FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
25位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
Isokyröの教会とKyrö Distilleryへ
Moi!

今日は最高気温が14度でカーディガンを羽織っただけではやはり肌寒い一日だったので、少し厚めのジャケットで出かけました。明日は16度、明後日は21度まで上がるのですがね。街行く人もタンクトップで歩く人もいれば、既にマフラーを巻いている人もいてこの時期は様々なファッションが楽しめます。

さて週末にセイナヨキから車で30分ほど離れているIsokyröに行きました。きっかけの一つはこちら。
こちらで放映されたIsokyröのオールドチャーチ。近くにいながらなかなか行くチャンスがなくようやく!と思いきやなんとオペラ開催のため8/2まで閉まっていました。せっかくWebで確認したというのに。ご覧の通り下半分が石、上半分が木製という珍しく、素朴な教会。
Isokyröオールドチャーチ1

せっかく来たので外を回ってみました。
Isokyröオールドチャーチ2

正面の木の部分。下から見たら圧巻でした。
Isokyröオールドチャーチ3

レンガの部分と石の部分の組み合わせもおもしろいです。
Isokyröオールドチャーチ5  

壁に十字架がはめ込まれていました。
Isokyröオールドチャーチ5

窓の周りの飾りもかわいらしい。
Isokyröオールドチャーチ窓

教会の上に風見鶏がありました。
Isokyröオールドチャーチ風見鶏1

こちらは別の風見鶏が。
Isokyröオールドチャーチ風見鶏2

教会の近くに湖もありました。今回は入ることができませんでしたが、また近々出向いてみます。
湖

せっかくなので新しい教会にも行ってみました。こちらも閉まっていたのですが。
Isokyröニューチャーチ1

こちらは全体がレンガ造りの重厚感ある教会でした。
Isokyröニューチャーチ2

ちょっと大学のキャンパスのようにも見えます。
Isokyröニューチャーチ3

Isokyröでは1714年にフィンランドとスウェーデン軍がロシア軍と戦った主戦場。ここでロシアに負けてフィンランドはロシアに統治されることになったのだそうです。

そしてその後向かったのはKyrö Distillery。奇しくもちょうどロンドンで行われたInternational Wine & Spirit Competition (IWSC 2019) でKyrö Distilleryが金賞を受賞したというニュースが入ってきました。
Kyrö Distillery

売上は確実に伸びていて、今新しい建物を建築中でした。

家人はジンを、私はノンアルコールのカクテルをいただきました。
Kyrö Distilleryカクテル
フィンランドではノンアルコールの飲み物が虐げられていることがあるのですが(先日のレストランではコーラ、スプライト、ファンタ、炭酸水からの選択)ここでおいしいカクテルが飲めたのが思いがけない幸せでした。

そんな感じで貴重な夏日を楽しむことができました。
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

下調べにぬかりのない方も、どうも詰めが甘い方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 01:08:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
Mallaskoskiの即興劇
Moi!

今日は予想通り最高気温は14度。朝は5度しかなくてひんやりしていました。7月も終わりに近づき夏休み収束モードが高まってきています。

暑かった週末に友達と一緒に地元Mallaskoskiというビール醸造所に併設されているレストランに行ってきました。今回のディナーはハンバーガービュッフェ。自分で好きな具を入れてマイハンバーガーを作っていきます。ちなみにフィンランド人ってハンバーガーとかピザが好きです。
Mallaskoskiハンバーガービュッフェ

今回の目的は即興劇。男性2人+女性1人の役者とキーボード1人の構成。観客からキーワードを引き出し、それを元に即興劇を広げるというもの。音楽も”子ども向け音楽”とか”タンゴ”など指定があり、キーボード奏者も即興で応じるのです。
即興劇1

テーマは毎月変わっていて今月はTinder。出会いサイトのアプリ、といったところでしょうか。こちらのシーンはTinderで出会ったシーン。女性はお隣のラプア出身、とかおつまみに出したのはコオロギというなかなかくすっと笑える設定。
即興劇2

舞台も衣装もシンプルなものですが、かつらなどを使って七変化。
即興劇3

髪の毛を振り乱して踊りまくっている3人。
即興劇4

この小さなスピーカーも地味にはまります。
即興劇5

即興劇の最後に行われたのはアイスバケツチャレンジ。当日は30度近く上がり、しかも舞台の屋根は透明で影もなし。3人の中で一番汗をかいた人を観客から指名を集め、アイスバケツチャレンジ。シャツを脱いで~という観客の声に応じてシャツを脱ぐ役者さん。
即興劇6

少しずつフィンランドの自虐ネタというかシニカルな笑いに慣れてきたような気がします。
ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

ハンバーガーがお好きな方も、ピザがお好きな方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 15:05:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガラス美術館巡り ~リーヒマキのガラス美術館~
Moi!

今日は予想通り昨日より気温が低くなって最高気温が20度。風が少し冷たく感じ、地面の枯れ葉も気になってきました。今週から会社に復帰する人もちらほら。

さて先日日帰りで行ったガラス美術館巡り、メインの目的地はリーヒマキにあるガラス美術館です。今はグラス類を販売しているのはIittalaというイメージが強いですが、その昔はリーヒマキやヌータヤルヴィ等その周辺を中心に多くのガラス製品が製造されていたようです。
グラス美術館外観1

メインの建物に続き隣の建物まで展示がある割と大きな美術館でした。
グラス美術館外観2

1階はこのように広々していて本やIittala製品が売られていたり、また奥にはフィンランドのガラス製造の歴史が紹介される展示がありました。
グラス美術館1F

天井に吊るされていた飛行機もガラス製でした。
グラス美術館飛行機

2階のメインの展示はこのように広々としていてIittalaの製品もあればヌータヤルヴィの製品、また芸術的な作品もありました。
グラス美術館展示1

Iittalaの美術館にもあったアイノ・アールトのデザインした食器。右にさりげなくアルヴァ・アールトのサヴォイベースも。夫妻はあまり売れていなかった頃、食器デザインのコンペにも積極的に参加していたのだとか。
グラス美術館アイノ・アールト

こちらの下に横たわっている作品はKazushi Nakada氏の作品でした。
グラス美術館Kazushi Nakada氏作品

現在も販売されているシリーズ、廃盤になったシリーズに加え飲み物に使われた瓶なども展示されていて、グラスファンにはたまらない場所でしょうね。あまり詳しくない私も義両親宅で見かけたグラス、友人宅で使っていたグラス、家人秘蔵のグラスなどもあったりして生活の中の一部にしっかりと根付いている印象を受けました。実家の食器を思い浮かべるとあまり整った系統がありませんが、フィンランドはブランドが少ないせいなのか、または高価なものを大切に使う文化なのかちゃんとした食器を大切に扱っている印象があります。
グラス美術館展示2

動物をかたどったガラス製品もあり微笑ましかったです。
グラス美術館展示3

そして今回の大きな目的だった4月下旬に亡くなったOiva Toikaの特別展に。この特別展、Oiva氏が亡くなる前から開催されていたのです。こちらはOiva氏の作品群。
グラス美術館Oiva Toika

こちらはOiva氏デザインで有名はカステヘルミ(右のお皿)。重みがあって、そして何よりも美しいのです。
グラス美術館カステヘルミ

バードとフクロウの作品も一堂に会しています。
グラス美術館バード等

この作品は1年に1つ作られているようでなんと今年の作品もありました。亡くなる前まで精力的に制作活動されていたのでしょうね。
グラス美術館2019-207

1977年から始まったシリーズ。
グラス美術館1977-

レ・ミゼラブルと称した色鮮やかな作品の数々も展示されていました。
グラス美術館ラ・ミゼラブル

1日で2つもグラス美術館を巡ったのでちょっとお腹いっぱいになりましたが、心もしっかり満たされました。
ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

グラスにはこだわりを持っている方も、あまりこだわりがない方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 21:10:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガラス美術館巡り ~Iittalaアウトレット+美術館~
Moi!

昨日はフィンランド全体が夏日でこちらでも32度まで上がりました。さすがに暑く、それでもフィンランド人達はテラスで飲んだり、川や湖などで泳いだりしてました。今日は28度なので少し過ごしやすいです。

さて先日行った1日旅行、ランチを食べて向かった先はIittala。そう、食器メーカーで有名なIittalaという街があるのです。そこにあるアウトレットショップと美術館、工場見学に行ってきました。こちらがアウトレットショップの外観。
Iittalaアウトレットショップ外観

中はこのように広々としています。
Iittalaアウトレット

テーブルセッティングもさりげなくておしゃれです。セカンドクラスの製品やセールになっているものもあり、ついつい…以下省略。
Iittalaアウトレットテーブルセッティング

次に向かったのは同じ敷地内にあるIittala美術館。
Iittala美術館

歴代のIittalaの食器、カトラリーなどが展示されていました。こちらは先日亡くなったOiva Toikaのバード。
Oiva Toika鳥

こちらはアルヴァ・アールトがデザインしたサヴォイベースのデザイン画。
アルヴァ・アールトグラス

こちらはアイノ・アールトのデザイン。今でも売られている不朽のデザインです。
アイノアールトグラス

工場見学もできるというので行ってみました。
Iittala工場

残念ながら数年前にIittalaのほとんどの製品は海外で生産されるようになったのですが、このバードだけはフィンランドで生産され続けています。そしてそのテクニックの素晴らしさ。手作りですからね。
Iittalaガラス工場内1

昔はもっと多くの人達が働いて活気があったのでしょうが、それでもまだ一部ながら残っているのはありがたいことです。
Iittalaガラス工場内2

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

アウトレットショップでついつい買い物してしまう方も、平常心を保っていられる方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 19:30:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガラス美術館巡り ~ランチ(フランシラ)~
Moi!

今日も暑くなって気温は30度まで上がる予定です。個人的には数日ならWelcomeです。なんといっても火曜日以降の予想最低気温が5度前後に急降下しますから。今のうちに真夏にしか着られない服を着倒す予定。

さて、まだ夏休みが続いているので昨日は家人と車でガラス美術館巡りに行ってきました。今回は本題までたどりつきませんが、途中で寄ったランチの場所をご紹介します。

セイナヨキからタンペレ方面に2時間弱南下したHämeenkyröという街に立ち寄ってランチしました。ここのランチはおいしくてかれこれ3~4回来ています。ここはオーガニックコスメ、フランシラ(聞いたことがある方がいるかもしれませんね)が経営しているランチ。

平日にも関わらず駐車場は車でいっぱい。外観はこのようになっていて素朴な昔ながらの家。中は半分がフランシラ製品が置かれていて、半分はレストラン、川辺のテラス席もたくさんあります。
フランシラ外観

こちらが庭の一部のハーブ園。
フランシラ庭

同じ敷地内にはお土産にぴったりな品を販売しているお店やリサイクルショップ、アクセサリーショップなどがありました。
フランシラ敷地内お店

ランチは庭で取れたハーブをふんだんに使ったビュッフェ料理。ビーガン対応で、メインの一つはビーツのハンバーグ。どれも優しい味で安定のおいしさ。
フィンランドでランチビュッフェが主流。持論なのですが、サラダがおいしいビュッフェはメインも美味しい。このビュッフェもまさにそうでした。しかもドレッシングも自家製。パンもおいしかったです。これとは別にデザート、コーヒー/紅茶つきでした。地元の人が集まる理由は簡単に想像できます。
フランシラランチ

川沿いのテラス席でゆったりいただきました。
川

車がないと不便なところなのですが、もしチャンスがあれば是非。
ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

おしゃれなテラス席好きの方も、どちらかというと日焼けが気になるので中で食べるのが好きという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 18:05:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏の湖
Moi!

ご無沙汰しておりました。日本から戻ってきました。フィンランドに戻る頃には涼しくなっているかと覚悟していたのですが、予想に反して30度近くの素敵な夏日を堪能しています。今日は最高気温は26度でした。

朝起きたら19度。久々に近所の湖に行ってきました。最近は日中は多くの人が湖や川で泳いでいますが、朝はさすがに誰もいませんでした。
湖1

風もなくとても静かな風景。
湖2

真っ青な水面に引き込まれそう。
湖3

日本の何でも選べる便利な生活も魅力なのですが、何もかもそぎ落とされた自然に囲まれるのもいいものです。
湖4

鳥が2羽佇んでいるのがわかりますか。
湖5

こちらは湖の側にできたカヌー置き場。新しい看板ができていました。
カヌー1

こちらの看板も。字の部分がくりぬかれているのです。
カヌー桟橋

この湖の色を見ると戻ってきたという気がしました。
湖6

白樺もまだ青々と茂っています。
木立2

湖畔の道に大きなウサギがいました。
ウサギ

そんな感じでフィンランドの夏を堪能しています。
ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

休暇はゆったり派の方も、アクティブ派の方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 22:19:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏の風景と切手
Moi!

今日も最高にいいお天気でした。最高気温は17度。6月はフィンランドでも記録的に暑かった(30度越えの日もあり)のが嘘のようで、外出する時に何を羽織っていいのかわからなくなります。今朝は16度ぐらいで薄手の長袖のカットソーに長めのコットンのカーディガンで出かけたら少し肌寒かったです。

夏は光がキラキラしていて空がいつもより高く見えます。これは元給水塔。今はMallaskoskiというビール醸造所が所有していて、夏の間はテラスで食事したり、週末はライブやお芝居を見ることもできる場所です。
給水塔

川の眺めも夏ですね。そういえばこちらでは夏の間川の中から噴水が吹き上げているところがあります。何のためなんでしょうかね?夏アピール?
川

郵便局に行った時に素敵な切手が発売されていました。フィンランド各地の湖シリーズ。切手の価格はどんどん値上がりしているのですが、かわいい切手はついつい買ってしまいます。
切手

さて明日から本格的な夏休みに入り、ブログも2週間強お休みします。皆様も素敵な夏をお過ごしください。

旅行のパッキングは計画的にされる方も、前日一気にという方も、当日でOKという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:31:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
Lapuankankuritのリニューアル後のヘルシンキ店
Moi!

今日は終日いいお天気でした。気温は17度と外に出ると少しひんやりとしているのですが、フィンランドらしい夏の日でした。最近フィンランドに避暑のために中央ヨーロッパから多くの観光客が来ているのだとか。先週は40度まで上がったところもあったと聞くし、ヨーロッパでは日本のようにエアコンはデフォルトではないので逃げたくなる気持、わかります。

さて先週末にヘルシンキに行った時にLapuan Kankuritのお店にも行きました。ヘルシンキのお店は先日リニューアルオープンしたばかり。インテリアを手掛けたのはラプアのアウトレットショップと同様設計事務所imaという日本の設計事務所。

新しいお店は少し広くなっていてこのようにお店の奥に製品を使ったディスプレーのコーナーも。優しい色合いの製品と温かいインテリアがよくマッチしています。
Lapuankankuritヘルシンキ店1

こんな部屋で寛げたら幸せでしょうね。
Lapuankankuritヘルシンキ店2

お店の人にあるシリーズの色展開を聞いてみたら、店頭に出ている他に5~6色あると言われストックから希望の色を持ってきてもらいました。友達の雰囲気に合った同じ色合いのタオルのプレゼントを買うことができて満足です。

こちらがお店の外観。ヘルシンキ大聖堂のすぐ近くです。
Lapuan Kankurit看板

お店の外では長いテーブルを並べて何やらイベントが行われる模様。お店の人も知らなかったようです。おしゃれなヘルシンキは何をやっても様になりますね。それにしてもウニッコのテーブルクロスの豪華な使われ方!
通りの真ん中

最後の写真は本文に関係ありませんが、アテネウム美術館で食べたランチ。アスパラガスのリゾットとコロッケ。
アテネウム美術館ランチ
カンッピのレストランにも行ってみたかったのですが、時間がタイトだったので空いているこちらにしました。最初は誰もお客さんがいなかったので閉まっているのかと思いましたが、少しずつお客さんが増えてきました。リゾットもゆで過ぎず固過ぎずのアスパラがおいしかったですし、コロッケはクリスピーでおいしかったです。駅にも割と近いのでお薦めです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

お買い物好きの方も、食べ歩き好きの方も、どちらも好きという方も、そうじゃないという方もとりあえず
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 01:23:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
気になるオーランド諸島のパン
Moi!

今日は午前中はずっと冷たい雨が降っていました。気温も12度で車の暖房を思わず入れてしまいました。午後になって晴れてきたので今は16度ありますが、今年の夏は涼しめかもしれません。

さて日本にはたくさんのご当地名産品があり、お土産物屋さんに行けば色々な種類のお土産を選ぶことができますよね。フィンランドではもちろんご当地名産があるところもありますが、ないところの方が多い気がします。まあ地ビールとかがそれに当たるとも言えますが、大衆向けではないですよね。少なくともアルコールに弱い私にとってはふ~んという感じ。

そんな中、先日スーパーでこんなものを見つけました。フィンランドにあるオーランド諸島の紹介がされています。人口252人、200頭の羊、150頭の牛、120台のトラクター、60羽の鶏、2頭の馬、11匹の犬。(そしてネコはいるのか?)オーランド諸島はフィンランドの自治領でフィンランドとスウェーデンの真ん中に位置する小さな諸島。話されている言語はほとんどがスウェーデン語なのだそうです。
オーランド諸島のパン

このオーランド諸島で作られているsaaristoleipäというパンがどこで生産されているかの説明だったのですね。
オーランド諸島情報

オーランド諸島は先日も知り合いが行ってきたようでとても素敵な場所だったと言っていました。少し遠いのですがいつか行ってみたいところの一つなのです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

のどかな環境にお住いの方も、都会のど真ん中にお住いの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ






テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 01:47:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
マリメッコの紙皿と紙コップ
Moi!

今日もいいお天気で、明るさだけなら25度ぐらいありそうなのですが、実は20度。暑過ぎもせず、寒過ぎもせずとても過ごしやすい一日でした。といっても明日はお天気も崩れ16度、金曜日は13度まで下がるようなのですが

先日スーパーでかわいいマリメッコの紙皿と紙コップを見かけました。夏休みこの時期サマーコテージで過ごす人や友達を招待する人が多いですからね。
マリメッコ紙皿と紙コップ

ほとんどのサマーコテージは電気が通っていますが、水道を引くには結構お金がかかるため水道なしのコテージも多いのだとか。普段使いにはもったいないですが、ちょっとしたゲストが来た時に使うと華やかですよね。同じ柄のペーパーナプキンもあるので揃えて使うこともできます。

本文とは関係ありませんが、今日とうとう庭のシャクヤクの花が2輪咲き始めました。
シャクヤク1

蕾もどんどん膨らんできています。
シャクヤク2

フィンランドの短い夏を人も植物も謳歌しています。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

ペーパーナプキンを惜しげもなく使える方も、ちょっと使うのに躊躇してしまう方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

日本へのお土産 | 03:25:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
Flag Counter