FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
25位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
地元のアルコール飲料
Moi!

今日と明日は久々に雨の予報が出ています。今日の予想最高気温は27度ですが、明日は21度に下がるようです。テラスに置いているシソなどはすぐに土が乾いてしまうのでこまめに水やりしていましたが、今日はちょっと外に出すことにします。

少しネタがなくなってきたらいつものスーパーネタに。私はお酒はほとんど飲めないのであまり関係ないのですが、気付けばこの辺り、全国的に有名なアルコール飲料の会社が2社あります。

といいながらも最初はセイナヨキの地ビールをご紹介します。Mallaskoskiという会社で毎年色々な種類のビールを生産していますが、目を引いたのはこちら。ブルーベリーサワー味とクランベリー味。フィンランドらしい、ちょっと気になる味ですよね。
Mallaskoski

左側の製品はMallaskoski製品ではないのですが、看板の背後の棚がMallaskoskiコーナー。1921年創業なのですね。
Mallaskoski2

ちなみにこの給水塔の横に夏季オープンのレストランがあり、外の席ではちょっとした舞台があって週末にお芝居やバンドの演奏もあります。(今年はどうなるか?)食事もおいしい地元でも人気のスポットです。
給水塔

次はセイナヨキから車で30分ほどのIsokyröにあるKyrö Distilleryのクランベリーのジン。これもおしゃれに飲めそうな感じですよね。Kyrö製品は日本でも売られていますし、ヘルシンキ空港でもたくさん売られています。
Kyrö Distillery

本社はこんな感じ。
Kyrö Distillery 外1

ちなみにKyröは洗練されたボトルの手指消毒液に続き、同じく IsokyröにあるSugarhoney Daddiesとコラボで2%のライウイスキーが入った蜂蜜を売り出したそうです。(←絶対に酔っ払う自信あり。)
https://kyrodistillery.com/shop/kyro-x-sugar-daddies-honey/

そして最後はかもめ食堂にも登場したコスケンコルヴァ。強いお酒のイメージがありますが、こんな飲みやすそうな種類も出ていました。何なら私にも飲めるかもという錯覚に陥りそうです。スーパーに売られているのでアルコール度数が低いはず。
Koskenkorva
コスケンコルヴァは今はオーナーが変わって本社はヘルシンキですが、工場は創業時から変わらぬお隣のイルマヨキにあるコスケンコルヴァ村にあります。近くを通ったことは何度かあるのですが、まだ訪問したことはないのですよね。貸し切りのサウナや泊まるところもあるそうなのでいつかチャンスがあれば行ってみたいところです。

お酒が好きな方は地元スーパーを回ってみたら楽しいかもしれませんね。

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

お酒好きの方も、お酒は飲めませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 16:13:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
Flag Counter