■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
83位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
23位
アクセスランキングを見る>>

冬でも赤ちゃんを外で寝かせる常識
Moi!

最近どんどん春らしくなっている気がします。特にお天気がいいとポカポカして気持がいいです。道路も大分乾いてきているのにもちょっとびっくりしました。冬は太陽の力が弱くてなかなか乾かないですからね。

さて先週1歳になる女の子のいる友達の家に遊びに行ってきました。目的は外で寝ている娘さんの写真を撮らせてもらうこと。
そう、こちらでも以前ご紹介したのですが、フィンランドでは氷点下の気温でも赤ちゃんを外で寝かせることが推奨されているらしいのです。

友達はエストニア人なのでもしかしたらそういう習慣がないかな?と思ったのは取り越し苦労でした。
聞くところによると-15度ぐらいまでは毎日外で寝かせているとのこと。
外で寝る赤ちゃん
寝るときはいつもこの万歳の恰好で寝るのだそうです。かわいい

写真の通り顔以外はしっかり暖かい服や手袋などで覆われているし、寝るときもブランケットで覆うので風も当たりません。寒くて眠れないのではと心配してしまいますが、それどころか家の中で寝かせようとすると1~2時間しかお昼寝をしないのに外で寝かせると3~4時間寝てくれるのでなるべく外で寝かせるのだそうです。

そして赤ちゃんを外で寝かせるときに便利なのがベイビーモニター。赤ちゃんのそばにモニターを置いておけば起きて泣き出したときにその音が家の中でちゃんと聞こえるのです。友達いわく最近は暖かくなってきたので赤ちゃんだけでなく庭を訪れた鳥の鳴き声などの音も拾うのだそうです。友達の家のモニターは音のみでしたがカメラ付きのも売られているとか。

日本でやろうとすると却って赤ちゃん用の分厚い冬用の服が入手しづらいので難しいかもしれませんね。というより赤ちゃんを外で寝かせるという発想自体日本ではなかなかないですよね…以前友達がまだ子どもが小さいから外に連れていけなくてと言っていた記憶があります。←これは日本での話。一方こちらで料理教室に生後3週間の赤ちゃんを連れてきているご夫婦に会ったことがあります。そういえば大きなヘッドフォンをした小さな赤ちゃんがフロアボールの試合を見に来ているのも見かけました。こちらの赤ちゃんは小さい頃から外出に慣れ親しんでいるようです。

ということで皆さま、よい一日をお過ごしください。

-15度の気温で一度外で寝てみたいという冒険心をお持ちの方も、コタツの中でついつい昼寝をして灼熱地獄の夢を見たことがある方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ

スポンサーサイト


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 04:36:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Flag Counter

FC2Ad