FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
25位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
X Factorの陰謀(妄想)
Moi!

それにしてもアメリカ大統領選の途中結果に言葉を失っています。まだ結果はわかりませんがね。
そして寒い日は続いています。特に昨日は14時頃に外出したのですが-8度。南部では雪がどんどん積もっている代わりにこちらはどんどん気温が下がっているような気がします。今日は少し寒さが緩んで最高気温-5度まで上がります。

さて先日フィンランドのSaara Aaltoがイギリスの人気テレビ歌勝ち抜き番組、X Factorで勝ち抜き中というニュースをご紹介しましたが、先日のパフォーマンスを見て勝手に妄想してみました。

シーン1
衣装スタッフミーティングにて
スタッフA: ねえ、あのフィンランドから来てるサーラとかいうの、目障りじゃない?
スタッフB: えー、僕もそう思ってた~。僕は絶対Matt Terry押しなんだけど、サーラのド派手なパフォーマンスでかすんじゃうんだよね。
スタッフA: ちょっと私にいい考えがあるんだけど。
スタッフB: 何?
スタッフA: 今度の衣装でサーラにちょっと恥をかかせてやらない?パフォーマンスを上回る度肝を抜くひどい衣装にするのよ、内緒でね。

シーン2
衣装スタッフとサーラのミーティングにて
スタッフA: サーラ、次の衣装なんだけど今までの路線を少し変えてエキゾチックなアジアスタイルでいこうと思うんだけどどうかしら?
サーラ: いい考えね!曲の雰囲気にもぴったりだし、すごくいいと思う。
スタッフA: よかった~。もしNoと言われたらどうしようかとちょっと心配していたの。デザインは私達に任せてくれる?最高のものを作るから。

シーン3
衣装合わせ
スタッフB: サーラ、ぎりぎりになってごめん。色々凝っていたら時間がかかっちゃって。でも絶対に君も観客も気に入るに違いないよ。さあ、これを着てみて!
サーラ: ありがとう…これ…は、確かに…インパクトがあるわね。
スタッフB: そうだろう。日本がテーマなんだ。今日本と言えば”Cool"な国だろ。それに君の雰囲気にとっても似合うと思うんだよ。
サーラ: そうね。試してみるわ。

シーン4
サーラとインストラクターの会話
サーラ: このかつら何なの?顔も大きく見えるし、こんな変なかつら、見たことないわよ。重くて歌えやしないわ!それに何この着物?全然着物の美しさが出てないじゃないの?これは嫌がらせに違いないわ。
インストラクター: わかる、わかるわ。でも落ち着いて。もう他の衣装の準備は間に合わないのよ。この衣装を着てなりきってパフォーマンスするしかないのよ。あなたならできる、やり遂げられるわよ。
サーラ: そうね。わかった。やってみる。せっかくここまでやって来たんだからやるしかないわよね。

そしてこちらが当日のパフォーマンスの様子です。
saara-aalto-4.jpg
出典: http://www.mtv.fi

動画はこちらから。


審査員の方々もSaaraの歌に対する評価は高いものの、かつらは”ランプシェード”みたいとかコスチュームに走り過ぎとか言われていますが、ちょっと歯切れの悪いコメントばかり。なぜならこういう審査員ってポジティブでなければならないから。1人の審査員ははっきり”好きじゃない”と言ってのけましたが後の3人はポジティブな反応。そしてSaaraのインストラクターというかメンター役の審査員はSaaraは毎回どんなチャレンジにも文句も言わずトライしていると絶賛して観客の気持を上げています。

結果は無事パスし、残り8名のうちの1名となりました。

すみません、パスしたのは事実ですが、裏シナリオは完全なフィクションでございます。そうでも考えないと着物はともかく、このかつらのデザインは悪意が入っているか、罰ゲームか、ウケ狙い以外考えられない、と思ったのでした。次はどんなパフォーマンスを披露してくれるのでしょうか。楽しみです。

ということで皆さま、よい一日をお過ごしください。

Saaraの勇気あるパフォーマンスを讃えて
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

妄想 | 16:09:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
4大陸制覇の夢
Moi!

朝は-3度。近所の屋根には霜がおりていました。まだスプリングコートだと若干寒いのですが、陽射しは強いのでどんなコートを着るか迷うところです。

さて、我が家でもそろそろ夏休みの計画が話題になってきました。今年も7月に2週間日本に行こうという話になっています。そんな話をしていた矢先にFinnairから”Special offers to Japan"というなんともタイムリーなメールが!超お得。しかも12月中旬までが対象。即行このメールを出張中の家人に転送しました。

そして仕事が終わった家人から早速電話がきました。そして「安く行ける分、浮いたお金で沖縄に行こう!沖縄に行くのはいくらぐらいかかるか調べておいて。」
沖縄、沖縄は好きなんですけど、今回の旅は前半1週間と後半1週間にスケジュールが分かれていてちょっと融通がききにくいのです。
「で、何日の予定と考えているの?」と聞くと2泊3日だとのたまう。
「2泊3日じゃもったいないよ~。沖縄に行くならもっとゆっくりしたいし。」とごねると
「じゃあ沖縄には何があるの?」
「えーっと、まず海があって、守礼門があるけど何と説明したらいいのかな、ひめゆりの塔は戦時中のモニュメントで、それからパイナップル園があって、ハブとマングースの対決が見られて、オリオンビールが飲めてブルーシールアイスクリームも食べられる!グラスボートにも乗れるよ。」
と沖縄の魅力をアピールしたいのに、とてもしょぼい説明しかできない私
「じゃあ2泊3日で十分だね。」とあっさり延泊案却下。
「限られた期間で旅するなら金沢なんてどう?金沢なら1泊2日でも大丈夫だよ。」と別の提案を持ちかけてみました。
するとここで意外な返しが。
「金沢?それはどこにあるの?本州じゃないの?旅といえば本州ばかり。今回は四国か九州に行きたい!そしていつか北海道にも行きたい。」
え…。そっちですか?きれいな海が見たいとかリゾートに行きたいとかじゃなくてそっちですか?単に4陸制覇をしたいということ?まさかそんな返しがくるとは。
「そういうんだったら、四国ならこの前瀬戸大橋で与島に行ったじゃない。」と反撃に出る私。
「あんな小さな島、四国じゃない!(←与島の方、失言お許しくださいね。)それに瀬戸大橋も渡り切っていない。」と。
えー、えー、じゃあなんですか、瀬戸大橋線で瀬戸大橋を渡りきればいいってこと?新幹線で小倉まで行って小倉でお茶して帰ったら九州に行ったことになる訳と言いたい気持ちをおさえつつ、
「沖縄も島だけどね。」と反撃に出ると
「沖縄は与島より大きい。」
もう何だかよくわからない展開になってきました。

ちょっと腑に落ちない感じを抱きつつ、まずは飛行機のチケットがいくらなのか、希望日に予約ができるかを確認しようとFinnairのサイトに。あれれ?7月が選択できない。全部売り切れ?いやいやいくらなんでもそれはあり得ない、と冷静にサイトを読んでみると

Travel period 27 March–25 June 2014 and 13 October–12 December 2014.


ということは夏休み時期にはこの割引、全然きかないということですね。夏休みのかきいれどきにそんなに虫がいい話はそんなにない訳ですよね

ということで沖縄の話はうやむやになり、半分ほっとしました。どうせならもっとゆっくりできるときに行きたいですからね~。今回は瀬戸大橋線でちゃんと瀬戸大橋を渡りきってちゃらっと四国に行って我慢してもらうことにしようかなと考えています。

ちなみに以前フィンランドの地理の教科書を見るチャンスがあったのですが、主要都市の名前ばかりではなく、ちゃんと北海道、本州、四国、九州という表記もありました。フィンランドは日本とほぼ同じ面積ですが、4つの大きな”島”から成る日本はエキゾチックに映るのでしょうね。ちなみにわたくし、まだ北海道に行ったことがありません。私もいつの日か4つ目の島を制覇できる日がくるのでしょうかね。

最後に今朝の写真。向かいの家の屋根が霜で白くなっています。
霜のおりた家


ということで皆様、よい週末をお過ごしください。

北海道と本州、本州と四国、本州と九州はトンネルや橋でつながっている事実を知っているか家人に問いたい、問うべき?に
↓クリックお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:海外生活 - ジャンル:海外情報

妄想 | 05:03:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
Flag Counter