪見ているだけでハッピーになりました。
3

下に降りてからCity Wallを撮ってみました。拡大したのでそんなに高いところにあるようには見えませんが、結構高いところにあったのですよ。(足の疲労が物語る。)
City Wall 4

教会の時計塔。そういえばスロヴェニアでは15分おきに教会の鐘が鳴っていました。
Piran教会

こちらはホテルのレストラン。オーシャンビューでございます。
Piranホテルのレストラン

夕食を早めに済ませた後は夕陽を見ながら散歩。少し雲が多くていい写真は撮れませんでしたが、いいお茶のスポットは見つけました。
Piran夕暮れ

狭い通路が至る所にあってこれがまた絵になるのです。
Piran路地2

そしてこちらは朝の海。ホテル前のビーチでは何人かの人が既に泳いでいました。気持はわかる、とても。
アドリア海2

前日に日が暮れてからお茶した場所。かなり暑かったのですが、お茶しているカップルが1組。日焼けを怖がらない人達。そして私はこの旅行でまた一段と黒さを増してしまったのでした
海辺のカフェ

それにしても何もかも絵になりますね。
Piran灯台

よいお天気に恵まれてラッキーでした。この辺りはホテルやリゾートマンションらしきものがたくさん建っていました。
Piran海外線

リュブリャナ自体が大きな街ではないので、近くの街にこのように日帰りまたは1泊するのもお薦めです。
実は帰りのバスはドキドキでした。というのが行きのチケットはあらかじめ購入していたのですが、帰りのチケットは単独ではリュブリャナのバスセンターでは購入できず。ピランに着いたときに買おうとしたのですが、チケットを売っているところはなく、唯一ある自動販売機は特別なカードがないと買えない模様。バスの運転手さんに聞いたらバスの中で買ったらいいと。

そしてリュブリャナに戻る当日、私達のバスは10:36、そしてその前のバスは10:15でした。1日に数本しか出ていないのになぜか10時台に2本も。ピラン発のバスセンターには数台バスが待機しているのですが、リュブリャナ行きが全然こないし、時刻表もどこにもないし、バスの運転手さんに聞いたら”数分前に出てしまったよ。”とでも”それは10:15のバスでは?10:36のバスは来るのでしょうか?”と詰め寄ると”わからない、わからないよ。”と。まあね、他の路線の運転手さんに詰め寄っても仕方ないし。

もしかしてネットに載っている情報が間違いだったかとドキドキしながら待っていたらようやく10:35頃にそれらしきバスが。ええ、それがそのバスでした。そしてピランからの乗客は私達のみ。ピランに行くときは往復チケットを購入しておくことをお薦めします。

ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

リゾート好きの方も、史跡巡り好きの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ

スポンサーサイト


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国外旅行 | 04:53:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad