fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
16位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
教区センター
Moi!

今日は午前中はよいお天気だったのにお昼からずっと曇りになりました。相変わらず最高気温が0度と寒い日が続いております。そんな氷点下のおかげで昨日降った雪もしっかりそのまま残っています。ちなみに家の前にある白樺は突然の雪に戸惑ったかのようにまだ葉っぱをつけたまま。いつか雪の上に散っていくのでしょうかね。雪かきと落ち葉かきが同時にできそうです。

さて今までセイナヨキにあるアールトセンターでラケウデンリスティ教会などは頻繁にご紹介してきましたが、隣接している教区センターは用事がないとなかなか入れないのでご紹介するチャンスがなかった気がします。今日は教区センターでワークショップがあったのでついでに写真を撮ってきました。

ちょっとわかりづらいですがこれはメインのドアを開けて入ったところ。こちらは室内の暖かさを保つために玄関も二重になっているところが多く、ここもその一つでちょっとしたスペースになっています。アールトらしいセラミックのタイルと縦格子。細部に渡ってこだわりが見られます。
教区センター入口

2階からエントランスホールのランプを写してみました。大きなランプ1つでなく複数のランプで照らしていること、気づきませんでした。そして上の部分に窓が設けられているので明るいです。
教区センター玄関のランプ

こちらは大きなホールになっていて、こちらが右半分。左半分の真ん中には大きな台があってそこにビュッフェ形式の料理や今回はお茶とケーキ、そしてカリヤランピーラッカというお米のパイも(!)準備されていました。
教区センターホール

これも同じホール。窓越しの青空を撮ろうとしたら室内が暗くなってしまいましたが、天井も壁もランプも白で統一されています。
教区センターホールのランプ

一部雪が載っているナナカマド、そしてその向こうに少しラケウデンリスティ教会の時計塔がのぞいている、という構図で撮ってみました。
ナナカマドと時計塔

ふと思えばアルヴァ・アールト設計の建物を気軽にミーティングやワークショップに使うことができるとはありがたいことですよね。そして2時間以上の集まりでは大抵お茶+多くの場合スイーツが振る舞われます。これもお茶の文化が根付いているからこそですね。

ということで皆さま、よい一日をお過ごし/お迎えください。

白いランプがお好きな方も、真鍮製のシックなランプがお好きな方も、ランプにこだわりはないという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ
スポンサーサイト





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 04:59:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter