fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
16位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
続く停電
Moi!

昨日は雪が降ったり、夕方になって雨に変わったりして道の雪が解けたり凍ったりでガタガタだったのですが、今朝は雪が新たに積もったので少し歩きやすくなりました。土曜日に最高気温は-2度だったのですが、日曜日は-5度になりそうです。

ところで家のエリアは問題ないのですが、ニュースでKainuu(=カイヌー)という東部の街で5日以上停電している地区があり、まだなお復旧の目途が立っていないとのこと。

原因は降り続く雪が電線の上に積もるため。雪はまだ降り続く見通しなので復旧の目途が立っていないそうです。
LKS 20171229 sähkökatko tykkylumi Hauho 42308309
出典: Yle.fi 写真: Heikki Saukkomaa

電線にこれだけ降り積もっているということは地面にも相当雪が積もっているようで、軍隊の助けを借りながら復旧作業に当たっているのだとか。普通の道は除雪されているから車も通れますが、それ以外の道は除雪されていないとかなり雪も積もっていると思われます。

数時間の停電でもかなり支障が出てくるであろうに5日間とは!
この極寒の地で暖房の心配をされる方がいるかもしれませんが、暖房は電気ではなくどの部屋にも置かれているパネルヒーターのようなものに温水が常時流れているので部屋は20度前後に保たれています。なので問題なし。

電灯の代わりはキャンドルを灯して対応。
冷凍庫にあるものはテラスなど外に置けば天然冷凍がキープ。
USBでチャージできる携帯やタブレットなどは車を持っている人は車で充電。

でも料理は?
電子レンジもオーブンもコンロも使えないとなると家で使えそうなのは夏の間使うBBQ?
洗濯機は?
やっぱり手洗い…になるでしょうね。
冷蔵庫は?
ここでもし起きたら、義両親の家の一角は天然冷蔵庫のスペースがあるのでいざという時はそこを使わせてもらうかも。”365日のシンプルライフ”では飲み物は窓際近くに置いて冷やしていたような。
PCは?
う~む、これが最大の疑問。オフィスなどはどうしているのでしょうね。

ニュースによるとご近所同士助け合い、またお年寄りは避難所に集まったりしているのだとか。
電化製品のおかげで生活がとても便利なのはありがたいですが、いざそれが使えなくなるとたちまち途方に暮れてしまいそうです。フィンランド人は夏の間水道のないサマーコテージに行って生活したりしているので少々の不便は大きなストレスなく過ごしているような気がしますが、それでも年始早々冬の5日以上続く停電は本当に大変だと思われます。一日も早い復旧を願うばかりです。
お気の毒と思うと同時に我が身に置き換えるといろいろ考えさせられるニュースでした。

========
1月7日補足

この記事を読んで”東フィンランドより”様から実際の状況を教えてくださいました。私の書いた記事に一部間違った記述もあり、また非常に簡潔でまとまったコメントをくださったのでここに掲載させていただきます。

暖房についてちょっと気になったので少しだけ。
パネルに温水が来るようなkaukolämpöのシステムは都市部だけなんです。停電が続く田舎のような場所は、そのようなシステムはほとんどないと思います。私の住む田舎では、今回の年末の停電は3日で済みました。ちなみに我が家の暖房は電気のパネルと床暖房とエアコン、それと薪で温める大きな暖炉です。leivinuuniというもので、そこでパンを焼いたり、シチューなども作ります。ちょっとした温めるものもここでやりました。
今回電気がなくて一番困ったのは大きな冷凍庫です。普段の冬なら零下20度くらいなので、中身は外へ放っておけば済むのですが、今年は暖かくて困りました。その分、冷蔵庫のものをベランダに出して冷蔵庫がわりに使っていました。
とまあ、フィンランドの田舎の停電で、生きるか死ぬかの危険のあるものは、やはり暖房なのですよね。私の村のお金持ちのお宅は地熱発電にしているのですが、電気がないとそのシステムが働かないそうで、意外な落とし穴があると嘆いていました。でもまあこの辺はどのお宅でも薪で温める暖炉があるので、書かれているように、mökki生活をしているとでも思って大抵の人は乗り越えられると思います。
でも一人暮らしのご老人や介助を必要とする方には難しいので、一時的に収容施設に避難させるとラジオで聞きました。今回被害に遭われているカイヌー地方の国境線に近い地域の方々が、一刻も早く、電気のある生活に戻られることを願ってやみません。

このコメントに記載されているようにうちはkaukolämpöという地域熱供給システムなので停電でも影響がなく、私は今までフィンランド全体にこのシステムが取り入れられていると勘違いしていました。失礼しました。

薪で温める大きなleivinuuniという暖炉もあるのですね。火加減の調整が難しそうですがおいしそうなパンが焼けそうです。また何よりも停電したときに大きな力を発揮してくれるのですね。

また冷蔵庫より冷凍庫にあるものの方が保存に苦労したというのは体験された方ならではのコメントです。確かに今年の冬は例年より暖かいですもんね。そしてたぶん1年分のベリー類なんかも冷凍庫に入っているので日本のよりはかなり量が多いはず。大きな被害がなければよいのですが。

また昨日の新しいニュースでこの地域の人達は停電に備えてディーゼルオイルを電気に変える副発電機を持っている人も多いと紹介されていました。来週の頭には停電も終わるのではないかとも。改めて停電している地域の方々が一刻も早く正常な生活に戻れますよう祈るばかりです。
=========

ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

不測の事態にも冷静に対処できる方も、不測の事態が起きたら逃げることを真っ先に考える方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ
スポンサーサイト





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:39:50 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
暖房システム
暖房についてちょっと気になったので少しだけ。

パネルに温水が来るようなkaukolämpöのシステムは都市部だけなんです。停電が続く田舎のような場所は、そのようなシステムはほとんどないと思います。私の住む田舎では、今回の年末の停電は3日で済みました。ちなみに我が家の暖房は電気のパネルと床暖房とエアコン、それと薪で温める大きな暖炉です。leivinuuniというもので、そこでパンを焼いたり、シチューなども作ります。ちょっとした温めるものもここでやりました。

今回電気がなくて一番困ったのは大きな冷凍庫です。普段の冬なら零下20度くらいなので、中身は外へ放っておけば済むのですが、今年は暖かくて困りました。その分、冷蔵庫のものをベランダに出して冷蔵庫がわりに使っていました。

とまあ、フィンランドの田舎の停電で、生きるか死ぬかの危険のあるものは、やはり暖房なのですよね。私の村のお金持ちのお宅は地熱発電にしているのですが、電気がないとそのシステムが働かないそうで、意外な落とし穴があると嘆いていました。でもまあこの辺はどのお宅でも薪で温める暖炉があるので、書かれているように、mökki生活をしているとでも思って大抵の人は乗り越えられると思います。

でも一人暮らしのご老人や介助を必要とする方には難しいので、一時的に収容施設に避難させるとラジオで聞きました。今回被害に遭われているカイヌー地方の国境線に近い地域の方々が、一刻も早く、電気のある生活に戻られることを願ってやみません。

それでは、長々と駄文失礼しました。今年もブログ楽しみにしております😊
2018-01-07 日 07:35:03 | URL | 東フィンランドより [編集]
Re: 暖房システム
東フィンランドより さま

貴重な現地ならではのコメントをありがとうございました!
ニュースを読みながら違和感を感じていたところの謎が解けました。

事実と一部異なることを書いていることが判明ので補足としてブログにもコメント掲載させていただきますね。

相変わらずのマイペースなブログですが気が向いたときに読んでいただければ嬉しいです。
2018-01-07 日 19:28:04 | URL | Visit Lakeus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter