FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
25位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
夏の真骨頂
Moi!

このところフィンランドではテンション高い人が多いと思います。
大きな理由の一つが今週末夏至がくるから。
夏至はフィンランドではクリスマスに次ぐ大きなイベント。夏至のお休みはカレンダーでは土曜日なのですが、金曜日は祝日ではないのに休みになるので3連休。この日を境に4週間の夏休みに入る人もいれば、スーパーでたくさん買い込んでサマーコテージに行く人も多数。

そんなワクワクの休みがくるのに加えてお天気が最高なのです。
もう一度言います、お天気が最高!
フィンランドでは25度以上を夏日と言いますが、この週末から夏至のお休みも含めて夏日が続き(かつ暑過ぎない30度以下)、しかもほとんど晴れのお天気。

フィンランドの夏は湿気が少ないし、沈まない太陽を夜遅くまで楽しめるのですが、寒い年や雨ばかりの夏もあるのです。ひどい年は夏至の前日に雪が降ったり、夏日が片手で数えるぐらいしかなく、夏を待っていたら終わっていたということも。そんな夏を実際に経験しているから25度前後の晴れの日が10日以上続くのは楽園としか言いようがないのです。

ちなみに今日も28度まで上がるようです。ふふ。週末も25度越えのよいお天気だったので湖畔のサイクリングに行ってきました。ここでフィンランド人がいかに夏を楽しんでいるか、いや私がいかにこの素晴らしいお天気を愛でているかお伝えできればと思います。

白樺の緑の葉っぱと、青い空と湖。これを見られただけでも幸せ。そしてここが15kmコースのサイクリングの始点でもあります。
白樺と湖

新しくできたカヌー用桟橋にも人がいるし、カヌーを楽しんでいる人も遠くに臨めます。
カヌー

自転車を無造作に止めて桟橋で遊ぶ男子達。夏ですね。
桟橋

若者率高めの方のビーチ。この日を逃しては、と湖水浴を楽しむ人々。
ビーチ1

写真の中に皆の幸せがギュッと詰まってます。
ビーチ2

道の反対側ではサッカーの試合が行われていました。ユニフォームの色がフィンランド対スウェーデンかと思わせますが、そんな訳はない。
サッカー

サービスショット?暑くなるとこのように上半身裸の人達を見かけます。まあ大半は贅肉少なめの人達が。
半裸の人達

緑も色々なバリエーションがあることに気づかされます。
湖

この日は湖でボートに乗っている人をたくさん見かけました。この人達は談笑中っぽいですが、魚釣りしてる人や、純粋にカヌー漕ぎをしている人などもいました。
ボート

犬も喜び泳ぐ、の図。
泳ぐ犬

はぁ。この静謐さ。
橋の上から

木立の道は日影が多いですが、木漏れ日も美しいのです。
森1

空に向かって真っすぐ伸びる木々。
空

切った木を集めているだけで絵になります。
薪

そして神々しい感じも伝わるでしょうか。
森2

老木にスポットライトが当たっているのも絵になる。
森3

そしていつもの家族連れ多めのビーチ。カラフル。
ビーチ3

ちなみに冬の様子はちょっとアングルは違いますがこんな感じです。
雪のビーチ

今年の春は皆で自粛生活を心がけ、感染者が抑えられたご褒美のような最高の夏。願わくばこのまま7月まで続いてほしいところですが、どうなるでしょうかね。

楽観主義の方も、悲観主義の方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 16:11:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
Flag Counter