FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
25位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
クオピオの旅 ~観光編~
Moi!

相変わらず激しい雨が降ったり止んで晴れ間が見えたり忙しいお天気です。

今回でクオピオの旅行記、最終回です。今回は今までに紹介しきれなかった観光スポットなどをご紹介します。

クオピオの街も通りが碁盤の目のようになっているので複雑ではないのですが、方向音痴の私にはアップダウンが多くて方向感覚をすぐ失ってしまいました。前回行ったオウルの街は海に向かって下り坂になっているのですぐに自分がどこに向かっているか把握しやすかったのですが。ちなみに欧米では小さい通りにもすべて名前がついているので便利です。特に碁盤の目の街は。

まあそんなことはさておき。クオピオの人口は119,000人でフィンランドで9番目に大きな街です。歴史もあり、このような古い建物もたくさん残っています。
古い建物

こちらは聖ニコラス教会。残念ながらコロナの影響で閉まっていたので外観のみ。
St. Nicholas教会

先ほどのレンガ製の教会とうってかわってこちらは真っ白なクオピオ大聖堂。大聖堂だけあって街のセンターの小高いところに建っていて、ランドマークになっています。
クオピオ大聖堂

こちらが中。ちょうどパイプオルガンの演奏?練習中にあたり、ラッキーでした。ルーテル教会らしく白くてシンプル。
クオピオ大聖堂中

教会の前に拡がる公園。街の一等地にこんな緑豊かな公園があるのは素敵ですよね。
教会前の庭

中央広場というか市場にはお茶する(≒アイスクリームを食べる)ところや、果物や野菜を売っているところもあり、賑わっていました。セイナヨキの去年できたばかりの中央広場と比べると、比べちゃいけないけどやはり活気があってよいです。
クオピオ中央広場

青空に映える荘厳な建物は市庁舎でございます。中には入らなかったのですが、歴史の重みを感じさせる建物でした。
クオピオ市庁舎

この鮮やかな黄色い建物はマーケットホール。中には小さなお店がたくさん入っていてショッピングをしたり、お茶したり。ふとかもめ食堂でもみどりさんがマーケットホールに買い付けに行っているシーンを思い出しました。(みどりさんが行ったのはヘルシンキのマーケットホールでしたが。)セイナヨキにはないのでちょっとした憧れなのです。
マーケットホール

雨の日に撮ったせいかちょっと近未来チックな写真になりました。こちらはクオピオ博物館。現在は改修中につき中には入れませんでした。タリンにありそうなどっしりした塔が特徴的。
クオピオ博物館

クオピオといえば湖。飛び込み台もありました。ちなみに山の上にあるのはスキーのジャンプ台の近くにあるプイヨタワー。
飛び込み台

港にずらりと並ぶボート。小型ボートのための港としてはフィンランド最大、とストリートカーで説明してい(たような気がします)ました。
港

今回はホテルの自転車を借りたのですが、市内には電気自転車のレンタサイクルもたくさんあり、アップダウンの多いこの街では電気自転車の方がよかったかなと思ったり。特にプイヨタワーに行くなら電気自転車を借りる価値が一気に高まります。遊歩道

港で見かけたこのフライングボート、
フライングボート

空を飛んでいました。
フライングボート

完璧な晴れではないけれど青みを帯びた空をホテルの窓から撮ってみました。
クオピオ夕景

お天気も悪そうだったし、3日も1人で時間をつぶせるか心配でしたが、案外晴れ間もあり、湖のクルーズやストリートカーに乗ったり、朝サウナに入ったりしてゆったり過ごすことができました。今までなかなか東部に旅行するチャンスがなかったので行って正解でした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

一人旅に慣れている方も、未経験ですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 01:35:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
クオピオの旅 ~湖のクルーズ~
Moi!

今日は残念ながら曇ったり雨が降ったりの肌寒いお天気。予想最高気温は18度。数日は似たような天気が続きそうです。

書きたいことがたくさんあり、続く湖水地方、クオピオの旅行記が続いています。今回は湖のクルーズについて。

これはお天気のよかった初日に参加してみました。いつもの夏ならたくさんクルーズ船も運航していて、どれに乗るのか決められたのかもしれませんが、今年はいくつかの会社が運営していて1時間に1本ぐらい出ているようです。私が乗ったのはこのような少しレトロな船。1階は室内から湖を、2階はデッキになっていました。クルーズは1時間半で価格は18ユーロ(≒2100円)。
クルーズ船

気温は確か20度ぐらいだったかと。とにかくお天気が良くて湖面がキラキラしていました。
湖面

クオピオの街がだんだん小さくなっていきます。山の上にはスキージャンプ台の近くにある展望台が見えています。ちなみに右側の映り込んでいる物体は風にはためくフィンランドの国旗でございます。
クオピオの街1

こちらが動画です。風が結構強いのがわかりますか?


陽射しは強いのですが、動画の通り風が強くてじっと座っているとじわじわ寒くなるので、最初はほぼ満席だったデッキ席も少しずつ人が減ってきました。それにしても半袖ワンピでもへっちゃらそうなおばさま、さすがです。真夏でもクルーズに乗るときは必ず羽織物をお忘れなきよう。
クルーズ船

フィンランド人の理想のサマーコテージは海、湖、川など水に近いこと。サウナの後にクールダウンできるし、泳いだり釣りをしたり、クルーズしたり夏を満喫できますからね。この湖も、また湖に浮かぶ小さな島々の至る所に様々なサマーコテージが建っていました。サマーコテージだけじゃありませんよ。桟橋とボートがあるとさらによいでしょう。
湖畔の家

長屋というかテラスハウスもレイクビュー。洗濯物を干している時にクルーズ客と目が合っても気にしない。自分のペースでエンジョイするのがフィンランド風、たぶん。
テラスハウス

アパートもレイクビューです。この辺りはクルーズ船はゆっくり進んでくれました。
橋

湖には私が乗ったクルーズ船の他に釣りを楽しむ人、このようにモーターボートで気持よさそうにクルーズしている人、ヨットに乗っている人など短い夏を満喫していました。
モーターボート

クルーズ船の後にできる波の後を見ていたら、ふと島に住む祖父母を訪ねて行くために乗っていたフェリーをふと思い出しました。
クルーズ船後景

湖沿いには時々こういった高見台がありました。
高見台

これはクルーズ船に乗る前に撮った高見台から湖を撮った写真。視点を変えてみるとおもしろいですよね
高見台2

大きな湖なので運河?大きな船などはここでコントロールしているのでしょうかね。
運河

1時間半のクルーズも終わりに近づき、だんだん街が近づいてきました。
クオピオの街2

湖のクルーズは初めてだったのでよい体験でした。湖を1時間半もクルーズとは想像しづらいのですが、とにかく大きな湖なのです。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

夏休みの計画はバッチリですという方も、これからですという方も、ちょっと微妙という方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 20:17:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
クオピオの旅 ~食べ物編~
Moi!

今日は天気予報通り雨が降ったり止んだりの忙しいお天気でした。最高気温は17度。ほんの1週間前は25度とかで暑いといっていたのがはるか昔のように感じられます。意地を張って半袖のTシャツを着ているもののちょっと肌寒い。でも今着ておかないと着るチャンスがないし。そんな感じのお天気です。

さて、クオピオの旅行記は続きます。旅で楽しみなのは私の場合やはり食べ物。TripAdvisorのアドバイスをふんだんに取り入れながら今回も楽しみました。

まず初日のランチは軽いものが食べたくて市場にあったタイ料理。"辛いけど大丈夫?”と確認されながらオーダーしたチキンバジル。たぶん私の辛さ耐性はフィンランド人より高いはず。刻まれた唐辛子が入っていただけあってピリ辛。でもいい塩梅の辛さでした。
チキンバジル炒め

こんなコンパクトな屋台で笑顔のチャーミングなタイ人女性が手早く料理したものを出してくれました。軽く、と思ったのに結構な量。でも美味しかったので一気に食べてしまいました。3日間滞在でお天気が約束されていたのはこの日だけだったのでここを選んで正解でした。
Mupen

夕食は湖沿いのBokaというバルカン料理のお店に行ってみました。おしゃれな内装。
Boka内装

私が頼んだのはクルミチキン。ソースも凝っていて美味しかったです。
Bokaメイン1

家人が頼んだのはムサカ。セイナヨキではなかなか見ないタイプのレストラン。野菜たっぷり。そしてTripAdvisorで上位にあっただけに平日の夜でもほぼ満席でした。
Bokaメイン2

その後お腹がはちきれるぐらいいっぱいになったにも関わらず湖沿いの広場に。翌日、翌々日は雨の予報だったし(という言い訳。)
Aeto CafeというのはクオピオのあるSavo地方の方言で”本物のカフェ”という意味とのこと。
Aeto Cafe

気になっていたこのKuplavohveli(=バブルワッフル)を2人で分けました。えーっと、ワッフルはベビーカステラみたいな味と食感で、普通のワッフルアイスの方が個人的には好きかも。といいつつ、しっかり別腹に収めました。
バブルワッフル

2日目のランチはTripAdvisor堂々の1位のUrbanというレストランに来ました。ここはコロナの影響だと思われるのですが、ランチしか基本的に営業していないようでした12時過ぎているのに(フィンランドではランチは11時がピーク)ほぼ満席。
Urban内装

ランチは前菜のスープとメイン、そして小さなデザートとコーヒー/紅茶付き。2人のウェイトレスで効率よく対応していました。まあね、私より後から来た人達に先に料理が出されましたが、私は時間がたっぷりあったし、雨だったので子連れの家族の方がお子さんが飽きないうちに料理が来た方がいいでしょうしね。人間ウォッチングを楽しみながら待ちました。

最初にサーブされたのはスプーンを使わずに飲むタイプのスープ。アスパラガスだったかな?
Urbanスープ

この日のメインはリゾットだったのですが、控えめなカレー風味とコリアンダーとナッツのハーモニーが絶妙。シェフが絶え間なく努力をして美味しい料理を作ろうとしている姿勢が伝わってきます。
Urbanメイン

デザートはムースの上に旬の苺。紅茶の葉もお店で売られていました。はぁ、美味しかったです。
Urbanデザート

夜はちょっと出かけるのが遅くて&お目当てのレストランがその日は開いておらず。ハンバーガーなどが食べられるカジュアルなお店は開いていたのですが、一つの候補のお店はラストオーダーが終わったと断られ、お寿司のレストランに。Ozaki Sushiと書いてあったのでもしや日本人が経営?と期待したのですがフィンランドあるある、中国人経営のお店でした。お店は閉店時間を過ぎているのか、間もなくなのか絶賛床掃除中だったのですが、オーダー可能だったのでお願いすることにしました。こちらは2人分。あっという間に出してくれたので有難かったです。味もまあ普通に美味しかったです。シャリは型で抜いているようでちょっと量が多かったです。客観的に見るとすごい量ですね。
Ozaki Sushi

3日目のランチはまた来てしまいました♡Urbanです。Webで見たらメインが日替わりだったもので。もしハンバーガーやピザ、または典型的なフィンランドのビュッフェ料理を食べたければ選択の幅はぐっと広がるのですが、そうでなければなかなか出会えないというのを体感していますからね。ウェイトレスの人、たぶん”また来た”と思っていたはず。1人で通うアジア人女性。
Urban2日目スープ

この日のリゾットも表現力があれなんですが、もう写真から読み取ってください。すべてが計算されている絶妙なハーモニー。量も食べ過ぎが続いていたので嬉しいサイズ。→ホントです。
Urban2日目メイン

ちなみに3日目の夕食はクオピオから帰宅途中のガソリンスタンドを兼ねた街の食堂でのファストフードだったので写真は割愛いたしました。

それにしても3日間食べ倒し、胃がすっかり拡張(普段は粗食ですが、何か?)してしまったので現在調整中です。でもやっぱり日頃食べられない現地の料理を楽しめるのは旅の醍醐味の一つです。

ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

TPOに応じて胃の大きさが調整できる方も、いつもほぼ同じ量ですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 05:07:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
クオピオの旅 ~ストリートカー~
Moi!

今日はいいお天気に恵まれましたが、最高気温は20度。薄手の長袖で自転車に乗ると肌寒いぐらい。やはり夏至の頃のお天気は夢だったのかもしれないです。存分に楽しんでおいてよかったです。

さて、3日間滞在したフィンランド中東部の湖水地方の街、クオピオについてテーマごとにいくつかご紹介していく予定です。今回はストリートカーについて。

初日のいいお天気に恵まれた日にサイクリングをしていた時に見かけたのがこのストリートカー。自転車でついて行けるぐらいのゆっくりのスピードで走っているし、説明付きの模様。
ストリートカー

3日目。雨の予報に反してお天気も落ち着いていたところにちょうど市場の前に泊まっているのを発見。子連れが多かったのですが、そんなことは気にせず乗ってみることにしました。前の車両ではアイスクリームも売られている模様。
ストリートカー中

このストリートカーは1時間に1本約45分かけて街の中心から湖沿いを走るコース。途中の停留所で同じ日なら自由に乗り降りできます。子ども向けと思いきやクオピオの歴史などについてフィンランド語と英語で説明してくれるのでまさにはとバス。

港の近くのこの青い建物、昔は税関だったそうです。かわいい。現在は夏の間レストランとして使われているとのこと。
元税関

お天気はというとこんな晴れているところもあれば、
雲

何かしら不穏な雨雲も。
雨雲1

この雨雲は一雨降るタイプだけど、まあこのストリートカー、屋根はあるし(窓ガラスはないけど)…
雨雲2

と高を括っていたら大変なことになりました
豪雨

ポツポツと降り始めた雨はやがて横殴りの雨に。最初は躊躇していたものの、私は最終手段で傘を差しました。ストリートカーの中で必死に窓に向かって傘を差す私。乗客はあまりのひどい雨の横殴りぶりに笑うしかないぐらい。

ええ、せっかくの説明も説明を聞くどころではなくなり、肝心の窓からの眺めも傘に隠れて何も見えず。私は何のためにストリートカーに乗ったのか?

幸いしばらくしたら雨も横殴りから小ぶりになってきました。これは美術館か博物館。
写真博物館

これはクオピオで一番古い石の建物。現在はSataman Helmiというレストランになっています。
Sataman Helmi

その後1時間弱で雨も止みました。典型的なフィンランドの夏のお天気です。ちなみにその日は天気予報を信じて邪魔だけど長傘を持っていたのです。そんな人は誰もいなかったので失敗かな?と思ったのですが、これに随分助けられました。折り畳みだったら骨が曲がっていたかもだし、面積も狭いですからね。

初日に湖のクルージングもしたのですが、ストリートカーは上述のように町の観光スポットを効率よく回れるし、風景が湖に比べてどんどん変わるし、説明付き、さらにクルージングの半額以下なのでお薦めではあるのですが、空の様子、天気予報をしっかり確認し、また窓が開いているので、というか吹き抜けなので羽織物があるとさらに安心かと思います。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

今回私がラッキーだったと思った方も、いやアンラッキーすぎるでしょうと感じた方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 23:53:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
朝から至福のサウナ
Moi!

昨日は終日雨の上に夜には嵐になって大荒れでした。今朝は曇ったり、晴れたり、横殴りの雨が降ったり。典型的なフィンランドの夏のお天気でしょうか。最高気温は16度です。

さて、家人の出張に同行して宿泊しているのは全国チェーンの、詳しくいうとスウェーデンに本社があるScandicホテルです。典型的なビジネスホテルで必要最低限のものが揃っている印象ですが、たまに昔は単独のリゾートホテルだったところを買収しているところもあります。今回のホテルもロビーが広々しているところからして高級感満載。
そして地下にはサウナはもちろんなのですがこんな大きなプールがついていたのです。
プール

そしてこちらは大きい方のサウナ。これは貸切用なので温まっていなかったです。サウナのある地下1階にミーティングルームもあったので、きっとミーティングの後にサウナも可能なのかなと思ったのでした。これとは別に温まったサウナがありました。(男女別)
サウナ

サウナの合間のリラクゼーションスペース。
休憩スペース

そして外にはテラス席も。
テラス

昨日は家人がジムを利用した後にサウナに入ったら、サウナを新しく替えたばかりでロユリュ(=蒸気)がとても柔らかくてよかったと。ホテルの人に聞いてみると朝は7時から10時まで利用できるとのことだったので、家人が仕事に行った後に行ってみました。

朝からサウナなんて豪華ですよね~。
予想通り利用客は私だけ。サウナは確かに柔らかいロウリュで気持よかったです。

エストニアのタルトゥのホテルのSpaはサウナ、プールも豪華で、リラクゼーションスペースにはふんだんにフルーツやお水などが置かれていましたが、今回のホテルはすごくあっさりしていました。そこがフィンランドらしいというか、まあなんといってもビジネスホテルですからね。

せっかくだからとプールにも行ってみると、写真には撮っていませんがジャグジーが。ちょっとぬるめのお湯で気持よかったです。プールも試そうとしたのですが、水が冷たかったのと、何よりここ地下1階なのですが、ガラス張りになっていて犬を散歩している人が見えるのですよね~。え?これって水着着用スペース??そして男女兼用かどうなのかもすごく曖昧だったので早めに退散しました。 →今ホテルでこのブログを書いているのですが、プールに子ども達が入っています。水着着用でこれは…外から見えた案件。まあ犬の散歩の人に気づいたのはジャグジーの中にいたのでセーフ?

ジムはのぞいただけですが結構マシンも充実していました。
ジム

子ども用のプレイルームもありました。
プレイルーム

Scandicホテルでも海や湖の近くなどは元リゾートホテルだった可能性も。施設にジムがあるかなどをチェックするのも一つの手かもしれません。それにしても普通の旅なら朝チェックアウトしてすぐホテルを出るのですが、こういう夕方までゆっくり時間がある旅も楽しめました。ちなみにフィンランドの多くのホテルのチェックアウトは12時というのも有難い点です。

ということで皆様、よい一日をお過ごしください。

しかるべき場所で場違いな格好で潜入してしまったことがある方も、慎重ですからそんなへまはいたしませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国内旅行 | 22:04:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ
Flag Counter