fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
16位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
電車の運行情報と驚きの遅延率
Moi!

今日も一日割といいお天気でしたが最高気温が0度だったので朝下りた霜はほぼ一日中そのまま。雪は積もっていませんがうっすらと白い風景が広がっていました。

さて今日は電車についてです。フィンランドには国鉄のVRがヘルシンキを中心に南北東西に走っています。数年前まではほぼ独占だったので随分価格が高かったのですが、オンニバスという価格が圧倒的に安いバスが登場してくれたおかげでVRも大幅値下げ、また運行時間が短縮されたりしてだいぶん便利になってきました。

Webサイトも英語バージョンもあり、会員登録などをしなくても割と簡単に予約することができます。興味のある方はこちらのページで詳しく予約の仕方をご案内しているのでよろしければご覧ください。
https://visitseinajoki.fi/ja/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%A8%E3%82%AD%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9/

ちなみに実際のVRのページはこちらです。(英語)
https://www.vr.fi/cs/vr/en/frontpage

このVRのサイト、なかなか便利でして、現在の電車の大まかな運行状況がわかるのです。
この右の”Live Train updates”をクリックして
VR最初の画面

自分の知りたい駅を入力するとこのように情報が出てきます。(さり気なくキャンセルとか出てますけど。)
VR検索結果

なので私も駅に迎えに行く時や自分が乗るときは時々これでチェックして運行状況を確認しています。

たまたまこのページを見ていてびっくりしたのがこれ。フィンランド語の情報しかないのですが、この56%って何の数字か想像できます?
VR 遅延率
なんとこれ、定刻通りに運行されているパーセンテージなのです。ちなみに上の56%は長距離列車、下の97%はヘルシンキ近郊列車です。

え?
時刻通りに運行している電車は6割以下ってよく意味がわからないんですけど?

もちろんこの数値は随時変化していて、ちょっと数値が悪い時のものなのですが。最初に見た時は60%でそれでもびっくりでした。
先日フィンランド人の友達とランチをしている時にこのことを思い出し、大体どれぐらいの数値か推測してもらいました。
彼女は仕事によく電車を使うようで”60%”というドンピシャの回答だったのです。だからまんざら大げさな数値でもないこと、おわかりいただけたでしょうか。

まあ日本の列車の時刻の正確性には定評があるからそれを基準にはできないのでしょうが、他の国はどうなんでしょう?
これだけ堂々と数値を発表しているということは別に恥じてない、想定内の数値なのでしょうか?
改善しようとか遅延の理由の分析とかしてないのでしょうか?それともしょうがないと匙を投げているってことでしょうか?
まだそんなに雪も凍結もしていないのにこの数値だと、本格的な冬になるともっと数値が悪くなりそうです。

VRの職員にとっては”不可抗力で遅れたんだから仕方ない”で済むのかもしれませんが、利用者にとってはたまったものではありません。ミーティングに遅れたり、予定が狂ったり、飛行機に乗り遅れたり、コンサートに間に合わなかったり。一度はレストランの予約している時間に大幅に遅れそうになって焦って連絡したら予約が通っていなかったという笑い話もありますが。
だから私も飛行機に乗るときは必ず1本前の電車にして例えその電車がキャンセルになっても代替え案で対応できるようにしています。

まあ5分、10分の遅れはまだいいのですが、大抵はそれ以上というのが現状。結局ここからヘルシンキに行くには電車が一番早いから利用する率も増える訳なのですが、この遅延率はいつの日か改めてほしいと願うばかりなのです。

ということで皆さま、よい一日をお過ごし/お迎えください。

約束の時間には早めに到着の方も、時間ぴったりに行く方も、なぜか若干遅刻気味の方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


スポンサーサイト





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 02:00:40 | トラックバック(0) | コメント(4)
コメント
イギリスの場合
「他の国はどうなんでしょう」なんておっしゃるから、検索しちゃったじゃないですか(笑)。イギリスでも「定刻通り」は60%ぐらいのようですよ。

https://www.networkrail.co.uk/who-we-are/how-we-work/performance/public-performance-measure/punctuality-national-rail-network/
2017-11-16 木 18:15:56 | URL | Sparky [編集]
Re: イギリスの場合
Sparky さま

イギリスの状況がわかってスッキリしました。ありがとうございます!
長距離と短距離に分けて数値を出す指標があるようですね。

イギリスも定刻通りは60%とのことでしたが、私ももう少し調べて見ると定刻の5分以内に到着した率はイギリスでは91.2%、フィンランドでは(意外にも)82.1%でした。ただフィンランドの数値は今年7月のものなので最近はもう少し下がっていると思われます。列車の数は圧倒的に少ないはずなのでよけい努力してほしいと恨み節で願っているのでした。
2017-11-17 金 02:48:25 | URL | Visit Lakeus [編集]
日本の場合
タイムリーなことに、昨日イギリスではこれがニュースになっていました(笑)。

「日本の鉄道会社、定刻より20秒早く出発し謝罪」
http://www.bbc.com/japanese/42023075
2017-11-17 金 19:58:06 | URL | Sparky [編集]
Re: 日本の場合
Sparky さま

すごいタイミングでびっくりしました。
フィンランドでもBBCの記事がフィンランド語に訳されて配信されていたし、アメリカ人の友達もFacebookで記事を共有していました。鉄道会社にはここまでの異常さを見習ってほしくはないですが、もうちょっと考え直してもらいたいものです。
2017-11-19 日 20:34:13 | URL | Visit Lakeus [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter