fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
16位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
久々のアールトセンター
Moi!

平常運転に戻り、最高気温は-3度で終日曇りのお天気でした。早いもので11月も後1日を残すところ。そういえばここ数年はクリスマス時期に雪が降っては溶けを繰り返し、雪のないブラッククリスマスを迎えることも多かった気がしますが、今年は雪がしっかり積もっていて、現時点で気温を見る限り溶けそうにありません。

さて少し前になりますがアールトセンター等の写真を少し撮りました。この時期ならではの光の具合やクリスマスデコレーション(というほど豪華ではありませんが)をお楽しみください。

まずはアールト図書館。その横にある木をデコレーションするのはここ数年のお決まりになっています。この空が11月~12月のデフォルトなのですよ。ちょっと青みがかってきれいなのですが、一日中、そして来る日も来る日もこれだとちょっとね…。
アールト図書館

2012年に完成したアピラ図書館です。この図書館は冬が一番きれいに見える気がします。
アピラ図書館

柔らかい光に照らし出されたうねるような天井。いつもこの空間に足を踏み入れると歓迎されているようなホッとした気持になります。
アピラ図書館拡大

市庁舎前の木だけはいち早くピンク色の電飾が施されていました。アールトデザインの街灯とほぼ重なって見えるのはラケウデンリスティの時計塔。
市庁舎前イルミネーション

市庁舎の窓辺にこちらも恒例の電飾トナカイがお目見え。ツリーもありますよ。去年は電力不足で節約していたから2年ぶりかもしれません。
市庁舎トナカイ

市庁舎の横から撮ったもの。セラミックの壁は置き方を変えることで単調さをなくしています。こういう細部のこだわりがアルヴァ・アールトらしいところだなと思うのです。
市庁舎横から

おまけの写真。中央広場は華々しくクリスマスらしい飾りが施されていますが、この公園もひっそりといつものシンプルな電飾(好きです)。
中央公園ツリー

さらにおまけの写真。冬になると殆どの鳥が南下しますが、まだ集団が残っていました。作戦会議でもしているのでしょうか。
鳥の集団

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

きらびやかなイルミネーションがお好みの方も、シンプル北欧風イルミネーションがお好みの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 01:45:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
編み物作家Molla MillsさんTaito Finlandia賞受賞
Moi!

今朝起きたら雪で煙るようなお天気でした。ボタ雪というよりも細かいサラサラの雪が射すように降っていました。最高気温は-2度だったので昨日に比べると随分”暖かく”なりました。

さて先日地元の新聞を読んでいたら、エテラポフヤンマーにあるクリッカ出身のMolla Mills(本名Mari Leppäläさん)という世界的に有名な編み物作家の方がこの度今年のTaito Finlandia賞を受賞したとのことです。Taitoというのはフィンランド国内にある手芸品や雑貨を売っているチェーン店です。日本のタイトーとは関係はなし。

受賞理由は新しい編み図を生み出し、世界にフィンランドのハンドクラフトを知らしめた功績をたたえてとのことでした。実際のところMollaさんはそれまでの編み物=おばあさんの趣味という概念を覆し、モダンなデザインや幾何学模様の編み図を開発し、またこの写真のようなカーペットの他にバッグ、インテリアグッズ、アクセサリーの編み図も創り出してきました。
ハンドクラフト展Lankava Molla Mills
これは去年のハンドクラフト展で展示されていたもの。部屋をぱっと明るくするデザインが特徴です。

Mollaさんは手芸をする家の出身で、お母さんから編み物の楽しさを学んだそうです。美術系の大学で勉強している時に編み物を仕事にしようと心に決めたと。それから編み物が趣味から仕事に変わったとのことです。

編み物をして飽きないか?という質問をよく受けるそうですが、答えは一度も。編むのも楽しいし、次々にアイディアが湧き出てくるのだそうです。そして現在は6冊の編み物本を出していて、フィンランド国内ばかりではなく海外でも人気。特に彼女のファンが多いのは意外にもブラジルとのこと。フィンランドよりも編み物人口が多いのだとか。そして現在7冊目の本の出版準備中で、テーマはリサイクル。古いセーターをほどいて利用した作品が掲載されているそうです。

フィンランドでは編み物をする人がたくさんいて、Taitoショップのような専門店もありますが、スーパーに普通に毛糸が売られています。冬の夜長、そしてきっと季節症鬱防止にもなるのでしょうね。私はとにかく手先が不器用なのでそっと遠巻きに見ていますが、自分で色々作れたら素敵だろうなと思っています。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

手作りで何でも割と作ってしまう人も、それなら既製品を買いますという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 01:34:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
キュートなムーミングッズ
Moi!

今日も有難いことによいお天気に恵まれました。朝は-21度だったりしましたが、最高気温は-11度。さっきコートなしでゴミ捨てに行ったら結構寒く、今気温を見たら-17度でした。道理でドアノブに手がひっつく訳ですね。幸い明日は最高気温が-3度になるようなので一時的な寒さのようでした。

さて先週はBlack Fridayでお店は盛り上がっていました。結局大きなものは買わなかったし(売切れだったし)、買ったものが割引になっていなかったりしましたが、必要なものだったのでよいとしています。

そしてせっかくだからと大型スーパーであまり通らないインテリアコーナーに行ってみたら、こんなかわいいものを見つけてしまいましためちゃくちゃかわいくないですか?ムーミンの後ろ姿、かわい過ぎる~。
ムーミン後ろ姿カーペット
カーペット全品25%オフだったので本気で使えるところがないか考えました。でもどこも思い浮かばなかったので諦めました

この表情も最高。でもこんなかわいい顔を気軽に踏みつけることはできないし、汚したくないのでこちらも諦めました。
ムーミン不機嫌カーペット

まあ後は普通のですね。
ムーミンカーペット

こんなのもありました。(テンションどんどん下がり気味)。
ムーミン大型カーペット

これはArabiaの新しいムーミンマグですかね。スケート練習中のマグ。ピンクのマグはあまり興味をそそられないので平常心を保つことができます。これも割引になっていた気がします。
ムーミンマグ

Black FridayとCyber Monday旋風が吹き荒れ、あちこちでクリスマスマーケットが始まり、一歩ずつクリスマスに近づいていますね。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

Black Friday、Cyber Mondayの恩恵をしっかり受けた方も、Green Fridayを心がけて心穏やかに過ごしましたという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 01:16:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
久々の晴れ
Moi!

今日は久々の貴重な晴れでした。最高気温は…-11度でした。今年の最低気温かもしれません。

せっかくのお天気、しかも週末なのでウォーキングに出かければよかったのですが、若干スケジュールがタイトだったので買い物帰りに少し湖に寄ってみました。

14時頃に撮ったものですが夕焼けモードですね。本日の日没は15:14につき。
たなびく水蒸気

湖は当然のことながらすっかり氷に覆われ、その上に雪が積もっていました。
夕陽

湖の近くにぽつんと生えている木から水蒸気がたなびいているように見える図。
湖上の木

カヌー小屋もその近くの桟橋も冬の間は閑散としています。
カヌー小屋

果敢にも湖の上を進んだものの、引き返した図?個人的にはこんなリスクは絶対に冒したくないです。
雪跡

たなびく水蒸気の後ろからも光を放つ太陽。こんなに輝いているのにここのところずっと厚い雲の後ろに隠されていたということですよね。
太陽

湖の近くの遊具もすっかり雪に覆われ、この寒さで遊ぶ子もおらず。
遊具

湖畔の手前の建物では日曜日でもちょっとした飲み物を頼むことができます。青空が気持よかったのです。
湖畔の施設

こちらはM taloという病院の建物。夏の間は白樺の葉っぱに覆われてこの角度からはあまり見えないのですが、葉っぱが落ちた今の時期はよく見えます。
M talo

枯葉が落ち切っていないためにその上に雪が積もり、もこもこしてかわいいのです。
木に積もった雪

ここのところ今一つ運気が停滞気味でしたが(自分自身に起因している気もします)、このお天気でどうにか回復したいところです。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

最近幸運に恵まれているという方も、どちらかというと不運に見舞われているという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 01:35:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
IdeaparkのKäärijäの無料コンサート
Moi!

今日も安定の曇り空。外は細かい雪が降っていて地道に積もっていました。最高気温は-1度でしたが、昨日若干気温が上がり、今日再び下がったので路面が凍結していました💦なので滑らないように気をつけて歩きました。

さて、昨日地元の新聞広告を見ていたら19時から大型ショッピングモール、IdeaparkでKäärijäの無料コンサートがあると告知がありました。Käärijäはこちらでもご紹介しましたが、今年のユーロビジョンソングコンテストで惜しくも2位でしたが、大衆の圧倒的な支持を受けたラップシンガー。ユーロビジョンで歌ったCha Cha Chaは老若男女の壁を越えて大ヒット。フィンランドではいまだにその人気は衰えません。一方で優勝したスウェーデンの優勝曲はもううろ覚え。そういう意味では真の優勝はKäärijäといってもいいのでは?と個人的に思っています。

彼の人気がどれぐらいかわからなかったので、とりあえず買いたいものもあったので1時間前に到着。駐車場は遠いところならまだ余裕がありましたが、Black Fridayの週ということもあり、いや何よりもKäärijä目当ての人がたくさん来ていました。
Ideapark

1時間前にもかかわらず、観客は子どもからお年寄りまで中央広場にわんさか集まっていました。私の隣はベビーカーで来ていた4人家族。立ちっぱなしで、しかも室内なのでジャケットを着ているとじわじわ汗が出てきます。私はその上にマスクをしていたのでさらに暑かったのでジャケットは途中で脱ぎました。
Käärijä 開演前

Käärijä登場!背の低い子どもの後ろだから余裕、と思いきや直前で割り込んできた大きな青年とか、スマホを上に掲げて動画を撮る人に遮られて視界に入ってくるのはこちら。それにしても久々に聞きました。”ぎゃ~”という歓声。
誰ですか?フィンランド人は叫んだりしません。もし叫んでいる人がいたらそれは外国人です、と言った人は?
Käärijä 盛り上がり

人の頭の間に間に見えるKäärijä。最初はね、革ジャンをお召しになっていたのですよ。
Käärijä革ジャンあり

が、そのうちに暑くてお脱ぎになりました。蛍光グリーンがKäärijäカラーです。
Käärijä革ジャンなし

バックの人は頭から白いタオルを被り、Käärijäが被られている冠は紙製。よーく見るとバーガーキング、そして手書きでCha Cha Chaと書いてあります。もうね、この雑さというか緩さが魅力なのですよ。
Käärijä バーガーキングの冠1

熱唱です。
Käärijä バーガーキングの冠2

トークも絶妙でおもしろいし、奢ったところがみじんもない、ファンサービス精神にあふれたよい人なのですよ、Käärijäって人は。

最後はCha Cha Chaで締めくくり。Käärijäの奥で黄色いジャケットを着て同じ髪型で踊っているのがHäärijä。フィンランド語の邪魔するをもじった名前です。
Käärijä Cha Cha Cha

動画も撮ったのでよろしければご覧ください。観客もノリノリ。すごいなと思ったのがお母さんが娘さんをずっと肩車して見ていたのです。しかも娘さんはお母さんの方の上でノリノリで跳ねていて、鍛えている!と感心したのでした。

ポジティブなエネルギーをたくさんもらったのでした。

グッズ販売も好調でまったく近寄れませんでした。
Käärijäグッズ販売

おお、HäärijäのTシャツもあり、ちょっと心惹かれたのでした。
Häärijä

タイミングを少しずらしてゆっくりめに駐車場に行ったのですが、それでもなお大渋滞。無理やり横入りさせてもらってどうにか家に帰れたのでした。Käärijäブームはまだ当分続きそうです。

ということで皆様、よい週末をお迎えください。

背が高いのでコンサートなどで得をするという方も、いつも背の高い人に視界を遮られてよく見えないという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 01:17:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
図書館でのイベント
Moi!

今朝起きたら新雪が積もっていました。日中は晴れ間も見えていたので自転車で出かけたら雪が降ってきました。でも帰りにはまた晴れ間が見え、お天気の移り変わりの激しい日でした。最高気温は0度。引き続き雪が溶けそうにない気温が続きそうです。

さて数ヵ月前に図書館の人からメールがきました。
内容は11月に日本をテーマにした”日本の夕べ”のイベントを開催しようと思っている。イベントでちょっとした日本のお菓子と抹茶をふるまう予定だが、簡単に作れる日本の甘いお菓子はないか、ということと、例えば茶道をテーマにした話を30分ほどしてもらえないか、というもの。

お菓子に関しては、あんこ作りはハードルが高そうなので(そもそも私が作ったことがないですし)、抹茶を使ったお菓子を提案してみました。結局それもリスクが高そうだということで、アジアンショップで売られている”Mochi”と書かれている抹茶あん入のお餅を出すことにしたそうです。

ということでイベントに行ってきました。
これが抹茶あん入のお餅と緑色の飲み物は洋ナシ味のジュースだそうです。(なかなかの着色料ですね)そして希望者にはお抹茶がふるまわれました。
日本の夕べ 餅菓子と洋ナシジュース
お抹茶はですね、図書館には日本に留学経験があり、日本語がペラペラの職員さんがいて、その人がアジアンショップで買ってきたお抹茶を(お茶筅はないので)泡だて器で点てたのだそうです。それをポットに入れて希望者にふるまっていました。私もいただきましたが、心が落ち着く美味しさでした。参加者の方もおかわりする人も何人かいて人気だったのでした。

別室では彼女が撮った日本の写真、浴衣、そして図書館にあるマンガやDVD、日本に関する本が展示されていました。(図書館にマネキンボディーがあるのもすごい。)
日本の夕べ 展示

プレゼンは茶道だけで30分語っても一般受けしなさそうだったので、漢字の部首についても話すことにしたのですが、果たしてそんな話題に興味を持ってくれる人がいるのか?
と思いきや40人ぐらいの人が参加してくれたのです。半分ぐらいがご勇退した方々、3割強が働いている世代の人、残りがティーンエイジャーだったり小さな子どもだったり。話しかけてくださった老夫婦は5年前に1週間京都に行ってとてもよかったのでまた行きたいとおっしゃっていました。またお餅について興味を持たれている方、お抹茶の説明を読んでいる方など。

私は人前で話すのがとても苦手で(一度小学生の時に大失敗をしてトラウマを引きずっているのです)成功した試しがありませんでした。でもフィンランドに来て気づいたのはこちらの人のプレゼンを見ていると概ねの人がとても落ち着いて話しているのです。それよりも何よりも聞き手の方の温かさ。私の拙いフィンランド語もとても好意的な態度で聞いてくださるのです。それはまるで学芸会で必死に演じている我が子を見守る親御さんのような温かさで。もちろん日常生活ではすべての人が好意的な態度を取ってくれるとは限りません。が、このイベントにはわざわざ足を運んでくださった日本に興味のある方ばかりでしたからね。それを差し引いてもアンチ移民の声も小さいこの地方都市の人達の温かさを改めて味わったのでした。

ちなみにプレゼンは柄にもなく凝ったものを作ったのが裏目に出て、仕込んだ動画が動かないというアクシデントはありましたが、そしてたくさん言い間違いがありましたが(たぶん)、聞き手の方々の温かい見守りのおかげでそんなに緊張することなく役目を果たすことができました。

そうそう、図書館の方はなぜ私を知ったかというと、ガイドをするときに図書館のカウンターで鍵を借りるのです。その時に認識していたそうです。ガイドをするときは図書館の別の担当の方にあらかじめ何人ぐらいのお客さんが来るかメールで連絡しているのでその人から教えてもらったのでしょう。

図書館ではこのように利用者の興味を喚起すようなイベントが企画されているようなので、私ももっと積極的に参加しようと思ったのでした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

人前で話すのが平気な方も、できれば避けたいですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:00:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
Marimekko x City Marketコラボ製品2023クリスマスバージョン
Moi!

朝はいいお天気だったのですが、あっという間に曇りになってしまいました。最高気温は0度で昨日より少し暖かくなりました。インフルエンザやコロナが流行するこの季節、出張先の家人によると同じ会議室にいた人の一人が夕方陽性反応が出たとか、身内にコロナになった人もいたそうです。私自身もコンサートやイベント等大勢の人が集まるところで特に高齢の方を中心にマスクをしている人をちらほら見かけるようになりました。私も一応自己防衛を心がけています。

さて、先日City Marketという大手スーパーに行ったら新しいMarimekkoとのコラボ製品が売られていました。このコラボ製品の魅力は、(私の知る範囲では)City Marketでしか売られていないものが多い、品質はMarimekkoで売られているものと同じ、そして何よりも40~50%オフで買えるということ。クリスマスツリーのマグはもしかしたら他でも売られていたかもしれません。
黄土色?オークルカラー?は見方を変えればゴールドでクリスマス気分が高まりますよね。
Marimekkoタオル等

お皿もかわいいのです。黒いのは見たことがあるのですが、このゴールドバージョンはさらにかわいい。ただ使える期間を考えるとクリスマスグッズはなかなか手が出ないもどかしさ。モノを増やさないようにしないとという葛藤もありますしね。
Marimekkoクリスマス仕様プレート

こちらはマリメッコもCity Marketも関係ないのですが、フィンレイソンのお店で見かけた、フィンランドで人気のロングドリンク、通称ロンケロのタオル。
Finlaysonロンケロタオル
フィンレイソンではムーミン製品の販売がなくなり、ちょっと物足りなさもありますが、このようなコラボ製品があったり、オリジナル製品もかわいいものもあるのでたまにのぞいています。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

実はクリスマスグッズをたくさん持っていますという方も、私は敬虔な仏教徒ですのでという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

日本へのお土産 | 00:00:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
お一人様ライブ
Moi!

今日も典型的な11月のお天気。終日曇りで最高気温は-5度。外は雪景色で、枝に薄く積もった雪が凍っているので眺めは風情があります。ただ太陽の光が…。

さて先週の金曜日にFacebookで気づいたのがジャズのライブが日曜日にあるということ。フィンランドのジャズバンドはほとんど知らないのですが、唯一知っているのがThe Five Corners Quintet。例えばこの曲とか。

残念ながらもうこのバンドは解散して現在は活動していないのです。もうライブを見ることはないと諦めていたところ、このバンドのサックスプレーヤー、Timo Lassyがこのライブに出演すると書いてあるではないですか。

先日ボサノヴァのコンサートに一緒に行った友達を誘ったところ、とても興味があるけど急だったのでスケジュールの調整が難しいとの返信。まあ、小さいお子さんもいるのでやはり。家人は翌日の仕事のため前泊でNG。結局他に興味がありそうな友達が思い浮かばず(というかそもそも友達が少ない)、結局一人で行くことになりました。映画に1人で行くのは割と平気なのですが、有料ライブに1人で行くのは初めての経験かも。

ということでJaska Lukkarinen One for Joeというタイトルのライブに行ってきました。Jaska Lukkarinenさんというドラマーが結成したドラム、サックス、ギター、ウッドベースのカルテット。ライブ会場は美術館も入っているKalevan Navettaの中のホールです。
Kalevan Navetta 1

会場は100人ぐらい座れるこじんまりとしたホール。予約した人は名前が書かれた紙が椅子の上に置かれていたため、前の5列程度は埋まっていました。小さな団体が主催していたので手弁当的な対応。お疲れ様です。
フィンランド人はなぜかライブや試合などコアなファン以外は前方の席は座らないので結構空いてしまうのですが、この方式ならしっかり埋まっていいですね。
Jaska Lukarinen One for Joeライブ開演前
一人ぼっちで寂しいかなと思いきや、案外一人で来ている人も多かったし、知り合いの人もいたのでちょっと話すことができました。

レンガ造りの建物。音響がいいと演奏者からのフィードバックがあるそうです。これは知り合い談。
サックス奏者が彼のTimo Lassyさんです。やっぱりかっこいい。
Jaska Lukarinen One for Joeライブ

演奏はこんな感じ。

かっこよかったのですが、知っている曲が少なかったこともあり、途中ちょっと気を失ってしまいました💦

ライブが終わったのは17時半だったのですが、周りはすっかり漆黒の闇。闇の中にKalevan NavettaのKマークが浮かび上がります。
Kalevan Navetta 2

そんな感じでお一人様ライブのミッションもコンプリート。何事もトライしてみるものですね。何よりも生のTimo Lassyさんを見ることができて幸せでした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

お一人様ライブに行ったことがある方も、それは未経験ですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:27:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
中央広場のオープニングイベント
Moi!

土曜日の午前中は晴れていたのですが、午後からそして今日は終日曇り空でした。最高気温は-1度。そんなに寒くないのでウォーキングしている人も見かけました。

そんな中、土曜日は中央広場(=keskustori、厳密に訳すと中央市場)でクリスマスのオープニングイベントがあったので行ってきました。家人は外出中だったので1人で歩いて行きました。寂しい~。いや、でもこうやって気分転換しないと精神上よろしくないのでね。結果行ってよかったです。
サンタクロースもお出ましでした。
クリスマスオープニングイベント サンタクロース

いつもは割と閑散としている中央広場にたくさんの市民が集まってきていました。
クリスマスオープニングイベント 中央広場

屋台もいくつか出ていて、キャンディーを売っていたり、フィンランド人大好きマッカラ(=太いソーセージ)を焼いて売っていたり…
クリスマスオープニングイベント 中央広場2

ワンコを触れるコーナーもありました。
クリスマスオープニングイベント 貸出ワンコ

インスタ映えスポットもありましたよ。ぼっちの私には関係なかったですが、いいのですよ。皆が楽しければ。
クリスマスオープニングイベント インスタ映え1

ほら、こっちにも。
クリスマスオープニングイベント インスタ映え2

羊が…柵の中に…たくさんいました。そして軽いコスプレをさせられてしている羊さん達。
クリスマスオープニングイベント 羊

サンタクロースと共にトナカイも来ていたのですが(棒立ち)、右側のサンタ帽のおじさんのジャケットに目が釘付け。パンダと笹のジャケットをなぜトナカイの隣で羽織っているのか?ってかそれはどこで買ったのか?
クリスマスオープニングイベント トナカイ

ツリーの点灯式はまだでしたが、プレゼントボックスがキラキラして目立っていたのでした。
クリスマスオープニングイベント ツリー

”中は暖かいですよ。コーヒーはいかがですか?”的テント。まあフィンランド人ですからね、外でもへっちゃらで飲んでいます。アイスクリームも売っていたし。
クリスマスオープニングイベント コーヒー用暖かい場所

昨年完成したパビリオンでは私がいた時には子どもが歌を歌っていたり、バンドの演奏があったりして活用されていました。
クリスマスオープニングイベント パビリオン1

ツリーも準備されていて、クリスマスムードを高めていましたよ。
クリスマスオープニングイベント パビリオン2

小さなツリーもいくつか立っていて、子ども達に大人気でした。
クリスマスオープニングイベント パビリオン3

こちらは前日の写真。寒い中、準備をありがとうございました、なのでした。
中央広場パビリオン4

お店がたくさん並んでいた年もありましたが、今年は子どもが喜びそうなセクションが随所に見られました。お子さんがいる家族は特に楽しめたかと思います。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

気になるイベントはとりあえず顔を出してみる方も、天候とその時の気分によりますかねぇという方も、多忙でそれどころじゃありませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 02:24:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
川沿いの雪景色
Moi!

今日はまた曇りで太陽の見えない1日に戻ってしまいました。そして最高気温は-3度。最近はブラックフライデーのフライングや、スーパーの家電&衣料品全品15オフとかのセールがあり、購買意欲をくすぐられる時期ですね。

それはさておき、今回も前回に引き続き貴重な晴れの写真を引き続きご紹介します。
一時期凍り始めていた川。場所にもよりますが、ここはまだ活発に流れていました。真ん中より少し右に見えるレンガ造りの塔は昔は給水塔でしたが、今はMallaskoskiという地ビール工場です。夏の間はテラスレストランもオープンしていて多くの人で賑わいます。
橋

改めて広い青空を仰いでみました。
青空

1~2年前に橋のたもとに置かれたベンチとテーブルセットはすっかり雪をかぶって誰に使われることもなく佇んでいました。
川沿いのベンチ

徐々に氷の部分が広くなり始めています。
川1

こちらから自転車で行くと坂が結構きついのです。今は滑るので危険。自転車は冬タイヤに換えていないので今の時期この道を通るのは歩きの時のみにしています。歩いていても時々滑ることがあるので重心を下に置いて、上から踏みしめるように歩いています。
Mallaskoski

14時前だったのですが、たなびく煙が幻想的でした。
たなびく煙

おめでたそうな紅白の木がありました。
紅白の木

デザインをする方はこういう自然にインスピレーションを得たりするのかなと思ったりしたのでした。
紅白の木 拡大

ということで皆様、よい週末をお迎えください。

雪景色がお好きな方も、もうちょっとお腹いっぱいですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 02:46:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
雪景色のアールトセンター等
Moi!

今日は久々の晴れでした。少し雲も出ていたのですが、青い空を拝めるだけで幸せ。11月ですからね。ちなみに今日の日の出は8:47で日の入りは15:38。日の短さは冬至まで後少しの辛抱、と言い聞かせて耐えているのです。

今日は街の中心街に用事があったので行ってきました。-5度でしたが(だったので?)歩いて。
アールトセンターはいつも同じような写真になるので今回は久々に元合同庁舎を撮ってみました。街灯もアールトデザインです。
合同庁舎

1987年に完成した劇場。中でも光り輝く物体発見。
劇場1

拡大して見ると光る鏡?お芝居で使うのでしょうかね?ちょっと気になります。
光る鏡

劇場をもう1度別の角度から撮ってみました。やっぱりレストラン側から撮った方がアールトらしさが伝わりますが、たまにはアングルを変えてみるのもいいですね。
劇場2

アピラ図書館を駐車場の方向から撮ったもの。アピラとはフィンランド語ではクローバーの意味で、3つの葉っぱが重なったようなデザインが特に上から見ると素敵なのです。これもちょっと遠すぎてわかりづらいですかね💦
アピラ図書館

これも一応アルヴァ・アールト設計の自衛団ビル。ただし若い時の作品なのでアールトセンターの建物群とは少し雰囲気が違います。建物の前には地元の路線バス(ユッシパイタという地元のセーターを着たおじさんが目印)が並んでいます。駅前が絶賛工事中なのでここがバスセンターになっているのでしょうかね。あまり日中にこの辺に来ることがないので定かではないのですが。
自衛団ビル

珍しいものを見ました。
雪が降ると→除雪車出動→除雪した雪をまとめて雪山にする のですが、これは雪山の雪をトラックに載せてトラックがさらに別の場所に運搬しているようです。
雪運搬トラック1

この大量の雪が葬られる場所はどこなのでしょうかね。
雪運搬トラック2

おまけの写真は新しいレストラン。あまり美味しくなかったインド料理のレストランがひっそりと店を閉じ、その後にオープンするのはフィンランド人に人気のケバブ、ピザ、ハンバーガーレストランインド料理の前のギリシャ料理のレストランが美味しかったのですが、風の噂によるとギリシャ人のシェフは本国に帰国してしまったのだとか。私の周りでは帰国するギリシャ人が多いです。(n=3)
新しいレストラン

道はきれいに除雪され、街は少しずつクリスマスの準備が始まり、静かな変化も感じられました。今週末がクリスマスオープニングのイベントがあるようなので、中央広場の様子はまた改めてご紹介する予定です。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

ついつい昔のことを語りがちな方も、いつも目は未来に向いていますという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 02:30:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
サウナのお供に ~ピートマスク~
Moi!

今日の最高気温は-6度でした。夕方ちょっと空が明るかったのは太陽が出ていたということ?でもすぐに日が暮れて太陽の光を浴びることはできませんでした。

さて先日無料の新聞を読んでいたらピート製品を売っている会社のことが紹介されていました。ピートはフィンランド語でturve(ツルヴェではなくトゥルヴェ)、日本語では泥炭。湿地帯に堆積しているそうです。

セイナヨキと同じエテラポフヤンマー県のÄhtäriにあるLehto Peatの創立者、Heikki Ruhaさんは1980年代に燃料用のピートを精製して商品化するアイディアにワクワクしたそうです。

ピートを使ったトリートメントは200年以上前から使われていました。ドイツではバストリートメントとして使われていましたが、フィンランドでは直接体全体にピートを塗ってマッサージをしていたそうです。

ピートは熱をよく吸収し、また銅、鉄、マグネシウム、マンガン、亜鉛等の成分も含まれており、ピートマッサージの効力を高めているそうで、首や背中が痛む人にも最適。私はフィンランド人から、結婚式の前日に花嫁さんがピートトリートメントをしてツルツルのお肌で当日を迎えるという話も聞いたことがあります。

一度サウナで試したことがあるのですが、ミネラル分たっぷりで翌日お肌がツルツルになりました。ただし真っ黒なマスクなので見た目はかなり怖い
Lehto Peatフェースマスク
出典:https://lehtopeat.com/

Lehto Peatの製品はフェースマスクの他にもシャンプー、ソープ、ボディーマッサージ用と様々な製品があり、100%ハンドメイドで自然の恵みたっぷりの製品。

さらにLehto PeatのあるÄhtäriにはSuo Spaがあり、そこでトリートメントを受ける(グループでもOK)ことも可能。楽しそうな様子はこちらの写真をクリックしてご覧ください。
https://lehtopeat.com/products/turvekylpy-spa

Ähtäriの動物園には(まだ)パンダもいるので車がないとたどり着くのはなかなか大変なのですがチャンスがあればいかがでしょうか?

ところで以前こちらのフェースマスクをもらったのですが、もったいなくて使わずに大事に取っていました。今チェックしたらカピカピになっていました

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

気になるものは早めに使う方も、タイミングを慎重に待って使う方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 02:42:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
ムーミン、マリメッコの季節グッズ
Moi!

今日も曇りの寒い1日でした。最高気温は-3度。フィンランドで一番辛いと言われている季節が11月。12月になるとさらに日が短くなるのですが、クリスマスも近づいて街が活気づいてくるのであっという間に終わるイメージ。

久々に本屋さんに立ち寄ってみました。私はたぶんカレンダー好きなのだと思います。友達によく送るし、旅先で買って帰ることも。そんなにたくさんあっても使わないのが残念なところ💦
左は来年のムーミンのカレンダーで右はおなじみマリメッコ。マリメッコは例年色々なデザインを採用していましたが、今年は見事にウニッコオンリーですね。好みが別れそう。
マリメッコとムーミンカレンダー

2年連続で使っているムーミンのカレンダー。この落ち着いた色のトーンがフィンランドの生活にぴったりくるのです。来年の分も買おうかなと思っているところ。
ムーミンカレンダー

Suomalainen kirjakauppaという本屋さんにはムーミングッズも充実していました。
ムーミングッズ

これは暗くなってくると活躍するリフレクター。おまけでもらったものを使っている人もいますが、こだわりのあるリフレクターをつけている人もたくさんいます。好きなものを身につけるとちょっとテンションも上がりますよね。
リフレクター

立体のムーミンのリフレクターも発見。私は立体のニョロニョロのリフレクターを持っています。ニョロニョロはもともと光を放つのでリフレクターにぴったり。
ムーミンリフレクター

雑貨屋さんをのぞくのと同じ感覚でこの本屋さんに寄るのが密かな楽しみとなっています。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

カレンダーにこだわりのある方も、もらいもので充分ですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 02:41:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
Ideapark4周年記念
Moi!

今日は雪は降りませんでしたが、最高気温は-3度。そして周りは雪景色のまま。今年少し違うのは、気温が急に下がって散り時を失った葉っぱが一部枯葉のまま残っているところ。

それはさておき週末は地元の大型ショッピングモール、Ideaparkの4周年記念で色々なイベントや、一部お店でのセールがありました。私達の目的はこちら。何だと思います?
Ideaprak ケーキ1

ケーキなのですよ。緑はIdeaprakのテーマカラーなのです。10時からケーキとコーヒーとジュースがふるまわれるとのことで、10時半頃着いたのです。ひょっとしてもうないかも?と思いきや、この巨大ケーキがどどーんとあったのですよ。実に3.2メートルあったとか。オーブンにいったい大きいことが美徳とされているエテラポフヤンマー地区の底力?
Ideaprak ケーキ2
ちなみにこちらでは誕生日等その主人公が皆にケーキなどをふるまう習慣があるので、スーパーやお店でも創業記念や何かを受賞した時などにケーキとお茶がふるまわれることがあります。ただこんな巨大なのは特別ですがね。

中央広場にはケーキ待ちの人達でいっぱい。
Ideaprak 人混み

派手な電飾もたくさん。
Ideaprak バースデー

地面にも。Ideaprakのバースデーと書かれています。
Ideaprak 地面

ライトにもIDEAPARKとさりげなく主張していたのでした。
Ideaprakのランプ

この人混みはですね、もうすぐムーミンのショーが始まるのでそれ待ちの人達。家人がショッピングをしている隙を狙って近づいたものの、人がたくさんい過ぎて後ろから見るしかない状態。
Ideaprak ムーミン待ち

ムーミンのアニメのテーマソングに合わせてムーミンリトルミーが踊っていました。
Ideaprak ムーミンショー1

ムーミンはこちらでも子ども達に人気です。
Ideaprak ムーミンショー2

ここに新しいレストランができるようですが、ケバブレストラン。うーむ。この場所も4年の間に何回かお店が入れ替わり、これが3軒か4軒目。最初は色々な種類のレストランがあったのですが、落ち着く先はハンバーガー、ピザ、ケバブ。お寿司のビュッフェのあるLuckiefunは開店当時から生き残っていますがね。
Ideaprak ケバブのお店

Ideaprakが開店した日は冷たい雨が降っていましたが、たくさんの人が大きな建物に入ったたくさんの新しいお店にわくわくしたのを覚えています。4年経った今、それ以前はどこで買い物していたか思い出せないほど日常生活の中でも大切な役割を果たしてくれています。お店は入れ替わりもありますが、その変化も楽しんでいるのです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

無料でいただけるものはとりあえずいただく派の方も、無料ほど高いものはないという慎重な方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 00:43:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年のベストファーザー賞
Moi!

今日の最高気温は0度。一昨日までは雪もほぼ溶けていたのですが、昨日と今日終日降った雪のおかげでまた雪景色が戻ってきました。ただ暗い…。火曜日は晴れるみたいなのでこの暗さはそれまでの辛抱です。

さて、フィンランドでは11月の第2日曜日が父の日です。フィンランドでは毎年ベストファーザー賞受賞者が発表され、今年は3人のうち1人がセイナヨキ在住のJanne Saarelaさんでした。毎年母の日、父の日にはそれぞれベストマザー賞やベストファーザー賞が発表されるのですが、選ばれるのは首都近郊の人が中心なのだろうと勝手に思い込んでいました。

Janneさんによると自分が賞の候補に挙がっていることすら知らなかったのだそうで、まさに青天の霹靂だったそうです。
受賞理由の1つがお父さんとしての役割。4人の娘さんのお父さんであるJanneさん。15年前に一番上の娘さんがアイススケートを始めた時から送迎はもちろんのこと、一緒にリンクでスケートを教えたりもしていたそうです。4人の娘さんも次々にスケートを始め、奥さんはスケートチームの責任者になり、奥さんと2人でスケートリンクを行ったり来たり。練習がない日は日曜日のみ。それでも試合があったり。現在はスケートをしているのは3番目の娘さんとJanneさんのみ。4番目の娘さんはサッカーと水泳をしていて、子ども達が興味があることは最大限サポートすべきだと考えているそうです。親の役割は送迎、励まし、出費(フィンランド語では最初の文字が全部Kなので3Kで表していました。)

受賞理由のもう1つの理由は自ら男性のシンクロナイズドスケーティングチーム、Riverbullsを立ち上げたこと。シンクロナイズドスケーティングは女性だけの種目という古い考えを翻して興味のある人に扉を開けたとも言えます。Riverbullsに関しては以前紹介したのでこちらからご覧ください。

↓の写真は以前シンクロナイズドスケーティングの公開練習があった時に撮ったものです。時々このように公開練習をしたり、体験練習日も設けて興味ある層に門戸を開けているとのこと。
シンクロナイズドスケーティング練習風景1

そういえば昔週末に隣のオフィスで会った人とちょっと立ち話をした時にRiverbullsをやっているのだと言われていた人が。名前は忘れてしまいましたが、Janneさんだったかもしれません。とにもかくにもこの度の受賞、おめでとうございます。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

多忙なスケジュールでもうまく調整できる方も、休息重視という方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:57:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボサノヴァのコンサート
Moi!

今日の最高気温は1度。終日曇っていて夕方外出した時には冷たい雨が降っていました。ちょっと体がだるくてモチベーションが低い状態が続いています。

そんな中、久々にコンサートに行ってきました。コンサートのタイトルは”Aqua de beber(=おいしい水)”。そう、カルロス・ジョビンが作曲した有名なボサノヴァの曲です。このコンサートはKadi Vijaさんというジャズと即興音楽を得意とするアーティストと、今回ビッグバンド用に編曲、指揮、そしてトランペットを担当したErno Tiittanenさんを中心にギターとドラムのゲスト+セイナヨキ市オーケストラのコラボのコンサートでした。

ボサノヴァは昔から好きで、今は亡きジョアン・ジルベルトのコンサートにも行ったのは今ではいい思い出。日本ではボサノヴァは一般的ですが、フィンランドではあまり聞いたことがありません。さて、誰を誘おうか?と頭を悩ませましたが(友達が少ないのですよね)ウクライナ人の友達がすぐに”一緒に行く”と反応してくれました

コンサートは川沿いにあるセイナヨキホールで行われました。オーケストラは金管楽器と弦楽器少なめの編成。Kadi Vijaさんの声はアン・サリーさんのようなすべてを温かく包み込むような優しい歌声でとても好み。
Aqua de beberコンサート演奏

メンバー全員が起立したところ。
Aqua de beberコンサート 起立

Ernoさんはトランペットも演奏するとのことで最後の2曲をトランペットで参加しました。
Aqua de beberコンサート トランペット1

Kadiさんはシャカシャカの楽器を持って。
Aqua de beberコンサート トランペット2

アンコール曲がコンサートのタイトルともなっているおいしい水でした。


最後はゲストの方々にプレゼント贈呈です。
Aqua de beberコンサート プレゼント贈呈

演奏した曲はイパネマの娘を始め、有名な曲がほとんど。1曲、フィンランド人が作曲したボサノヴァ、”Toiset Meistä”を演奏してくれました。もしかしてイスケルマ(≒演歌調)の暗い曲かと懐疑的になったのっですが、意外とボサノヴァでした。


ああ、まさか地元でボサノヴァのコンサートに行けるとは思ってもいなかったので嬉しかったです。Ernoさんはチケットの20ユーロ(≒3200円)は安過ぎだと言っていましたが、その通りだと思います。ちなみに観客は高齢者が多かったです。恐らく年パスを持っている人達なのかなと。友達とはまたいいコンサートがあったら一緒に行こうと話したのでした。

こちらはセイナヨキホールの2階。そういえばチケットを見せることなく中に入れたのです。人員削減?お金を払わずに潜り込む人もまずいなさそうですけどね。
セイナヨキホール2Fロビー

橋の向こうの一番右の光が見えている建物がセイナヨキホールです。
セイナヨキホール

橋の反対側はFRAMIとよばれる建物群。セイナヨキ応用科学大学もこの中に入っています。
FRAMI

ここは昔病院として使われていましたが、今はコミュニティカレッジとして使われています。真っ暗ですが17時半頃に撮った写真です。
Kansalaisopisto

木の影が壁の模様に見えてきれいだったのでした。
Kansalaisopisto拡大

ということで皆様、よい週末をお過ごしください。

カフェミュージックがお好きな方も、もとパンチの効いた音楽がお好みの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 04:05:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
お母さんが残した彫刻の行く末
Moi!

今日の最高気温も1度。そして終日曇り。やる気モードが低下するときなので自ら有益なことに時間を区切って使うようにした方がいいのかもしれません。こんな時手先が器用だったら編み物とかよさそうなのですが、私の場合は読書になるかな?

さて地元の新聞である物語が紹介されていました。現在Mustasaaariという街のVassoriという森にはムーミンに出てくるキャラクターや、長靴下のピッピ、ドナルドダック、ブレーメンの音楽隊等フィンランドでおなじみのキャラクターのコンクリート製の像がたくさんあるそうです。ただ古い物なので苔に覆われたり、草木に覆われたりしているとのこと。

これを作ったのはEve Nässlinさん。Eveさんは郵便配達(自転車で毎日17km走っていたそうです)のかたわら趣味で色々な像を作り続けていました。像を作り始めたのは1970年代。仕事を引退した後も作り続け、最後の作品を作ったのが2010年で2017年に亡くなったそう。

作った像は自宅の庭や森に置かれ、特に保育園や小学生の子ども達がよく見に来て隠れツーリストスポットだったそうです。ある日ナーンタリにあるムーミンワールドに遊びに行ってきた子どもが”ムーミンに出てくる〇〇のキャラクターがここにはない。”と言ったのでEveさんはそれを受けてすぐにそのキャラクターを作ったというエピソードも。

1つのキャラクターを完成させるのに何週間もかかり、大きなものになるとひと夏の間かかったことも。旦那さんも重い像を運ぶのを手伝ったりしていたそうです。

Eveさんが亡くなった時に娘さんのMonicaさんが野外博物館にこれらの作品を寄付しようと電話したのですが、何らかの理由で断られてしまったとのこと。家は売れ、いくつかの思い出の像は引き取ったもののまだ引き取り手がないものは森に残されているとのこと。Monicaさんの希望は興味のある人が引き取ってメンテナンスをして、多くの人が喜んでくれる場所に持って行ってくれること。この記事を読んで興味がある人が現れるといいのですが。

キャラクターの写真は見つからなかったのですが、これは白雪姫でしょうかね。Eveさんはきっと笑顔で作っていたのでしょうね。優しい世界が広がっています。
Eve Nässlin teos
出典:https://msl.fi/itetaide

何かに打ち込めるということは素敵なことですね。
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

没頭できる趣味をお持ちの方も、ずっと模索中ですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:23:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
霧雨の夜
Moi!

今日も終日曇り。外に出ると細かい霧雨が降っていましたが、傘をさすほどではなく。ポジティブな言い方をするとマイナスイオン効果が抜群?最高気温も終日2度前後。プラスの気温なので割と暖かかったです。

今日は久々にセイナヨキの日本人で集まったので街の中心街まで歩いて行きました。最近暗いし寒いしお天気も悪いのでなかなか自主的にウォーキングできていないのでよいチャンスでした。

16時半で既にこの暗さ。この暗さがずっと続くと結構辛いのです。こうして客観的に見るときれいなブルーではあるのですが。
薄暮

霧に浮かぶラケウデンリスティの教会の時計塔(65m)。文字盤の部分がライトアップされているので幻想的。
ラケウデンリスティ時計塔

劇場では今晩お芝居が上演されるようでライトアップされていました。
劇場

市庁舎の前にはいち早くピンクのクリスマスイルミネーションが登場していました。(他のイルミネーションはこれからです。)ここからも時計塔がぼんやり見えていますね。
市庁舎1

帰り道に角度を変えて撮ってみた霧雨に煙る市庁舎。
市庁舎2

中央広場も花の彫刻等がライトアップされているので華やかに見えます。人は…実際にはあまりいないのですが💦
中央広場

街灯は柔らかい黄色。ちょっとヨーロッパっぽくないですか?
霧雨の道路

用事がなければわざわざウォーキングすることもなかったのですが、ちょっと違う雰囲気のウォーキングもよいものですね。道がどれだけ歩きやすいかと、気温、やる気を鑑みながら今後もトライしていく予定です、たぶん。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

華やかなイルミネーションがお好みの方も、地味な街灯に癒されるという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 04:16:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
特別な空と湖
Moi!

今日も最高気温は4度と暖かかったのですが、空はずっと曇り空で気づいたら日が暮れていました。11月は大体こんな感じです。

さてそんな中週末に少しだけ太陽が顔を見せた時間帯があったので近所の湖に行ってきました。雪が雨で溶けた後で足元は悪かったのため登山もできそうながっつりした靴で出向きました。そんなに寒くなかったのでブーツでなくても耐えられる気温だったのはラッキー。

雲一つない快晴の空もいいのですが、この雲も圧巻でした。
湖1

ちょっと神がかった1枚。(自画自賛)弱い太陽の光の優しさが空とグレーの雲に合わさって、しかも1本だけある木に光が集中しているように見えます。
湖2

朝なのか、昼なのか、夕暮れなのかわからない写真ですよね。ちなみに撮ったのは14時頃でした。
湖3

桟橋の周りの氷も少し溶けかけていました。表面が濡れていると気温が0度以下になると滑るので危険ですが、この日は6度だったので大丈夫と判断して前進したのでした。こういうのも慣れというか経験というか。(転んだ経験あり。)
桟橋1

桟橋と桟橋の間の氷のせめぎ合い。
桟橋2

↑はカヌー用、↓はボート用の新しくできた桟橋。こちらは利用者以外は入れないようフェンスがあるのでフェンス越しに撮ったものです。
桟橋3

凍る前なら水面に映る景色も楽しめます。こちらの方向は割と晴れていますね。
湖4

氷の境界線も日々変化しています。
氷の境界線

すっかり枯葉を散らした木もありますが、葉っぱがそのままの木も結構あるのです。
空

気づけばじわじわと太陽にその日の気分を左右されているような。ここで踏ん張らなければ💦
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

予定を前倒しにどんどん入れている方も、その日暮らしの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 01:27:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
Valon Piiri 光のPiiriのイベントに
Moi!

今日は予報通り6度まで上がりました。ずっと0度前後の気温だったのでとても”暖かく”感じました。そしてかなり降り積もっていた雪もだいぶん溶けました。特に雪かきをしている道の雪はほとんどなくなりました。ただまた気温が下がるので路面凍結の予感。この攻防は冬の間ずっとなので、滑らないように気をつけるしかないのですが。

さて、私のウォーキングコースのPiiriでは金曜と土曜に光のイベント、Valon Piiriがあったので行ってきました。
こちらは思い出の小径と名付けられた道。ちょうど土曜日は亡くなった人を墓地にキャンドルを灯して偲ぶ日だったのでそれに合わせたのでしょうね。
Valon Piiri MUISTOJEN POLKU1

このように雪の中に小径が作られ、キャンドルが埋められていました。イベント詳細を読むとこのキャンドル、希望者は自分で持って来て埋めてもOKとのこと。日が暮れた後でキャンドルに灯された小径を歩いていると心が洗われるようでした。
Valon Piiri MUISTOJEN POLKU2

たぶんこのスペースは倉庫なのですが、イベントに合わせてクリスマスオーナメントがライトアップされていました。
Valon Piiri クリスマスオーナメント

今回のValon Piiriはこの建物で開催されていました。光をテーマに主にPiiri地区にある企業や団体が参加し、それぞれの展示を各部屋でしていてそれをのぞいていくというイベントでした。
Valon Piiri 建物外

こちらは教会関連。信仰、愛、希望と書かれています。光の優しいトーンに癒されます。
Valon Piiri 教会関連

この部屋はG moodiという木をくり抜いた製品を売っている会社の展示。右側にいるフクロウとかかなり手が込んでいますよね。G moodiはPiiriを代表する企業の1つです。
Valon Piiri G moodi

Pajkkaはレンタルスペースを提供している会社。フィンランドではもうすぐピックヨウルという忘年会のシーズンなので、しっかりここで宣伝しておかなければですよね。(といっても担当者は不在でしたが。)
Valon Piiri Pajkka

この部屋はHysteriaという小さな劇場を運営している会社の展示。年毎に上演したお芝居のポスターがクリスマスランプと共に展示されています。左の方のちょっと不機嫌そうなおじさんのお芝居は先日行ったばかり。
Valon Piiri Hysteria

木のオブジェが展示されていたのですが、光のイベントですからね。ミラーボールのようにランプが回っていました。いいのか、それで?きっといいはず。
Valon Piiri木のオブジェ

ちょっと見えづらいかもしれませんが、ミニチュアの展示室は一番気になりました。
Valon Piiriミニチュア1

ロッカーがあってその中にかわいらしいオブジェが飾られていたのです。
Valon Piiriミニチュア2

植木鉢さえもおしゃれなオブジェに変身?
Valon Piiriミニチュア3

スウェーデン語でメリークリスマスと書かれています。フィンランド語だと”Hyvää Joulua"で長ったらしいから?
それにしてもかわいい。作り込み大変そうですが、作り込んでいる人は笑顔だったはず。
Valon Piiriミニチュア4

この部屋はPiiriの敷地内にあるシュタイナー学校の生徒の作品が飾られていました。
Valon Piiri Steiner Schoolの展示

こちらの展示も凝っていました。主にラップランドの自然の写真を展示していたフォトグラファーの方。周りには本物の葉っぱを敷き詰め、ライティングも下から照らすようにしていてこの部屋だけ別世界のようでした。
Valon Piiri写真展示1

壁も凝っていますよね。オーロラの写真も。ラップランドにハイキング(雪がまだ溶けきっていないときに1週間)に行ったことのある家人と、この写真はxxで撮った写真ですね、等話が盛り上がっていました。
Valon Piiri写真展示2

何も音楽はかかっていなかったし、誰も踊っていませんでしたが、ディスコ調の部屋。
Valon Piiriディスコ調部屋

アクセサリーを売っている会社とセラミックを作っている会社のコラボの部屋。
Valon Piiriセラミック

ちょっとハロウィンチックな色合いですがここでお茶もいただけます。シュタイナー学校関係者主催。
Valon Piiriお茶

他にもビデオを上映したり、詩を壁に貼っている人もいました。

言い方が失礼かもしれませんが、ちょっと学祭のような、光を題材にしてそれぞれが楽しんで準備したものを参加者が見て回る、商売気ゼロの肩肘張らないイベントでした。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

学祭で活躍されていた方も、その他大勢のうちの1人だった方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 02:02:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
アールトセンターと雪景色
Moi!

今日は終日どんよりした曇りでしたが、夜は雪または雨が降るようです。最高気温は20時に+1度になる予報。

さて今日は家人と久々に街の中心街でランチを食べ、帰りは一人で気分転換を兼ねてアールトセンターを経由して歩いて帰りました。

まつはセイナヨキの市庁舎を下から撮ってみました。空がね、曇っていて真っ白という。
市庁舎2

横から見たところ。さり気なく雪かきして集められた雪山の高さに驚きますよね。
市庁舎1

ラケウデンリスティの教会も曇天の空に同化してしまいそう。
ラケウデンリスティ

こちらは劇場。ランチ客でレストランは賑わっていました。ここのレストランは2年ほど通いましたが、シェフによって料理の質が変わることに気づいてしまいました。可もなく不可もない典型的なフィンランド料理ですが、アールトファンにとっては感激もひとしおの特別なレストランかもしれませんね。
劇場

アールト図書館を横から撮ったところ。このアングルが最近のお気に入りです。雪山が迫って見えるのは遠近法のトリック。(というか立ち位置を考えるべきでしたね💦)
アールト図書館

アピラ図書館を正面から撮ったところ。
アピラ図書館1

1週間前の光のイベントではこんなでしたからね。
Aalto Aesthetics Apila図書館

アールトセンターもすっかり雪に包まれ、おまけに曇天と同化していたのでした。
アールト図書館とラケウデンリスティ

帰り道に色彩を見つけたので撮ってみました。通常は雪が積もる前に黄葉は散っているので雪が積もった枝と黄葉の組み合わせは珍しいです。
白樺と雪

遠くから見るとそんな坂でもないのですが、数年前自転車で向こう方向から来た時に坂道全面がアイスバーンになっていて絶対転ぶと覚悟して半分目をつぶってかけ下りたら奇跡的に転ばずにすみました。そういう意味では地道な雪かきは大切なのです。
坂道

少し気温が上がったのか、もしくはここは流れがあるせいか川はまだ凍っていませんでした。岩などに積もった雪がポコポコしてかわいかったのです。
川

セピア色で枝に積もった雪は認識できるか撮ってみたらちゃんと認識できますね。なぜセピア色かというと…白黒設定の時に変なボタンを触ってセピア色になったまま白黒に戻せないのですよ。でも味があってなかなかよいですよね。
木(セピア色)

市庁舎と白樺の写真以外はほぼ白黒の世界。太陽の光が貴重な季節になりました。

ということで皆様、よい週末(日本にいる方は連休)をお過ごしください。

知らないうちに変なボタンを押してしまいがちな方も、そんな粗相はいたしませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 01:41:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
老舗の中華と静かなカフェ
Moi!

雪は止み、懸念していた雪かきもたぶん6時前に済んでいました。日中は5分ぐらい晴れ間が見えましたが後は曇り空。最高気温は-1度。土曜日に雨が降る予定ですが、どれぐらい雪が溶けるかですね。結構積もっているので全部は溶けないような気がします。

さて先日おしゃれなインド料理のレストランにランチに行こうとしたのですが、閉まっていたので急遽その近くの老舗の中華に行くことにしました。
老舗中華
ここは私がこちらに来た2010年には少なくとも存在していて、コロナ禍も生き抜いたお店。もう1軒ある中華(セイナヨキ→ユヴァスキュラ→セイナヨキと移転を重ねた)を経営している中国人と親戚らしくメニューももう1軒の中華と同じものがあったのでそれにしました。味は可もなく不可もなくなのですが、とにかく安い。今どき9ユーロ(≒1440円)なのです。周りのランチは12~13ユーロでしょうかね。これにてんこもりのライスとお茶/コーヒーがついています。レジに立つおばさまもかなりご高齢に見えましたが、お客さんも案外来ていたので引き続き中心街で頑張っていただきたいと思ったのでした。

そして土曜日は家人とお茶に。Pikku Paussiというこれまた老舗のカフェは狭い店内が満席だったのでHanna ja Kerttuに流れてきました。以前はValkoinen Puuというカフェが入っていてその時は大した賑わいだったのですが、Hanna ja Kerttuになってからお客さんはまばら…。
Hanna ja Kerttu中1

まばら。
Hanna ja Kerttu中2

不人気の原因はケーキの種類が少ないのと活気でしょうかね。
私はブリタケーキにしました。サクサクで美味しかったです。
Hanna ja Kerttuブリタケーキ

家人はラズベリーキャラメルケーキか何かを。キャラメルは甘過ぎるので私はちょっとパスなのですが、美味しかったそうです。
Hanna ja Kerttuケーキ
Hanna ja KerttuはIdea Parkの店舗も閉め、大きなスペースのこちらに移転してきたのですが先行きが少し心配です。Idea Parkではお気に入りのカフェが2軒なくなってしまったし、カフェがなかなか長続きしないのでどうにか持ちこたえてほしいところです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

お気に入りのカフェがある方も、新しいカフェを開拓していくという方も、そもそも選択の余地がありませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 01:52:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
光るもの、色々
Moi!

11月に突入しましたね。1年あっという間ですね。今日の最高気温は-3度でした。それよりも何よりも終日”積もりそうな”雪がひたすら降っていて予想通り結構積もってきました。うちのテラスハウス(=長屋)では去年から家周辺のメンテ(雪かき、芝生刈り、国旗掲揚等)を外注しているので雪かきのプレッシャーはぐんと減りました。ただメンテをしている会社はかけもち。雪が積もったからと言ってすぐに来てくれる訳ではないので、しびれを切らして、または必要に迫られて雪かきをすることもしばしば。

さてフィンランドに来た当初はこれぐらいの季節からよく見かける光る蛍光色のベストを着て歩いている一般人に驚いていました。工事現場でもないのにこんなジャケットを着るなんて!とも心の中で思っていました。

ただ運転するようになってその有効性を実感。ほんと、光っていないと見えづらいのです。一度右折時に横断歩道を歩いている人に気づかなくて事故を起こしそうになったことも。こちらで売られている冬用のアウタージャケットには光る素材が使われていたりもしますが、必ずしもそうではありません。一番手っ取り早いのがリフレクターを身につけることですが、こんなグッズもあります。

まず手袋。実は家人が客先でもらってきたもので、最近は手袋も光る素材が使われているものを見かけるようになりました。しかもこれはミトン部分は5本指部分を覆っているので指が冷たくなりづらいのです。ただ…左手用のミトン部分には”XX社 85周年”と赤文字でデカデカと書かれています。先日光るものを身につけたくてこれをはめてウォーキングに行ったのですが、左手は隠すようにして歩きました。
それと手袋の上に置いてあるマスキングテープみたいなやつ。これも光るもので、全体がマグネットになっているのでジャケットの腕部分に巻き付けて使います。
光る手袋

これも同じ会社からいただいたもの。(これには会社のロゴは入っていません。)ジャケットの上からこれを身につけて歩くもの。
光るベルト前

前も後ろもばっちり光ります。
光るベルト後ろ
それこそ最初の頃はこんな究極にダサいものなんて、と思っていたのですが今は使う気満々です。黄色いベストより気軽に使えそう。先日の光のイベントに行った時もこれを使っている人を結構見かけました。

おしゃれは二の次、まずは自分の身を守ることが大切なのがここでの生活の基本なのです。そもそも冬は暗いので気合を入れて歩いても誰からも見えませんしね。そういえばピポというニット帽もあまり気乗りがしなくてかぶっていなかったのですが、今年は結構かぶっています。1時間ウォーキングしていると体も冷えてくる、というのも大きな要因かもしれません。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

昔かっこ悪くて使えなかったものが今は平気で使えるという方も、基本自分の方針は維持していますという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 01:36:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
雪景色とウォーキング
Moi!

今日はほぼ終日雪がまた降っていました。ボタ雪ではなかったのでそんなに積もりませんでしたが、すっかり銀世界に包まれている10月最終日です。今年は寒暖の差が激しかったので枯葉がまだ木に残っていて、雪と落ち葉が地面で一緒になっています。雪かきをすれば落ち葉かきもできる?とはいうものの週末は気温が上がって雨が降るようなので落ち葉はその後に回収となりそうです。

今日は小雪もちらついているし、風もあるので家で引きこもっていますが、昨日は快晴無風だったのでウォーキングに行ってきました。気温は-5度。ちょっと手がかじかみました。でもこの透き通るような青空を見ていたら寒さなんて、寒さなんて…(以下省略)
Piiri 学校と建物

一面銀世界なのでわかりづらいのですが、この道は正面ゲートへの道。そして地平線が少しずつピンクに染まりつつある黄昏時。
Piiri ゲート

雪景色になると一気に寒々しく見えるベンチとか。
Piiri 橋1

こんな配色も北欧風ですかね。なかなかこんな配色は思いつかない自然のなせる業。
Piiri ベリーと雪

透き通った空にそびえ立つ給水塔と、たなびく煙?水蒸気?
Piiri 給水塔

これも絵になりそうなグラデーションの美しい木々の色。この色の組み合わせは一期一会。
白、赤、黄色の木

雪が積もるとですね、どの部分が凍っているか明確になる訳ですよ。っていうか川がほとんど氷に覆われている事実を目の前につきつけられています。ついこの前まで穏やかに水面に景色を映していたというのに。
凍った川

この広場は野外フェスティバル、Provinssiではメイン会場となり、多くのお客さんで埋め尽くされる場所なのです。瞼を閉じれば夏の思い出がうっすらよみがえってきます。
木と青空

橋の下の部分はまだ凍っていませんが、これも時間の問題かもしれません。
橋1

雪が地図を描いているようにも見えます。
川1

まだ氷が薄い部分もあり、この形も美しかったのでした。写真にはうまく撮れませんでしたが、この辺りには靄が発生していてそれもまた幻想的な風景だったのです。
川2

雪に覆われて凛としたhttTörnävä kartanoという元邸宅。こちらは裏から撮ったところ。ps://x.com/kaiapoi/status/1718764057334047223?s=20
Törnävä kartano裏

正面はこちら。どうしても暗くなってしまいますが、雪景色に映えています。
Törnävä kartano正面

邸宅の敷地内にあるこの辺りでは珍しいピンク色の建物。
ピンクの建物

他にも敷地内には朴訥とした古い建物が残っています。
古い建物1

セイナヨキにはあまり古い建物は残っていないのですが、こちらも古い建物の1つです。
古い建物2

馬の像がポツンと雪をかぶって佇んでいました。雪をかぶると哀愁を増しますね。
馬の像

川の周りを歩いているので橋にたくさん出会います。
橋2

この橋を渡って右に曲がると森の小径が広がっています。
橋3

日が暮れるのがすっかり早くなったので周りがかなり暗くなってきました。
Piiri 橋2

10月の満月はハンターズムーンというらしいのですが、その翌日の月。かなり存在感があったのです。
月1

街灯なんか不要とばかりに煌々と輝いています。
月2

モノクロの写真ならその存在感が伝わりますかね。
月3

ブルーモーメント。この色が好きです。
ブルーモーメント

ウォーキングは気持がいいのですが、これからは暗さと寒さとお天気との闘いになりそうです。
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

雪を見るとテンションが上がる方も、寒そうなので勘弁してくださいという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 01:22:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
Flag Counter