FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
25位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
パドルボートとゴムボート
Moi!

今日もいいお天気なのですよ。最高気温27度。明後日は32度まで上がるとか。こんなに爽やかな夏の日が続くのは珍しいのです。

さて、夏至の週末、金曜日に義弟宅に遊びに行ったばかりだというのに、日曜日も再び義弟、義弟の婚約者Sさんに誘われて湖でゴムボート+パドルボート遊びをしてきました。

ネイチャーガイドの資格も持っている義弟はスノーシューなんかも持っているのですが、その日に使った3つのパドルボート、モーター付きゴムボートも持っているのです。ケータリングだけでなく、例えばバチェラーパーティーなどアウトドアのアクティビティ込みで仕事を依頼されることもあるので色々持っている模様。

それはさておき、パドルボートはサーフボードに立って漕いでいる人も多いですが、座って漕ぐこともできるそう。”やってみる?”と言われたのですが、そもそもボートを漕いだこともないインドア人間だった私がたった一人で、足もつかない湖で果たして無事生き残れるのかまったく予想ができなかったので今回はゴムボートに乗せてもらうことに。

いざ出発。ボートには先日のハリネズミを威嚇したワンちゃんも一緒に。ちなみに犬用の救命ベストは背中に取っ手がついていて、いざというときはこの取っ手を掴んでボートに引き上げたりできます。
犬1

パドルボートはこのような感じで悠々と。
パドリング

ワンちゃんは喜んで泳ぐのかと思いきや、この日は24度で若干水は冷たく、極力泳ぐのは避けてました。ボートからボートへの移動時止むを得ず泳いだ後はパタパタと全身を揺らして水気を飛ばすものの、寒さが堪えるのかその後ブルブルと震え、膝に乗ってきたりしました。いや、わかるんだけど私も濡れるんですけど。
犬2

ボートはモーターで動くのでのんびり湖と空を眺めることができました。
ボート

湖を渡って向かった先は小さな無人島。湖の真ん中にあり、ここまで来る人はあまりいないので自然度が増している空間。
島

湖の真ん中の島の真ん中にある小さな池、または湖の一部。
池

拡大して見ないことをお薦めします。アリ塚。
アリ塚

水際では野生のアイリスが美しく咲いていました。
アイリス

島の散策が終わった後は再び本土に向かってボートは進みます。
湖1

雲が優しい。
雲

人口の湖ですが、日本で生まれ育った私にしてみるととても大きな湖。夏至のお天気のいい夏日に湖の真ん中にいられた幸せ。
湖2

湖の旅の終わりはこちらの砂浜。
砂浜

使う期間が短いので、なかなか夏用グッズは買い揃えられない我が家ですが、身内に助けられています。家人も色々なものを買うのが好きですが、さらにその上をいく義弟を見ながら血は争えないと思ったりも。

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

ボート漕ぎが得意な方も、不得意な方も、未経験の方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 18:36:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
Flag Counter