fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
17位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
懐中電灯なしに
Moi!

なかなか厳しい季節がやってきました。というのも最高気温が3度になり、今まで降り積もった雪が半分溶けてシャーベット状になったり、凍ったり、溶けた水が行き場を失い大きな水たまりになったり。いずれ雪は溶けてもらわないと困るので避けられないプロセスなのですが、それにしてもなのです。

さて、表題は大学の時に学長が私達卒業生に向けて送ってくれた言葉です。
かいつまんで書くと、
ある人が山奥に住んでいる友達を訪ねた。
話が盛り上がってすっかり話し込んでしまい、気づいたら外は真っ暗になっていた。
外は街灯もないし、せっかく遠くから訪ねて来たのだから友達は当然駅まで送ってくれるか、せめて懐中電灯でも貸してくれるだろうと思ったのに、玄関であっさり別れ、お見送りもなしだった。
というエピソード。
あなたがたはその友達に対して、気が利かないとか冷たいとか恨み節になるかもしれないが、懐中電灯なしでも強く生きていける人になってほしいと。

それまで親の庇護を受け、世間の荒波にももまれていないひよっこの私には目から鱗だったし、卒業に際して送るエピソードにぴったりだったと思います。

ただそれなりに世間の荒波にもまれ、フィンランドの驚くような対応なんかも経験した今、懐中電灯なしで歩いて帰るべきかは状況によって異なる判断をしなければならないと感じます。
まず街灯のない夜道を歩いていて危険はないか?
電車の時間に間に合うか?
場合によっては友達に事情を話して協力してもらった方がいいかもしれないし、もしくは家族に迎えに来てもらえる可能性も探る必要があるかも、もしくはタクシーをよぶか。

今週似たような事が私の身にも起きました。まあそんな大したことじゃないんですけどね。
車検に出した車がまさかの不合格で修理?修理のための検査?が必要になったのです。本当は先週、1時間半ぐらいで終わる予定だったのですが、当日担当者が体調不良で3月の初旬に延期されたのです。あの…車検に行ったのは1月中旬だったんですけどね。でもって修理は3月中旬までに終わらせなければならないのです。それでは間に合わないかもしれないと今週無理やりねじ込んでもらって、木曜か金曜の間に点検してもらうことになったのです。

フィンランドの修理工場では基本代車はありません。つまり修理工場まで車を持って行って、帰りをどうするか?
修理工場はちょっと街のはずれにあり、バス停は少し離れたところにあるかもしれませんが1時間に1本。しかも家に帰るには乗継は必須。これも1時間に1本。タクシーだと5000円ぐらいかかるかも?(フィンランドのタクシーは高いのです。)
家人は義父に頼もうかと言ってくれたのですが結局歩くことにしました。
歩いて1時間強。秋の間はウォーキングをしていたので1時間なら問題なさそう。
急ぎのミーティング等もない。
お天気は前日雪が降る予報だったけどその時は降らなさそうだったし、気温も0度でそんなに寒くない。
体調よし。
もし上の条件が揃わなかったら義父に頼んでいたと思うし、義両親は嫌な顔1つせず送ってくれるとは思ったのですが。

幹線道路の脇には8時前だったにも関わらず歩道の雪もきれいに除雪されていました。
歩道1

森の小径もあり、犬の散歩をしている人にも出会いました。
歩道2

今から思えば今日みたいにちょっと気温が上がって雪が溶けかけていたら滑りやすいので歩くのにとても時間がかかったと思われるのでラッキーでした。実際夕方自転車で出かけたら雪が緩んでいて滑りそうで怖かったです。

さらに恐怖なのが私の車。修理?点検は2日経っても終わらず来週に持ち越し。どれぐらいの修理代がかかるのかも不明。
大体いつ頃終わるかわかりますか?と聞いたら”わわかりません。私は来週休暇(セイナヨキは来週スキー休暇で1週間学校が休みなのでそれに合わせて休む親も多いのです)でいません。”というちょっと癇に障る返信。さて、来週車を取りに行くときはもし道の状態が悪いようなら義父に都合を聞いてみようかと思っています。

ということで皆様、よい週末をお迎えください。

お願い上手な方も、甘え下手な方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ





スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 04:25:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
Flag Counter