■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
84位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
19位
アクセスランキングを見る>>

幸福度ランキング1位の実感
Moi!

今日の最低気温は-4度だったのに明日は予想最高気温が-4度で予想最低気温が-13度になるとか。陽射しは春なのに雪景色はそのままキープされていて喜んでいいのやら哀しんでいいのやら。

先日国連の発表でフィンランドが幸福度世界1位になったというニュースが流れました。


周りの反応も含めて”え?1位ですか?”というあまり実感が伴わない感じ。

思うに”幸福度”という言葉がしっくりきていない気がします。幸せと思うかどうかは人によってかなり違うと思うし、いきなり”幸せですか?”と問われても(特に私はあまのじゃくなので)どう答えていいか答えに詰まる気がします。

私にとっては”安心感がある”という方がしっくりきます。
もし失業したら?
もし子どもができたら?
もし離婚したら?
もし自分が重い病気になったら?
もし家族を介護する必要が出たら?

いざとなったら移民であろうと社会から何かしらのサポートがあり、困り果てて何かを犠牲にしたり、路頭に迷うことはないだろうという安心感。それを幸せとよぶなら頷ける、それが私の率直な実感です。

調査の対象は所得、健康寿命、社会的支援、自由、信頼、寛容の6つの要素だったとのことで、自由、信頼、寛容の点も同意できます。よくも悪くも個人主義なので過干渉もない代わりに自発的な協力などはあまり期待できないし、そもそもそれを期待しているとそれがストレスになりますからね。私にとってはこの国の人との距離感がとても心地いいです。

さらにテロの危機に怯えることも基本的にないし、気分転換のために気軽に外出して自然の中で体を動かすこともできるのも魅力ですかね。(冬期除く)

”世界1位ってこんなもの?”と驚いたと同時に、自分の置かれている状況が幸せなのだと再認識したできごとでした。
”しあわせは いつもじぶんの こころがきめる”と相田みつをさんも言ってますしね。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

根っからの楽観主義という方も、どちらかというと悲観主義の方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ

スポンサーサイト


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 03:06:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad