fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
52位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
17位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
ヘルシンキお上りさんの旅 ~食べ物編~
Moi!

今日は終日暗い1日で、雨が降ったり曇ったり。とうとうこの季節になったのかという恐怖。気のせいであってほしいところです。最高気温は16度だったので割と暖かったのですが。

さて今週は久々にヘルシンキに2泊してきました。大切なのはやはり”食”。同じお店に行ったりもしていますが、ほら、食べられる量は限られていますから、前回食べられなかったものを試したいというのもあるのですよ。

まずは新しく開拓した(といってもTwitterで情報を得た)ベンガル料理レストラン、Rannagorに。ヘルシンキから電車で1駅のPasila駅のすぐ近くで、Googleでは高評価のお店だったのですぐわかりました。内装も中でかかっているBGMもおしゃれ。
Rannagor中

メインを選べて(私はチキンにしました)後はサラダビュッフェで自分で取るスタイル。ライスの位置づけがわからず、ちょっとだけ取ったら、メインのカレーと薄いナンブレッドがきたので後でライスは追加しました。とにかくサラダビュッフェの味つけが美味しかったです。チキンもお肉は柔らかくスープも美味しかったのですが、バターチキン好きとしてはせっかくならもう少し選択の幅が広いとなおよし、と思ったのでした。でもランチでリーズナブルなのだから文句は言えないか、ブツブツ。
Rannagorチキンカレー

とにかくたくさん歩くと足が疲れ、また喉も乾くので休憩は必須。ヘルシンキに来るとほぼ毎回来ているteemaaに。
Teemaa

今回は季節ものの栗チーズケーキと、定番の緑茶をいただきました。栗は底に仕込まれておりまして、お上品な味でございました💓お茶も緑茶は身体に染み渡る美味しさ。ホッとします。ちなみにセイナヨキでは栗はほとんど見かけません。都会は違いますねぇ。
Teemaa栗チーズケーキ

そして湯呑がかわいい。フィンランド人にはこの金魚のかわいさは伝わるのでしょうかね。
Teemaa湯呑

そして夕食に出向いたのは
Hotel Helka

↑のホテルに移転したMurasakiに。家人の元同僚、今は取引先の方も一緒に来られました。
Murasakiカウンター

とにかく小さいものを色々オーダーしました。選ぶのってセンスを問われるので責任重大でしたが、一緒に来られた人も美味しいと言ってくださったのでホッとしたのでした。もちろんどれを選んでも失敗はないのですが、和食に慣れていない人だと好き嫌いもありますしね。
Murasaki色々

秋メニューのなんと松茸の茶碗蒸し。(栗と違って)フィンランドでも松茸が採れるのですよ。これぞ秋の味覚、美味しゅうございました。
Murasaki松茸茶碗蒸し

天ぷらも色々あり、エリンギ、サツマイモ風バターッティ、茄子等お願いしました。天つゆと塩の選択あり。
Murasaki天ぷら

最後は抹茶プリンで締め。濃厚でこちらも美味しかったです。
Murasaki抹茶プリン

初日はランチの量が多過ぎたので、2日目はちょっと軽めにラーメンでも、と向かったのがHietalahtiマーケットホールです。マーケットホール(=Kauppahalli)はヘルシンキにもいくつかあり、ここもその1つ。たくさん小さなレストランが入っていて気軽に一人でも食べられるのが魅力なのです。
Hietalahtiマーケットホール

店内はこのように狭い通路の両側にお店がびっしり入っているので、ぶらぶら回って決めるのもよし。
Hietalahtiマーケットホール中2

フランチャイズのRobert's Coffeeが入っているのもおもしろいですよね。スタバが入っているような感じですかね。
Hietalahtiマーケットホール中1

7~8年ぶりに来たTokyo Street。後で聞いた話によるとオーナーが変わったとか。
”軽く”食べようと思ったのに気づけばガッツリランチになっていました。写真には見えませんがこのスープの中にはですね、チキン餃子(プリプリで美味しかった)と麺も入っていました。スープはちょっと薄味だったのでチリ投入。キャベツはなくてもよかったかも。豆腐は半分でよかったかも。(と独り言)
Tokyo Street餃子スープ

2日目も歩き疲れてたどり着いたのがこちら、Andanteです。ディスプレイの食器、かわいいなと思って眺めていたらこちら、売り物でした。
Andanteアンティーク

オーダーしたのは抹茶ティラミスとジンジャーレモンのハーブティー。
Andante抹茶ティラミス
抹茶ティラミスはしっとりして美味しかったのですが、どうも生魚の臭いが。そういえば以前義母も緑茶?抹茶?を飲んだ時に魚の味がすると言っていたのを思い出しました。検索するとやはりそう感じる人もいるし、抹茶と海藻の旨味成分が似ているのだとか。

夕食はKamppiのショッピングセンターの5階のスペインxフィリピン料理のPobreに。色合いはちょっと地味なのですが、メインの左側にあるのがチキン。これがレモングラスとかその他色々しっかり味つけされていて(私の語彙力よ…)ご飯ととても合いました。そしてインゲン。私はインゲン、味のないほぐほぐ感が苦手で避けるようにしていたのですが、この味つけはとても美味しく、こんな量を完食してしまいました。サラダもドレッシングも美味しかったです。夕食にしてはリーズナブルでこちらもリピートしたいお店の仲間入りです。
Pobre

客観的に料理だけ並べるとかなりの量を食べていておののきます。でも毎日のことではないし、たまに自分を甘やかすのもよきこと。

ということで皆様、よい週末をお過ごしください。

自分に甘い方も、時々律していますという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 01:16:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
久々の森の教会 Törnävä教会
Moi!

今日はいいお天気のようです。そして予想最高気温は18度。コートを着込んでいる人もいればタンクトップで歩いている若い子、半袖のTシャツ、短パンで自転車をこいでいる強者等色々です。でも夏の18度と違って風は冷たくやはりジャケットなど羽織物は必須かと思うのです。

さて最近ウォーキングでTörnäväエリアによく行っています。TörnäväにはTörnävän kartanoというセイナヨキを活性化に導いた事業家の元お屋敷等がある広々とした土地で、夏にはProvinssiという野外フェスティバルが開催されるエリアでもあります。ちなみにこの写真は昔夏に撮ったもの。
Törnävän kartano

このエリア、道を挟んだ向こう側にはこんな道があるのです。まさに参道という言葉がぴったりの道で、道の向こう側に小さく見えるのがTörnävä教会です。
Törnävä教会 小

車や自転車で行ったことはあるのですが歩くのは初めてかも。近づくにつれだんだんその全容が明らかに。
Törnävä教会 大

この日は朝方は結構雨が降ったのですが、お昼過ぎにはこの通りよいお天気になりました。セイナヨキではアルヴァ・アールト設計のラケウデンリスティの教会が有名ですが、地元の人は例えば結婚式とかお葬式等はこじんまりとしたこの教会で執り行うのが好きな人が多いと聞きます。まあラケウデンリスティは1000人入れるので、それをそこそこいっぱいにするのは個人レベルでは難しいですよね。
Törnävä教会正面

横から見たところ。この教会は周りは墓地だし、メインの道路から奥まったところにあるので穏やかな空気が流れているような気がします。
Törnävä教会横から

最後の写真はその前に腹ごしらえしたValkoinen puuのキーライムケーキ。柑橘系のケーキについつい惹かれてしまいます。
Valkoinen puu キーライムケーキ

ウォーキングのルートと違うところに出向くのも気分転換になってよいですね。お天気がよいとなおさら。

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

親類、お友達がたくさんいらっしゃる方も、どちらかというとこじんまりとしていますという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 14:23:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
人工の丘(山?)Jouppiに
Moi!

今日の最高気温は17度。今週いっぱいはまだ暖かい気温が続くようです。お天気は晴れたり曇ったり小雨が降ったり。

今回のウォーキングはJouppi(=ヨウッピ)という一応山とよばれていて、冬はダウンヒルスキーもちょこっとできる”丘”方面に行ってみました。池を掘って外周15キロの湖にし、その堀った土を丘に足して”山”にしたという伝説の?場所です。

こちらがラケウス(=平原)です。高い建物がないので一望できます。黄葉も進んでいるしもう少しお天気がよかったらさらによかったのですがね。
ラケウス1

こういう台はすべてジャンプ台と思い込んでいたのですが、スラローム台なのだそうです。高所恐怖症なのと、ちょっと今段差がわかりづらい状態なので行くのをためらったのですが眺めがいいというので上ってみました。
スラローム台上から

こんなところから結構なスピードで滑るってどんな気持なのでしょうかね。私は恐怖以外何物でもないのですが。
スラローム台

木々も色づいてまいりました。こちらはスキーとは関係なく、市民がエクササイズできるようにと作られた心臓破りの階段。
トレーニング

日頃鍛えているであろうメンバーたちもへたっておりました。
トレーニング後

遊具というか、小学校の校庭にあるような運動器具が新しく設置されていました。
遊具

2本のロープを新体操のように波立たせている家人。
縄

鉄棒といってもぶら下がる系が多いですね。つり革には子ども用と書かれていました。大人がトライすると膝をすりむいてしまいそう。
鉄棒

このエリアには近くにスケート場やアイスホッケー場、サッカー場もあり運動系施設が充実しています。寒いとついつい家にひきこもりがちになりますが、適度にエクササイズをしましょうという市の意図がやんわりと伝わってくる場所です。

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

日頃から心身ともに鍛えている方も、その日暮らしですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 14:44:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
芸術の秋 ~再び映画とお芝居に~
Moi!

今日は一日ほぼ曇りのお天気でした。最高気温は15度。だいぶん黄葉も進み、緑の葉っぱが黄色になってきました。

さてこの前ミュージカルを見て、Lapua 1976という映画を観たばかりだったのですが、先週末も映画とお芝居を観てきました。重なる時は重なるものでして。ミュージカルは友達が招待してくれ、映画はたまたま観たい映画の公開時期が重なったのです。映画館のWebには上映期間が明記されていないので観られるうちに見ないと上映終了になってしまうので、観られる時を見計らって。そして今回観たお芝居は2人分買えば1人分のチケット代になるという割引券をもらったので、これもいい理由ですよね。

まずは映画の紹介をサクッと。
今回観たのはフィンランドで一番有名なアキ・カウリスマキ監督の最新作、「枯葉」です。
枯葉
わたくし、アキ・カウリスマキ監督とお話したことがあるのですよ、コホン。棚からぼたもちってやつですが。
映画の中でラジオから流れてきた日本語の曲は恐らくアキ監督の家のお近くに住む日本人の方が歌われているものと思われます。(ラ・ヴィ・ド・ボエームでも”雪の降る街を”が使われていました。)
それはさておき、Toveの主演を演じたあのエネルギッシュな女優さんが見事にアキ・カウリスマキワールドに染まり、ほぼ無表情でした。
底辺で暮らす人達の様子をお涙ちょうだいでもなく、絶望を描くのでもなくごく淡々と描いているのがとてもよかったです。婉曲的な反戦の意志も伝わってきました。きっと心根の優しい方なのでしょう。

そしてお芝居は、私が最近劇押ししているPiiri地区にある、Hysteriaという劇場で上演されていたMielensäpahoittaja Iloosia Aikoja(=不機嫌じいさんの幸せな時間?)という作品。こちらが主演俳優さんです。
Mielensäpahoittaja iloosia aikoja
Mielensäpahoittajaは映画やテレビシリーズにもなっていて、このお芝居もそのうちの1つ。通常なら”幸せな時間”は”Iloisia aikoja”なのですが、このお芝居ではこの辺りの方言で”Iloosia aikoja”になっています。設定もこの辺りに住んでいる設定になっていました。そしてこの衣装、というかセーターはJussi paitaとよばれるこの辺りの地区を象徴するセーターなのです。

劇場は、私が頻繁に通っているレストラン、Verstasのお隣にあります。
Hysteria

お芝居上演前はレストランで食事や飲み物を飲んだりする人も。
お芝居上演前

座席は指定ではなかったので並び遅れちょっと見づらい位置でしたが、この通りほぼ満席でした。
観客席

舞台はこじんまりとしていますが、ドアをうまく使って場所を変更したり、ドライブのシーンはスクリーンに景色を上映したりして工夫されていました。またこのお芝居に3役こなした女優さんはレストランと劇場のオーナーの1人。チケットは家人がこの方から直接買いました。ついでにいうと、この女優さんはLapua 1976の映画にも出ていました。地方都市なので人との距離が近い。
舞台
内容はですね、ちょっと方言もあり、理解できなかったところ多数。まだまだ精進が必要です。

お芝居からの帰りの空がとても美しかったのでした。
夜空

本文とは関係ありませんが、13年前の今日、日本を発ちフィンランドに向かった記念すべき日でした。月日が経つのは早いですね。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

映画やお芝居を見る時どちらかというと前方の席に座る方も、後方の席に座る方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 02:20:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
秋晴れのキャンパスエリア
Moi!

今日はお昼に本格的に雨が降りましたが、お昼過ぎには雨のことを忘れてしまったかのようないいお天気になりました。最高気温は15度。陽が射していたので薄手のジャケットまたはカーディガンでも大丈夫なお天気でした。ジャケットは色々あるのですが、この季節はなかなか調整が難しいです。

さて最近はお天気と時間が許せばウォーキングに出かけているので写真もたまってきました。今回は少しルートを変えてキャンパスエリアを歩いたのでその風景をご紹介します。お天気がいいと写真の映え方がちがいます、やっぱり。

前日の雨の影響で川の流れは活発でした。
川

ただの水たまりなのですが、逆さ富士効果が印象的だったのでパシャリ。
水たまり

白樺の林と、太陽と、太陽が作った影と、緑の組み合わせが素敵だったのでした。
白樺

遊歩道脇には時々このようなトレーニング器具が設置されています。ちょうどストレッチ?している男性がいました。
トレーニング器具

川上ボートレストランと、キャンパスエリアをつなぐ橋。ここは車が通れないので安心して歩けます。
橋と川上ボート

以前のこのボートレストランのオーナーにいつまでオープンか聞いたところ、天気次第だと。今年は最後の最後に比較的暖かい日が続いたおかげで9月下旬でも営業中でした。
川上ボート

セイナヨキホール、学生用食堂などが入っている建物はリバービューのよい立地。
学校

橋の上からの川の風景。右側手前はアンフィシアターみたいになっていて、時々学生が語らったりしています。
キャンパスエリア川1

こちら側は川沿いに遊歩道があっていい眺め。
キャンパスエリア川2

この建物群はFRAMI(この辺りの方言で”舞台”という意味だそうです)とよばれ、中にはオフィスやセイナヨキ応用科学大学が入っています。
FRAMI

以前は歩くのは時間がかかるので避けていたのですが、時間を見つけて歩いているとすっかりはまってしまいました。
ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

晴れの日はテンションが上がる方も、雨がお好きな方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 02:47:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
Piiri地区の夜市へ
Moi!

今日は変わりやすいお天気のようで晴れたり曇ったり雨が降ったり。最高気温は15度の予報。秋はどんどん深まっていきます。

さて、先週の木曜日にPiiriという再開発地区で夜市があるというので行ってみました。何度かご紹介しているのですが、Piiriは昔は大きな精神病院だったエリアで、図書館、食堂、洗濯をする場所、教会、大きな庭等もあり一つのコミュニティーでした。今は病院の機能はなくなり、建物がオフィスに使われたり、劇場を併設するレストラン、簡易ホテル、ハンドメイドの会社がたくさん入っているアトリエとよばれる建物、保育園、またアパートなども新しく建設されどんどん進化しています。

病院って小さい部屋がたくさんありますよね。それを活かして小さい企業がたくさん入っています。エテラポフヤンマーは起業家が多い場所でもありますからね。Piiriではそんな企業のために時々イベントを行っているのです。もちろん私達もそれを楽しんでいます。夜市もその一環で、誰もが出店することができますが、Piiriにオフィスを借りている場合は出店料無料という特典もあったようです。

この日は9月下旬にしては暖かく、そしてお天気にも恵まれました。こちらがPiiri地区の入り口です。手前の黄色い建物は新しくできた小学校。
Piiri

夜市が見えてきました。まだ夜じゃないんですが19時頃だったのでまだ明るかったのです。
Piiri夜市全体

想像以上にこじんまりとした夜市ですが、地方都市ですからね、知り合いも何かしらいるのですよ。家人がポールダンスのクラスを売り込んでいる女性と話し始めた時は??となったのですが、どうやら以前ジムでパーソナルトレーニングをしてくれた人だったようです。ちょっとびっくりしました。
Piiri夜市1

出店していた知り合いの人と話をしていたら、出店者同士も居心地がいいし、お客さんも適度に来てくれて楽しいと言っていました。小規模な会社はメインはWebで販売。直接お客さんに売るチャンスはなかなかないですしね。
Piiri夜市3

Piiriのクリスマスマーケット
に加え、今年はIsokyröカウハヨキのイベントにも行ったので、そこでも出店している人と顔なじみになったお店もいくつか。
Piiri夜市 2

これはハチミツを売っている会社。ポールに抱きついている蜂がかわいい。
Piiri夜市 ハチミツ

春巻などを売っている屋台もあり、ここでゆったり話ができるスペースも設けられていました。
Piiri夜市 休憩コーナー

この建物の中ではDJがこじゃれた音楽を流してくれていました。建物の前には子どもが遊べるグッズが無造作に置かれていてこの緩さがいいのですよね。
Piiri DJ

こちらの建物も開放されていて、古着を売っていたり、ジャムを売っていたり等。
Piiri夜市建物の中

日が暮れてからの入り口もちょっとしたひと工夫。気合は入っていないけど緩~く、がいいのです。
Piiri夜市建物入口

この建物にはG-moodiという木を加工した製品を売っているお店と、前々から気になっていたPisteというブランドがお店を出していました。
Piste入口

pisteというのはピリオドという意味。シンプルだけど色々な意味にもとらえられるデザイン。母娘でやっているようで、カウハヨキのイベントでちょっと話をし、すっかり顔なじみに。ちなみに昨日も会って少し話をしたのでした。
Piste Tシャツ

クリスマスマーケットに比べると雑貨類も増えてきていました。シンプルで好き。
Piste雑貨

こちらはG-moodiの作品。例えばこのキリン、センチが刻まれていて、子どもの身長を測ることもできます。
G-moodiキリンとクマ

G-moodiもどんどん製品が増えていて見ていると楽しいです。この会社、看板を作るのが得意なので、特にPiiri地区の会社はG-moodiに発注したと思われる看板やサインがあちこちで見られます。
G-moodiフクロウとウサギ

これはゴミ分別用のサイン。アイディアですね。
G-moodi分別表示

一通り見て回ったらすっかり日が暮れていました。
夕暮れ

本格的な夜市を実行しようとするとお金もかかるし、マーケティングで人を集めなければなりませんが、こういった手弁当的、でも来た人を少し和ませてくれるぐらいの小規模イベントがこの土地に合っていて心地よいなと思ったのでした。結局何も買わず冷やかしだったなと思ったのですが、そういえばクリスマスカードを3枚買ったのでした。心にとめておいてまた必要なものがあれば購入することにします。

ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

お店の人と気軽に会話する方も、どちらかというと気配を消して買い物したいという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 17:37:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
久々のランチビュッフェ Verstas
Moi!

今日はほぼ曇り、たまに晴れだったのですが気温が予報通り20度まで上がりました。車では久々のエアコンがかかりました。明日も21度まで上がり、その後緩やかに気温は下がっていきますが、最低気温は10度前後が続きそうです。今週の月曜は0度だったのに、どうなっているのでしょうかね。

さて、先日久々にランチビュッフェの美味しいレストラン、Verstasに行ってきました。前回来たのはたぶん夏休み前なので6月とか?その時は工事関係者も多かったせいか11時(フィンランドのランチは一般的には11時開始)過ぎるととんでもない長い列ができていました。最近はそんなに混むことはなく、ホッとしています。ちなみにこの後ほぼ満席になりました。
Verstas中

盛り方が今一つなのですが、今回もビュッフェ、美味しかったです。
サラダは刻んだ更に加え、塩気のあるオリーブやアーティチョーク、そして美味しかったのは人参とパプリカのマリネ。
野菜のオーブン焼きにはブロッコリーニも入っていたし、大きなブロッコリーもあり、家人によるとそれもホクホクだったとのこと。
日替わりのメインはチキンのパルメザンチーズにマンゴーとコリアンダーサルサソースがけ。左の真ん中に見えているのはマンゴーです。まさかマンゴーそのものを使うなんて。もう1つのメインはフェタチーズとミニトマトのオーブン焼き。
Verstasビュッフェ
シェフの方を呼んでください、と言いたくなるほど美味しかったです。

個人的に思うのですが、多くのお店はいつも同じメニューを出して、いつものお客さんに来てもらえたらそれでいいというスタンス。実際のところ、味に保守的な人も特に地方だと多いですしね。でもここのビュッフェはサラダビュッフェでさえも変化し、メインの食材も組み合わせも色々チャレンジしていて頼もしい限り。メニューを作る人、ずっと辞めずにここで働き続けてほしいです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

ビュッフェでしっかり元が取れる方も、なかなか元が取れるほど食べられない方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 00:31:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
クオルタネ散歩
Moi!

昨日の夕方から時折激しく降った雨は朝方まで続きましたが、午後になってからいいお天気になりました。最高気温は14度。若干風は強かったものの外を歩くのには気持よかったです。

そう、暇を見つけてはウォーキングを心がけている今日この頃ですが、少し前に家人がセイナヨキから車で45分ほど離れた隣町クオルタネに整体に行った時、待ち時間に周りをウォーキングしてきたのでした。いつもとは違う風景を楽しむことができたのでおすそ分けです。

フィンランドでは着々と黄葉が進んでおります。
クオルタネ 黄葉

前日降った雨のため川は結構荒れているところもありました。川の流れはせせらぎというより轟音。
クオルタネ 川の流れ

こんな階段があって川の近くに降りることができました。
クオルタネ 階段

川の近くに行けるちょっとした場所。魚釣りだと釣り糸を投げる時に木に引っかかってしまいそうですが💦
クオルタネ 紅葉

9月上旬だったのでまだ緑の部分が多いです。
クオルタネ 緑1

こんな角度から川を眺めるのもよいものですね。
クオルタネ 緑2

少し荒ぶっている川。
クオルタネ 急流

橋はこんな感じです。
クオルタネ 橋

フィンランドに来て初めて見た公衆電話ブース。でも中には公衆電話はなく、聞くところによるとここで(釣りの?)料金回収の役目を果たしているのだとか?ちなみに少なくとも2010年にはフィンランドでは公衆電話はもうありませんでした。
クオルタネ 公衆電話ブース

川べりでちょっとした休憩ができる屋根付きの小屋。このふもとで釣りをしている人もいました。
クオルタネ 小屋

なんとなくジブリ映画に出てきそうな、昔稼働していた会社の看板。
クオルタネ Sarvela Oy

用水路というほどの立派なものではありませんが、前日の雨の影響で水が若干溢れていました。
クオルタネ 水たまり

なぜか1本だけ突き抜けて高い木がそびえ立っていたのです。
クオルタネ 高い木

これがラケウス(平原)です。空、広いですよね。
クオルタネ ラケウス

イラストのうまい人がいるようで、牛小屋らしきところに描かれていた絵心ある牛の絵。でもちょっと足が大きい?
クオルタネ 牛のイラスト

そんな感じで自然の風景を楽しみながら(そして迷わないように注意しながら)ウォーキングしたのでした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

絵心がある方も、心にあるものをイラストにすると何か別の物体になってしまうという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 01:32:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
久々のLapuan Kankuritへ
Moi!

今日は曇っていたのですが、お昼過ぎから雨が降り始めました。最高気温は16度。昨日の快晴はどこにいったのでしょうかね?そして昨晩はオーロラがフィンランドの各地で見られたようです。私は2度外に出て北の空を確認したのですが、それらしきものは見えませんでした。どうやらタイミングが悪かったようです。

さて、先週、夏以来久々にLapuan Kankuritに行ってきました。ヘルシンキのお店も素敵なのですが、広々としていながらも統一感あるラプアのお店はいつ行っても落ち着きます。店内はすっかり秋冬カラー。寒い季節でもこのような暖色ブランケットに包まれたら乗り越えられるような気がします。
Lapuan Kankuritブランケット類

これはフィンランド独立100周年の年にパリでフィンランド製品をアピールするために作られた小屋。そのうちの2つ引き取ってお店に置いているそうです。なんとこちらは試着室。こんな心地よい試着室なら出たくなくなりそうです。ベッドもありますからね。危険。
Lapuan Kankurit試着室

手前はLapuan Kankuritのヒット商品、ポケットショールの新色、そして正面に見えるのは元マリメッコのデザイナーで、SamujiのデザイナーだったSamu-Jussi KoskiとLapuan Kankuritのコラボ製品です。
Lapuan Kankuritポケットつきショール新作カラー

こちらはTöölöというシリーズ。ヘルシンキ在住のSamu-Jussi Koskiはシリーズの名前にはすべてヘルシンキの地区の名前をつけているのだそうです。
Lapuan Kankurit Samu-Jussi新作
ブランケット、スカーフ、タオルの他にもサウナの後などに着るのにぴったりなバスローブやラウンジウエアも販売予定だそうです。

このブランケットも暖かそう。
Lapuan Kankurit新製品

ラプアのお店には通常製品に加え、セカンドクラスの製品や廃番製品もリーズナブルな価格で売られています。特に今回はサウナ用のバスタオルの廃番製品が豊富でした💓

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

暖色系がお好きな方も、寒色系がお好きな方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 00:10:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
お芝居”Niin kuin taivaassa”の観劇
Moi!

今日は久々に雲一つない素晴らしい秋晴れでした。ただ朝は1度。ダウンジャケットを羽織ってちょうどよいぐらいでした。最高気温は14度。お天気だったのでそれだけでよしとします。

さて芸術の秋。実は週末映画を観たのですが金曜日にはNiin kuin taivaassa(=まるで天国にいるかのように)というミュージカルの身内向け初演を観てきました。音楽の先生をやっていて、またコーラスグループにも所属している友達がこのお芝居に出ていて初演チケットが余っているからと声をかけてくれたのです。

アルヴァ・アールト設計の劇場。椅子が革張りでなおかつフカフカなのですよ。400名強の座席もほぼいっぱいでした。
Niin kuin taivaassa

このミュージカルはスウェーデンで大ヒットしたお芝居で、フィンランド国内ではヘルシンキに次いで2番目に上演することになったそうです。ストーリーは世界的な有名な指揮者が病気のために生まれ故郷の小さな村に戻り、地元のアマチュアのコーラスグループを指導することになり、その中の女性とも恋に落ち…というストーリー。

セイナヨキ市立劇場の60周年記念ということで役者さんだけでも20名が出演、それに友達の所属するコーラスグループ、そしてオーケストラもフィンランド国内の中でも大人数の参加で実に46名が舞台にいるとのこと。

フィンランド語が時々追えないところなどもありましたが、ストーリー自体はシンプルなので助かりました。歌はスウェーデンポップで明るい曲が多く、今でも耳に残っています。

ちなみに主演を務めるのはヘルシンキのPeter Nybergさん。南フィンランド以外でのお芝居は今回が初めてのことなのだとか。私自身はお芝居はそんなに頻繁に観ている訳ではないのですが、特に地方都市だと劇場の規模も役者さんの数も多くないので”貸し借り”は普通にあるようです。恐らくオーケストラも。それでも60年も市に劇場が文化として根付いているのはすごいことだと思うのです。

以前フィンランド人に日本では特に地方都市では劇場はあまりないと伝えたら”では演じたい人はどうしているの?”と聞かれ答えに詰まったことがあります。実際のところそういう人はどうしているのでしょうね?

こちらは劇場のチケット売り場、そしてその隣ではアールト関連のグッズが売られています。
劇場

お芝居が始まる30分前に着いたので1階のロビーはそんなに混んではいませんでしたが、右側の部分にあるクロークにコートを預ける人や
劇場ロビー

レストランでお茶する人等もいました。
劇場レストラン

ホールは2階にあり、こちらでも軽食やお酒類を楽しんでいる人もいました。お芝居の休憩の時間はかなりの人でいっぱいで、ここがセイナヨキ?と確認したくなるほど。
劇場2F 1

入口横には役者さん達のかっこいい写真が展示されていたのでした。
劇場2F 2

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

芸術の秋を堪能している方も、秋という前に暑さが…という方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:29:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
地元で人気の映画、Lapua 1976
Moi!

今日は最高気温は11度。お昼に少し晴れ間が見えましたが、ほぼ曇りのお天気でした。これから週末にかけて気温は上がっていくようなので、それはちょっぴり期待してしまってもいいのでしょうかね。

さて、週末は久々に映画を観に行きました。見たのはこちら、”Lapua 1976”です。
Lapua 1976

フィンランド通の方ならラプアンカンクリというテキスタイルブランドで、名前に馴染があるかもしれません。そう、そのラプアンカンクリの本社があるのがラプアという街で、セイナヨキから車で30分で行けるお隣の街です。

1976年にラプアの弾薬工場で大きな爆発事故が起こり、それを題材にした映画がLapua 1976という訳です。家人はその事故が起きた時セイナヨキからでも、外にいて建物が揺れるのを見、爆発音も聞こえたのだそうです。この事故では40人が亡くなり(うち35人が女性)100人以上が負傷というフィンランドの歴史に残る大惨事だったとのこと。

監督のToni Kurkimäkiさんはラプア出身。フロアーボールの試合がセイナヨキで行われる時はDJもされていたので(私が移住後数年でDJは辞められましたが)私も面識があるのです。12年前にセイナヨキからラプアに引っ越しした際に、ラプアのこの痛ましい事故に関する映画を作りたいと思うようになったそうです。まずは弾薬工場に勤めていたお父さんに質問することから始まりました。それまではお父さんはこの事故のことは何も語っていなかったとのこと。確かにこのような惨事について気軽に話できるものではありません。なんというか、事故の記憶が生々しい時に作るのは難しかっただろうし、逆に証言者が少なくなってから作ると、それはそれで難しいでしょうし、今回はいいタイミングだったのかもしれません。

映画自体はラブストーリーを軸に爆発事故の日が刻々と迫っていくという展開。
実際の爆発の様子はCGですが、爆発した後の燃え盛る廃墟のシーンはラプアのTiistenjokiの青少年センターが所有する更地に150トンの建設廃材を持ち込んで撮影。工場のシーンは、もともと工場があり今は図書館、映画館、博物館そしてラプアンカンクリのショップもあるVanha Paukkuがメイン、一部セイナヨキで撮影されたとのこと。見覚えのある場所が出てきたり、喧嘩のシーンが出た時は”あいつらはKauhavaのやつらだから”(=血気盛んな人が多いところ)とか”ラプアにいたら噂なんてすぐに広まってしまう”等地元ネタで笑いも取っていました。工場のCEO役はHannu-Pekka Björkmanさんで、エテラポフヤンマーのイルマヨキの高校を卒業した名優が演じていたのもよかったです。

9月1日の公開から2週間経ちましたが、週末は1日に5本ぐらい上映しているにも関わらず私達が観に行った回はほぼ満席でした。エンドロールまでしっかり見ていたら(フィンランド人はエンドロールが始まるとほとんどの人が帰るのです)、映像関連の仕事をしている友達の名前もありました。他の地区での人気はあまりないかもしれませんが、リアルな映像にこだわった見応えある映画で、哀しいだけではない、事故に巻き込まれた人たちの生活も丁寧に描かれた良作でした。

エンドロールまでしっかり見た後だったので映画館のエントランスにあまり人はいませんでしたが、開始前はたくさんの人で賑わっていたのです。
Bio Rex

映画の余韻に浸っていたらちょっとテンションが違うバービーのカメラスポットが。
バービー

アキ・カウリスマキ監督の”枯葉”も公開になったのでこちらも観に行く予定です。通常の映画は上映期間も上映回数も短いので見逃さないよう近々行かなければ。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

映画のエンドロールは最後まで見届けたい方も、周りの人に合わせていますという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 00:06:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
セイナヨキ発ブランド、Ehea Livingのランプ
Moi!

天気予報は裏切りませんでしたねぇ。最高気温が14度でした。さらに明日の最低気温が0度に見えるのは何かの気のせいでしょうかねぇ。幸い今日は晴れ間も見えたので救われた日でした。半袖で歩いている人もいましたけども…9割の人はジャケット羽織っています。

さて、9月13日から17日までからヘルシンキではHabitareという家具、インテリア、デザイン関連の大きな展示会が開かれ、会場は賑わっていると思われます。今回はそこに初参加しているセイナヨキ発のブランド、Ehea Livingについてご紹介します。

Ehea LivingはTiina Roosさんが立ち上げたブランド。2020年の終わりにTiinaさんは森に行って2~3本のレンガのパイプを持って帰ったことからストーリーが始まります。そのレンガのパイプは1940年代から1970年代までにTiinaさんの旦那さんのお父さんの工場で作られていたもの。初めはそれをどうにかして活かせないかと考えていたのですが、結局それにインスピレーションを得てそのレンガのパイプのような形のランプを作ることにしたそうです。

それがこちら。
Ehea Living Teo Lamp
出典: https://ehealiving.com/
立てて使ってもよし、横に寝かせて使ってもよし、また吊り下げることもできる優れもののランプ。色は白、黒、赤、緑の4色展開。

アイディアを思い立ったのはちょうどコロナ感染のピークの時。不幸中の幸いとでもいおうのでしょうか、その当時新製品の開発に対して国から補助金が出ることを知り、プロジェクトが進み始めました。ヘルシンキ在住のデザイナー、Jukka JokinenさんとHeikki Konuさんの力も借りてお義父さん、Teodorの名前を冠したTeoランプが完成したのです。

このランプの形は旦那さんの家族からインスピレーションを得ていますが、Tiinaさんのお父さんも柱時計というのでしょうか、装飾の美しい大きな時計を製作していて、ハンドメイドにはTiinaさんも昔から興味があったそうです。この2つの家族のつながりが製品の根底にあるのだそうです。

このTeoランプは去年の冬にストックホルムの国際家具見本市でデビュー。製品は国内のみならずスウェーデン、中央ヨーロッパからもオーダーが入っているとのこと。ちなみになんとイギリスのVogueにも紹介されました。

まずはランプが完成したので、これから次の製品の制作に取り掛かるとのこと。今後の製品も楽しみです。
フィンランド語ですが、HabitareのEhea Livingの紹介のページはこちらから、またWebはこちらからどうぞ。

新しいものをただ創り出すのではなく、伝統的なものを活かしながら次の世代につないでいくというのは素敵な考えですね。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

創造力がある方も、手先の器用な方も、残念ながらそのどちらも持ち合わせておりませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ








テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:33:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
久々のリス
Moi!

今日は予報通り最高気温は16度に下がりました。午前中はちょっと曇っていたのですが、夕方になっていいお天気になりました。晴れてはいましたが、風はかなりひんやりしてきました。9月も中旬ですもんね。

さて今日は久々のリスの登場です。庭でも時々見かけるのですが、とにかくすばしこくてカメラを構えてもなかなかいい写真が撮れないのです。特に冬の間は柵の中にエサ箱を設置するのをやめたのですっかり写真を撮るのを諦めていました。でも雨どいなら撮りやすいかも。
リス1

時々顔を持ち上げる姿がかわいかったのです。
リス2

こういう時は動画がわかりやすいですよね。ということで撮ってみました。


果たして雨どいにはたくさん食べ物があったのでしょうかね?

段々気温が下がると屋根の上にも霜が降りて真っ白になるのですよね。ふとそんなことを思い出しながら屋根を眺めたのです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

シャッターチャンスを狙うのが得意な方も、いつもなぜかズレてしまうという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:57:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
さよなら夏の日、そして放牧開始
Moi!

今日は今年最後の夏の日です。最高気温は21度。でもこれ以降20度以上になることはありません。なんなら金曜日の最低気温、4度ですからね。さよなら、夏の日なのです、今日は。ウォーキングには半袖で行きましたが、風が結構冷たかったです。半袖の外出もしばらくさよなら。

それもそのはず。木々は着々と紅葉体制に入りつつあります。
紅葉

全部、という訳ではありませんがこの木なんかも知らぬうちに黄葉が始まっています。
黄葉

太陽もこう、力なくそしてもう高くには上がれないと宣言しているかのよう。
木の間から顔を覗かす太陽

忍び寄る秋を受け入れ、楽しむ季節になったようです。
木漏れ日

カモもやがて私達を置いて暖かいところに渡っていくのですよね。
水際に佇むカモ

さてタイトルにある放牧、なのですが、いつものウォーキングコースを歩いていたら羊が6匹、緑のエリアに放牧されていたのです。
羊1

え?何かのイベント?でもここには柵なんてなかったはず。
羊2

というかここは近所の小学生達がクロスカントリースキーをしていたところ。そして正面の建物には普通にオフィスが入っているのです。
クロスカントリースキー3

ウォーキングの帰りに写真を撮ろうと思ったらエサをくれる主がやってきたのかと勘違いして羊たちがわらわら寄ってきました。
羊3

すまないね~、エサを持っていなくて。当てが外れて行き場をなくした羊がしょうがなく水を飲んでいました。


それにしてもこんなところに羊を飼うとは発想の自由さにびっくりしたのでした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

自由な発想が得意な方も、何かと保守的ですのでという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:02:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
心惹かれるムーミンシリーズのバッグ
Moi!

今日は曇りがちでしたが、少し晴れ間も。最高気温は21度でしたが、風がだいぶん肌寒くなってきました。

さて今日はスーパーで見かけたムーミン関連のバッグを紹介します。
これ、めっちゃかわいいはにかみ具合とか雑そうに見えるデッサンとか。
スティンキーバッグ
セールになっていたので家人に”買ったら?”と勧められたのですがぐっと我慢しました。
エコバッグ、たくさん持っているのですよね。しかもかわいいんだけど、おしゃれなマリメッコのロゴバッグに比べると持って歩くにはちょっと勇気が要るというか。

こちらのビニール製のバッグも新しいデザインが出ていました。私は特に下の寂しそうなやつが好み。
ムーミンバッグ
このサイズのバッグは大きなものを運んだり、公衆サウナに行くときなどに便利。中身が丸見えになるので車で移動するときに主に活躍します。

ところで友達にお土産やプレゼントを買う時ってついつい自分の好みのものをあげたくなりませんか?私の場合、かわいいバッグを見るとプレゼントにいいかも?という思いがよぎるのですが、いやいや皆エコバッグは家にたくさん持っているはず、と言い聞かせながら買うのを思いとどまっています。やっかいなのはセール品や期間限定品。昨日はIittala直営店がほぼ全品25%オフの日だったようで、前泊先に向かっている家人から買うものはないか連絡がきました。Oiva Toikkaのバッグ、かわいいのですが既に1つ買っているのでこれも断念しました。プレゼント選びはなかなか難しいです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

プレゼント選びが得意な方も、いつも頭を悩ますという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

日本へのお土産 | 00:29:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
郵便物の配送
Moi!

今日は幸い21度まで気温は上がったものの、終日灰色の雲でした。そうなるとテラスに置いて自然乾燥していた洗濯物も乾かなくなり、日が落ちたら室内に移動して乾かすことになります。こういうのを目の当たりにすると決定的な季節の移ろいを意識せざるを得ません。

さて、フィンランドの郵便局、Posti。送料はすごい勢いで値上げ、普通郵便が届くのに時間がかかったり(私は悪いタイミングに当たり、セイナヨキ→ヘルシンキに2週間かかった)、受取を最寄りのスーパーを指定するも遠い場所に届いたり、まあ色々悪評が高いです。そしてその悪評の高さ故に(?)競合他社も少しずつ増えてきました。

一方で荷物を送る際も受け取る際も近くのスーパーを利用できる(=土日も開いている上に営業時間も長い)ようになったし、アプリも割と便利で、苦戦しているけれども次の戦略を考えながら進んでいっている印象があります。

そして去年ぐらいに配達が現在の週4回から週3回になることが承認されたというニュースを見かけました。そしてこの度のPostiの告知によると、9月から少なくとも私の住んでいるエリアでは配送が月水金の週と火木の週が交互に繰り返されることになったとのこと。確かに以前は郵便が届くのはいつも(フィンランドの一般的な終了時時刻)16時を回ってから。時には17時を回って見かけたこともあります。一方今週見かけたのは14時半頃。届けるエリアが半分になったことで効率的に回れるようになったようです。ひいては少ない郵便物を広い範囲に週に4日配送していた時に比べると、この変更は環境にもやさしい対応とも言えます。

実際のところ請求書類はほとんど郵便で届くものはなく、送付してもらっている新聞も結局電子バージョンで読んでいるし、荷物受取通知もアプリで。配送回数が減ってもほとんど影響がないのが現状です。もちろんPCやスマホを持たない高齢者にとっては不便かもしれませんが。

とにかく人口密度の低いこの国ではこのように削減できることは削減していかないといけない時代になっているのかもしれないと思ったのでした。

荷物を送る時も受け取る時も最寄りのスーパーで、このロッカーを使ってやりとりできます。わざわざ郵便局に行って長い行列で待っていた時のことを考えると随分楽になりました。
Postiロッカー

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

実はお手紙好きという方も、郵便局を利用することは滅多になくなりましたという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:06:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
森の中
Moi!

今日も気持のよいお天気で、最高気温はなんと23度。暑くもなく寒くもなく、風も強くなく最高のお天気です。なお、この暖かい気温は来週の火曜日まで続き、その後は坂を転げ落ちるように以下自粛。まあね、人間が気温に合わせて適切な服装を心がければいいのですよ。

今日は家人は友達に誘われてアメフトの試合を見に行きました。どうやら今日の試合は優勝決定戦で、セイナヨキのチームがポルボーのチームと対戦するようです。家人が出かけてしまったので私もウォーキングに行くことにしました。

お天気がいい日の森の中は、鬱蒼とした木々と、その間から射し込む光のコントラストがきれいなのでお気に入り。光が射し込んでいるところはスポットライトを浴びているよう。
光と影1

森が川沿いであればなおよし。川のせせらぎを聞きながらウォーキングできる醍醐味を味わえます。
小さな滝

木漏れ日を反射した葉っぱがキラキラしていて、でも秋の光はどことなく儚げでその佇まいも好きです。
木漏れ日

まだ少しベリーも。ベリーの色って青にしろ、赤にしろ、このオレンジにしろ緑に映えますよね。
ベリー

この川沿いの遊歩道、腐葉土というのでしょうか、弾力があって一歩ごと足を優しく包んでくれるような柔らかい土なので歩いていると心地よいのです。そして何かに導いていくような木漏れ日。
光と影2

水面もキラキラしていました。
水面

この森、結構倒木があるのです。
倒木1

この木も斜めに倒れています。
倒木2

よく見ると木に垂直に枝がはえているのです。
倒木の枝

ああ、ここでもバッキリ折れていますね💦
倒木3

この光と影のコントラストも神秘的で好き。
光と影3

誰かが作ったのか、それとも自然にこうなったのか不明ですが、森の真ん中にぽつんと木のアートがありました。
木のアート

この木も垂直に枝が延びています。そして低くて光の鈍い太陽。
木漏れ日と枝

川は流れが激しいところもあればこのようにゆったりしているところも。
川

この木は切り倒したものかもしれませんね。
倒木4

森の中も時々落ち葉が舞っていましたが、木々が秋に向かって少しずつ色づき始めています。
黄葉

地面の彩も華やかになってきました。
落ち葉

ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

秋の訪れが待ち遠しい方も、まだもう少し夏が続いてほしいという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 00:14:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
図書館での本の交換
Moi!

今日もよいお天気に恵まれ、最高気温はなんと22度まで上がりました。金曜日ということもあり、心なしか人々の表情も明るかったような気がします。

さて先日図書館に行ったら子どもセクションのカウンターにたくさん本が載っていました。一緒にいた人が無料だからと1冊持って帰っていたので、私も時間があった時に改めてちょっとのぞいてみました。おもしろそうな英語の本があったのでいただくことに。一応司書の方にここにある本を持って帰ってもいいかと声をかけたところ、”持って帰っても、持って来てもらってもいいですよ。”と。
図書館では時々古い本を安く払い下げているのでその一環と思いきや、カウンターにある説明を直訳すると”交換デスク”。つまり自分が不要になった本を置いて行ってもいいし、興味がある本があれば持って帰っていい、そういう場を提供してくれているのでした。
アールト図書館 本交換用デスク

数ヵ月前に家人と一緒に断捨離した時、かなり本を処分したのですよね。古い本そして場所を取る辞書は当時の働きに感謝しつつゴミ箱に、比較的新しいのは赤十字に寄付。また私の日本の小説などは友達にあげたり、ヘルシンキのMuji内にある本屋さんで物々交換のコーナーがあるのでそこに置いてきたり。

最近私が購入する本はもっぱら日本の電子書籍ばかり。しかも日本語の本の需要は地元ではかなり限られていますが、おもしろかった小説、でも手元に置いておくほどでもないものを他の興味のある人に譲ることができたら素敵だろうなと思ったのでした。

最後の写真はアールト図書館の子どもセクション。子どもに合わせて家具も小さいものが使われています。
アールト図書館子どもセクション

読書の秋がやってきました。

ということで皆様、よい週末をお迎えください。

本棚がついつい溢れてしまいがちな方も、定期的に見直しをしている方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 02:49:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
スーパーボウルに行ってきました
Moi!

今日は予報通り最高気温は19度でよいお天気でした。ただ19度といっても風は秋らしくなってきたので8月のように半袖1枚では肌寒い感じです。

さて今日はスーパーボウルに行ってきました。
といっても大型ショッピングモール、Ideaparkの中に新しくできたサラダのお店です。

数ヵ月前にオープンし、気になってはいたもののなかなか行けず。というのがお店がオープン過ぎて食べているところが丸見えなんですよね。そして座る場所も少ないというのもあり、どうも落ち着いて食べるというよりテイクアウトを意識したお店なのでしょうかね。
スーパーボウル

今日はたまたまIdeaparkに向かう途中でResQというアプリで、廃棄に至る前の恐らく半額で売られているヴィーガンヒーローというサラダを購入してみました。
スーパーボウルサラダ
約半額で6.9ユーロ(≒1090円)。うーむ、素材はヘルシーさを意識したものばかりだと思うのですが、味の統一感がないというか。これでランチビュッフェと同じ価格ならそちらの方がいいかなと思ったのでした。わさびサーモンサラダもあり、それはなかなかよい組み合わせかも。ただ私の場合魚介類はあまり得意ではないのでサーモンの質によりますけど💦後、寒くなるとサラダだけだと体が冷えそうな心配も。このお店、いい場所にあるのですが果たして生き残ることができるか?生ぬる~く見守りたいと思います。そして新しいレストランはResQでお試しが効率的だと今回改めて思ったのでした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

ついつい厳しい意見を言ってしまいがちな正義感にあふれる方も、まあそんなに目くじら立てなくてもという穏やかな志をお持ちの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 00:00:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
カウハヨキのフードフェア
Moi!

今日は朝から気持のいい晴れのお天気でした。ただ最高気温は15度。朝は8度。幸い起きたら暖房が入っていました。まあ10度以下でしたからね。そして明日からまた少し暖かくなるのでもう少し夏の名残というか初秋を楽しみたいと思います。

さて週末はエテラポフヤンマー地区にあるカウハヨキという街で行われているフードフェアに行ってきました。これも毎年恒例のイベントながら微妙に遠いのでなかなか行くチャンスがなく、2010年に移住して初めて行きました。ちなみにエテラポフヤンマー地区にはカウハヨキとカウハヴァがあり、慣れるまでよく混乱していました。今でも自分でカウハヨキと言っているつもりがカウハヴァと言っていることも。単語の前半しか覚えられないとこういう混乱が起きてしまうのです。

この辺りでは食品関係が主力産業ということもあり、食品関連だけでも約60の会社や団体が出店。他にもマシン関係やサービス、雑貨系のお店も出店していました。
カウハヨキフードフェア 看板

こちらが入口。入場料は12ユーロ(≒1900円)。Isokyröのイベントは2ユーロだったのでちょっと驚いたのですが、こういうイベントは入場料をしっかり取られるところが多いです。設営などにもお金がかかりますからね。
カウハヨキフードフェア 入口

大きな敷地で建物の中に出店しているお店も結構あり、広々とした庭ではお茶を楽しむ人達で賑わっていました。
カウハヨキフードフェア カフェ1

野外の出店はIsokyröと雰囲気が似ています。
カウハヨキフードフェア 野外出店1

Isokyröは雑貨系がメインで、こちらは食品系。結局財布の紐が緩みやすいのは後者の私達。また家人のお客さんも潜在顧客も含めて何社か出店していたので近況を聞いたり、売り込みをかけたり、はたまた新製品をいただいたり。
カウハヨキフードフェア 野外出店2

子どもも楽しめるように動物セクションもありました。
カウハヨキフードフェア 動物セクション

例えば羊とか。
なお、プライバシー保護のためモザイクをかけております。
カウハヨキフードフェア 羊

もう少し大きなイベントだとお約束巨大トランポリンがあるのですがね、こちらにはミニ滑り台がありました。
カウハヨキフードフェア ミニ滑り台

子ども用の車がトラクターというのがさすが地域性が出ていると感心したのです。子どもの憧れ?
カウハヨキフードフェア トラクターのゴーカート

このカフェはセイナヨキにもあるHanna ja Kerttuの親会社が出店していたもの。もともとカウハヨキの会社なのです。
カウハヨキフードフェア カフェ2

巨大なテントにも多くの企業が出店していました。初日の金曜日は雨だったそうで、雨は防げたものの客足が伸びなかったそうです。代わりにこの日は多くの人出があり出店者も喜んでいました。セイナヨキの会社も何店か見かけ、ちょっと話したりする地方都市あるある。
カウハヨキフードフェア テント内

巨大テントの奥ではちょうど料理のプレゼンのイベントが行われていました。手元が鏡で見えますよね。
カウハヨキフードフェア テント内料理中

カフェの他にハンバーガーのお店も出店していたので牛肉のハンバーガーをいただきました。バンズはグルテンフリー対応のもの。美味しくいただきました。
カウハヨキフードフェア Herefordハンバーガー

↑の会社はカウンターの上に置かれている肉の缶詰をセイナヨキ市内でもいくつかの自動販売機で売っています。
カウハヨキフードフェア Hereford

この日はハチミツ、パン、キノコを配合したうま味塩、便利なキッチングッズ、そしていくつかのいただきものをゲットして帰途についたのでした。そして幸いフードフェアが終わった後に大雨になり、出店者も、そして私達も難を逃れたのでした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

地名を覚えるのが得意な方も、どちらかというとなかなか覚えられない方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 00:46:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
ImatorankoskiとScandic Imatra Valtiohotel
Moi!

今日は朝から雨が降り始め、最高気温が12度という肌寒さを通り越して寒いお天気でしたが、夕方になって晴れてきました。明後日から20度前後のお天気に戻るようなのでホッとしています。

さてイマトラの旅について長々と綴ってきましたが今回宿泊したホテルと、近くにあるImatorankoskiという急流について書いて終わりにします。

まずはスーパームーンと共にご紹介したお城のようなホテル、Scandic Imatra Valtiohotelから。もともとはこの建物の前に建てられたのは木造のホテルだったそうです。最初の部分が1871年に、そして別館が1893年に建てられ、当時はロシア人やドイツ人がこちらに魚釣りや観光目的で訪れて泊まっていたそうです。残念ながら火事で焼失してしまったのでGrand Hôtel Cascadeという名前で1903年に新しいホテルが建てられました。戦時中は病院として使われたこともあったようです。1982年に大規模な改修が行われ、会議室部分も加えられ今の形になったそうです。所有者は幾度かの変遷を経て今はスウェーデン系列のScandicが所有しています。
Scandic Imatra Valtiohotel

このホテル、裏に急流が流れているし、庭も広々としているのですよ。
Scandic Imatra Valtiohotel

こちらが庭の一部。すみません、ホテルの建物を一緒に撮らなかったのでちょっとホテルの庭っぽく見えないかもしれませんね。
Fortum公園1
ちなみに部屋はですね、広いのはとてもよかったのですがね、残念ながらトイレットペーパーホルダーが壊れた部屋に当たってしまったのと、シャワールームがドアを閉めても床に水がしみ出す構造のものでちょっとストレスでした。たまに古いホテルであるのです。ドアでしっかり遮断したり、床に傾斜をつければそんなにがっつりと浸水はしないと思うのですがね。トンボが備え置いてあるのですが事前に浸水を防ぎたい!もしくはバスマットを2枚置いてくれるとかしてほしい!というのが私の望みでした。

気を取り直して別館のロビー。天井が高くて大きな窓からは自然豊かな森が見え、ゆったりとした時間が過ごせます。
Scandic Imatra Valtiohotel別館ロビー

本館と別館の廊下には大きな写真がいくつもかかっていたのですが、どうも日本の風景なのです。紅葉、桜、石灯籠など。ホテルの人にちょっと聞いてみてもはっきりした答えは得られなかったのですが、何か所縁があったに違いありません。
Scandic Imatra Valtiohotel廊下

廊下の真ん中にもソファが。家人を待つ間スマホの電源がなくなりそうだったのでここで充電させてもらいました💦
Scandic Imatra Valtiohotelソファ

朝食会場も広々としたレトロな空間。
Scandic Imatra Valtiohotel朝食会場

そしてホテルの裏にある階段を降りると
急流への階段

Imatorankoski(=イマトラの急流)がありました。
急流2

地層?が幾重にも重なり歴史を感じさせます。もともとは約5000年前にサイマー湖からの水が流れ込んで形成されたのだとか。
Imatoran koski地層

今まで見た川とはかなり違うワイルドさ。
急流1

ダムの開放がどうやら8月末まで行われたいたようです。1日遅かったか、時間がずれていたか。
Imatoran koskiダム

川沿いにはきれいに整備された遊歩道と公園がありました。
Fortum公園遊歩道

イマトラ来訪記念用フレームでございます。
Fortum公園 Imatra

噴水も。ちなみにフィンランドの噴水ってこのようにただ水がバシャーッと出るだけのタイプが多いです。これはまだ斜めから出ているからちょっと特別な感じはするのですが、奇をてらった噴水は他の国でしかまだ見たことがありません。
Fortum公園噴水

トリップアドバイザーを見るとイマトラはやはり急流推しのようです。(1位と3位は同じものと思われます。)アールト設計の教会は残念ながら6位。ただその理由の1つが老朽化で評価が低いというのもあるのかもしれません。

それはさておき、ホテルには団体客もたくさん来ていて賑わっていました。あの橋が工事中でなければ今回もう少し自転車で回れたかもしれませんが、迷ったおかげで割と土地勘も養えたので次回はさらにディープに楽しむことができる気がします。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

方向感覚に優れ旅を効率的に楽しんでいる方も、方向音痴でなければとほぞを嚙んでいる方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 01:19:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
イマトラのスリークロス教会へ
Moi!

今日は久々に晴れて気持のいい1日でした。もうすっかり秋空で、少しずつ葉っぱも黄色く色づいてきました。最高気温は18度。半袖でもやせ我慢すれば耐えられるけれど、ちょっと何か羽織った方がよい気温になってきました。

さて先週突然イマトラに行くことになり苦労して自転車でたどり着いたアルヴァ・アールト設計のスリークロス教会。

この教会はその昔、フィンランド国内のアールト設計の建物を見て回っていた人が、教会はイマトラのスリークロス教会が一番よかったと聞いていて気になっていたのです。また現在残念ながら湿気などによる劣化がかなり激しく、大がかりな修繕が迫られています。教区では修理費用すべてを捻出できないため、寄付が求められています。日本でもThree Cross Helpという活動をされているので、興味がある方はこちらからご覧ください。

と、前置きが長くなりましたが、教会の紹介です。
こちらが正面入り口。オープンは8月いっぱいとWebに書かれていましたが、どうやら9月1日までだったのかもしれません。金曜日でキリがいいですしね。とにかくオープンしていてよかった。
スリークロス教会正面

教会に入ってまず目に飛び込んできたのは名前の通りの3つの十字架。これが祭壇に神々しく浮かび上がっていました。
スリークロス教会3つの十字架

この神々しい光の源は天井の窓から射し込んでいたのです。この日は小雨も時々降ったというのになんというタイミングの晴れ。
スリークロス教会天窓

動画も撮ってみたのでよかったら見てみてください。


パイプオルガンはセイナヨキのラケウデンリスティの方がおもしろいと思うのですが、なんというか窓がとてもユニークで、建物全体が生き生きとしている感じ。
スリークロス教会パイプオルガン

こちらの窓には赤い茨の冠をかぶったキリストをモチーフにしたステンドグラスがありました。
スリークロス教会窓1

窓から透けて見える外の自然も印象的だったのです。
スリークロス教会窓2

床にレンガが使われているのはラケウデンリスティと同じ。この教会は1958年、ラケウデンリスティが1960年に完成したので同じ時期に建てられたのですね。個人的な印象ではスリークロス教会は小さい分色々自由に設計しているようにも見えました。
スリークロス教会全体

天井は高く、シャンデリアも少なめ。白い世界に包まれているような錯覚にも陥ります。
スリークロス教会後ろから

このパーティションで仕切って前のスペースと後ろのスペースを別の目的で使うこともできるそうです。
スリークロス教会仕切り

この窓は奥行きがあり、この窓からも外の緑が見えます。
スリークロス教会奥行ある窓

反対側の窓のうねりも素敵。天井も激しくうねっていますね。
スリークロス教会後ろの部分

ちょっとおしゃれな感じでドアの取っ手をパシャリ。
スリークロス教会ドア

せっかくなので外観も見てみました。鐘楼も象徴的。
スリークロス教会時計塔

この複雑な組み合わせがアールトらしいというか。
スリークロス教会外観1

でもこれを見るとやはり一刻も早く修繕をと思いますよね。
スリークロス教会外観2

老朽化の原因の1つは地球温暖化もあるのだそうです。
スリークロス教会外観3

ユニークな窓の外はこのようになっているのですね。
スリークロス教会外観4

ああ、と声が出てしまいそうになった部分。レンガがむき出しになっていました。
スリークロス教会外観5

教会の周りは緑が豊かで気持のよいところです。
スリークロス教会外観6
アールトの思いの詰まった貴重な美しいこの教会、一刻も早く元の姿に戻るよう祈るばかりです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

全体の写真をうまく撮ることができる方も、ディテールばかり撮って気づいたら包括的な写真が撮れていないという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 03:41:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
たどり着かない
Moi!

今日も何だか陰鬱なお天気で最高気温は17度というパッとしないお天気でした。でも次の週末はなぜか20度を超える日が数日続くようです。もしこの天気予報が気まぐれでなければ。

さて、偶然に偶然が重なり、急遽ずっと行きたかったイマトラにちゃっかり家人の出張のお供で行くことができました。

当日は朝少し仕事をしてお昼前に今回の旅の目的であるアルヴァ・アールト設計の教会に行き、ランチを食べて午後にあるミーティングに臨めばいいかなと大まかな予定を立てていました。教会は勝手に街中にあるだろうと思い込んでいたので、最近はウォーキングに目覚めたことだし歩いてもいいかなとGoogleマップで調べたら…徒歩で2時間2分、自転車でも37分、バスで38分と出てくるではないですか。えっと、往復4時間のウォーキングは早々に諦めます。車だと13分なのですが、家人の車は大き過ぎて私は運転したことがないのです。よってその選択もなし。バスもね、頻度を考えるとちょっとリスク。そう、自転車一択となりました。あ、キックボードとか電動自転車などがあればベストだと思いますが、少なくともキックボードは見かけませんでした。

幸い宿泊したホテルは無料で自転車が借りられることがわかり、(Scandicホテルは結構自転車レンタルできます)自転車で40分かけていくことにしたのです。貸してくれたのはカゴなしで子どもでも乗れる小さいサイズの自転車。つまりかなりこまめにこがないとなかなか前に進まないタイプ。サドルの高さはちょうどよかったのは幸い。

朝のうちは小雨が降っていたものの、私が出かける頃には割と晴れていて傘をさす必要はありませんでした。しかも川沿いにずっと走っていくので景色も満喫できます。
イマトラ川沿い

車道沿いではなくゆっくり自然の中に遊歩道があるのは安全だし、気持もリフレッシュできて満足。
イマトラ遊歩道

そう、少なくとも最初の20分はとても順調に進んでいたのです。

問題が起きたのは橋を渡る時。
そう、アールトが設計したスリークロス教会はイマトラの中心街ではなく、どうやら隣村にあるようで、イマトラの街の真ん中を流れている川の反対側にあるのです。
Googleマップで示された橋辺りが大掛かりな工事をしてなんと通行止めに。工事完成予定は9月。いや、今日も9月なんですけど。しかもこんなマニアックな橋を観光客が自転車で通ることなどさらさら想定にないらしく、う回路情報も何もなし。頼りのGoogleマップにも当然工事中の情報はなし。

ふと見るとスロープがあり、スロープの先から橋に行けそうな感じ。
上りつめたら…
そこはイマトラ駅だった。橋は橋でもまさか線路の上を突っきる訳にもいかず。
イマトラ駅

地図を見たら近くに大きな橋はあるのですが、車専用のようで、とにかく近くからその橋にはたどり着けそうにありません。
こういう行き詰まった時のGoogleマップの非情さというか、使えなさというか、怒ってもしかないけどやるせなさといったら。
幸い紙の地図ももらっていて、よく見るともう少し先に橋らしきものが。しかもその橋から教会に行ってもそんなに遠回りではない。それに気づくのにだいぶん時間を費やしたのです。

さらに目の前で分断された通り抜け禁止の道をどうしたものか。
駅にきっとお店とか入っているに違いないからそこで聞こうと入ってみたら…お店どころか人がいない。幸いちょうどお客さんを下ろしたタクシー発見。汗をかきかき事情を話したらう回路を教えてくれました。

その後はGoogleマップのUターンの指示を無視して川沿いに前進するのみ。ああ、ようやく川が…川が見えてきたのです。
イマトラ 川

自転車は割と乗り慣れているつもりだったのですが、私が住んでいるところはアップダウンが少ないフラットな土地。小さい自転車で、時々方向を確認しながら進むこと約1時間。結構足が疲れましたが、ようやくあの夢に見たスリークロス教会にたどり着いたのでした中の写真は次回にたっぷりご紹介します。
スリークロス教会
もうたどり着けないかと半分諦めかけた教会でしたが、行った甲斐がある素晴らしい教会でした。

帰りもまたGoogleマップに工事中の橋に誘導されないようにしながらどうにか街に戻ることができました。お昼が遅くなりましたが、ランチは事前にチェックしていた歴史あるButtenhoffというお店に。1階はカフェ。お店の人がいなくて諦めようとしていたら、常連さんが声を掛けてくれランチは2階にあることを教えてくれたのでした。優しい💓こういう色鮮やかなインテリアは東フィンランドらしいなと思うのです。
Buttenhoff中

ランチはサラダビュッフェと、メインを選べるようになっていました。サラダドレッシングでひときわ目をひいたのが”みちこの有機ポン酢”と日本語が書かれた瓶。いや、私は読めるんだけどこれはこのお店のウリ?後でお店の人に聞いたら、いつも出しているドレッシングを切らしていてたまたま出していたとのこと。なんとラッキーな!ええ、もちろんポン酢をかけました。
Buttenhoff サラダ

頼んだのはソーセージ。ソーセージの左下にあるのはたっぷりのマスタード(フィンランドのマスタードは全然辛くないのでこれぐらいたっぷりでも余裕なのです)。マッシュポテトにはバジルソースがかかっていてこれがとても合っていて美味しかったです。もちろんソーセージも。お腹いっぱいになりました。
Buttenhoff ウィンナー

普通の旅行者は教会には駅からタクシー、またはバスなどで行くのでしょうね。40分の自転車の旅もよい運動になりなかなかよかったです。ただし通行止めは要注意。今回は雨も小雨が数分降っただけ、風も強くなかったのは不幸中の幸いでした。セイナヨキでは雨がたっぷり降っていたとか。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

Googleマップに翻弄されたことがある方も、いや、特に問題なく、優秀なツールですが?という方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 01:49:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
突然の夢の実現
Moi!

今日の最高気温は19度と爽やかな秋のお天気。午前中はいいお天気だったのですが、夕方から雲行きが怪しくなり夜は大雨になってしまいました。ぎりぎり大雨は避けられたのでよしとしましょう。

さて、私には何年も前からいつか国内で行ってみたい場所がいくつかあり、そのNo.1がイマトラという小さな街。ヘルシンキからなら電車で3時間とかで行けるようなのですが、フィンランドの東南にあるため、セイナヨキからだと車で5時間半、電車だと6時間半。何度か行くことを検討したのですが、往復11時間の旅に躊躇し、他の場所に行くことになること数回。

そしてなぜイマトラかというと、アルヴァ・アールト設計の教会があるのです。行くチャンスを失っているうちにその教会も改修のために数年はクローズになるというニュースが

そんな中、今週の火曜日突然家人から”金曜日にイマトラに行くことになったけど一緒に来る?”と連絡があったのです。そう、イマトラは1人で気軽に行ける場所ではありません。宿泊するホテルはお城のようなちょっとおもしろいホテル。半分迷っていたもののせっかくなので教会の外観だけでも見るのもいいかも。あわよくば担当者がいれば中に入れてもらえるかも?などと思いつつWebで情報を見ていたら8月の終わりまでオープンしていると書いてあるではないですか。そして私が行く金曜日は…9月1日。

他のWebをチェックすると詳細に関してはこちらに連絡を、とメールアドレスが載っていました。
”私はセイナヨキに住んでいて、9月1日に行く予定なのですが、もし、もし中に入れたらとても嬉しいのですが。”
という趣旨のメールを21時頃を送ったところ
”いいですよ。”
と1分もしないうちに即答。

まさか夜に返信がもらえるとは思わず。しかもあっさりと。こうしてイマトラ行きは確定になったのです。あんなに何度もトライして実現しなかった夢がこんな形で実現するとは。

木曜の夕方、16時半に仕事から戻った家人は夕食を食べ、10分の仮眠の後出発。
雨が時折激しく降ることもあったのですがどうにか23時前に無事到着。(ちなみに家人はホテルに到着して1時間半ほど急ぎの仕事をしていました。)

ちょうどその日に見えるというスーパームーンは道中はほとんど雲に隠れていたのですが、到着した頃雲間から顔を出してくれました。宿泊したScandic Imatran Valtionhotelliは広い敷地を持つホテル。
Scandic Imatran Valtionhotelli1

イマトラはロシアの国境にあるのでちょっとロシアテイストが強いホテル。(個人の感想です。)今はホテルチェーンのScandicに買収されたようですが、昔は特別なホテルだったに違いありません。
Scandic Imatran Valtionhotelli2

苦労してどうにか撮れたスーパームーン。
スーパームーン

いや~5時間半、結局運転は家人に任せたのですが遠かった。日頃はオーディオブックを聞いているそうですが、スマホを見ることもできず、運転も気が張るし、身体を動かすこともできないし、気も休まりません。日本は公共交通機関が発達しているのであ車でなければ行けないところは少ないかもしれませんが、フィンランドは人口密度も低いし小さい街への移動の多くは車に頼らざるを得ないのが現状です。とにもかくにも同行できてラッキーでした。教会に関してはまた後日のブログにてご紹介します。

ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

時々棚ボタにあやかっている方も、夢の実現に向かって着々と自分の力で勝ち取っていく方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 02:23:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
Flag Counter