fc2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
地元の情報や日々の情報を書き綴っています。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ

■カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■最新コメント
■カテゴリ
■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■リンク
■検索フォーム

■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
16位
アクセスランキングを見る>>

■RSSリンクの表示
快晴の湖上ウォーキング、再び
Moi!

今朝起きたら昨日の午後から夜半にかけて降った雪がさらに積もっていました。日中の最高気温は3度。曇りまたは霧雨が降っていて、地面の雪が少しずつ緩み始めています。

今日のお天気とはうって変わって日曜日は素晴らしい快晴だったので3週連続で湖に行ってきました。気温も前回の-16度ほど寒くなく(-6度)また雪もそんなに溶けていないいいチャンスだったので、たくさんの人が来ていました。駐車場は止めるところがなさそうだったのでいつもより手前に止めて正解。通常の駐車場では空いているところを探す車がぐるぐる回っていました。

湖やその近くでは雪で遊ぶ子どもや、クロスカントリースキーを楽しむ人、私達のようにウォーキングを楽しむ人で賑わっていました。
湖畔

やはり雪山に上って遊ぶ子ども。犬の散歩に来ている人も何人かいました。
雪山

実は今回は2日前にしっかり雪が降り、その後に整地されていなかったので足を取られて歩きづらかったのです。足跡がたくさん。
足跡

太陽が大地を力強く照らしてくれる季節になりました。
太陽

アイスフィッシングをしている人が何人か。
アイスフィッシング1

この人達はこれから穴を開けようとしているっぽいですね。
アイスフィッシング2

向こうの方でクロスカントリースキーを楽しんでいた子ども達。
クロスカントリースキーを楽しむ人1

こちらでも滑っています。私は(毎年)初心者なので轍に沿って滑らないときっとうまく前進できない気がするのですが、こちらの人は慣れているのできっと自由自在に滑っています。
クロスカントリースキーを楽しむ人2

清々しい空とひんやりとした木の影のコントラストが冬らしくて好きなのです。
光と影

水紋ならぬ雪紋ができていました。これも自然の造形美。
雪紋

湖沿いの上の道と、車道の道は別にあるのです。上の道を歩く人が神々しく見えた瞬間をパチリ。
上の道を歩く人

雪をまとった木々が青空に映えて美しい。
雪の積もった木1

気品のある木。
雪の積もった木2

雪がたわわに積もっている木も魅力的。マリメッコのデザインや、モネが描いた絵を思い出すのは私だけでしょうか。
雪の積もった木3

今週末も晴れそうですが、気温が上がると雪も溶けてくるのでこのような雪が積もった木は見られなさそうですが、春に一歩ずつ近づいているということで景色の変化も楽しめればと思っています。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

アウトドア派の方も、インドア派の方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 03:14:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
絶対温感
Moi!

今日の最高気温は0度。午前中は曇りだったのですが、午後になって予報通り雪が降り始めました。夜中まで降り続くようで、明日の朝はどのようになっているか?

さて、今日は突然ですがフィンランドのシャワーの温度について書いてみます。
あれは初めてフィンランドに来た時のこと。6月だったのですが小雨の降る寒い1日で冷えた体を温めようと宿泊先のホテルでシャワーを浴びました。ところが温度設定を最大限にしても生ぬるいお湯しか出てこない。通常なら焼けるように熱いお湯が出るはずなのに。
この時うっすら私はこの国で生きて行くことはできないと思ったのでした。
幸いあんなにぬるいお湯しか出ないシャワーは後にも先にも1度きりだったのでご安心くださいね。

そんなぬるいお湯しか出ないというのになぜ宿泊客からクレームがこないかというと、フィンランド人の基本のお湯の温度が低いからじゃないかと睨んでいます。

以前家のシャワーの調子が悪かったことがありまして。家人はいつも基本より低めの温度のシャワー、時には水を浴びているようで、私は逆に基本より若干高めの設定でシャワーを浴びています。調子が悪かった日々は家人が低い温度でシャワーを浴びた後が問題。温度設定のダイヤルを回すのですが真ん中でカチッという音がせず、それこそどんなに最大限に熱湯が出る設定にしても、ダイヤルを左右にぐるぐる回そうと2~3分はお湯が出てこないという苦行の日々が続いたのです。

温かいお湯がなかなか出ないから基本設定より温度を低くしないでと家人に懇願する私と、いやいや、熱いお湯を使うと電気代が上がるからこの際節約に協力してほしいと主張する家人。

2人の攻防は続きましたが、まあ当然のことながらお互いに一歩も引かず。そもそも絶対温感が違うのだから無理な話ですよね。そんなある日、家人が”そうだ、修理を頼んでみよう。”と建設的な意見を出してくれました。そして修理の人がやってきてシャワーは部品を交換した後にすぐ直りました。

私達は…一体何に対して意地を張り合っていたのでしょうか?

今では何のストレスもなく私は身体がしっかり温まる熱いシャワーを浴び、家人は温度設定を見る限り時々水を浴びているようです。真冬でも。私は変温動物のように一旦手が冷えたらなかなか自力で暖かくならないのですが、家人はすぐ温まるので自家発電装置を内蔵しているのではないかと密かに疑っています。冬はうらやましい限りです、まったく。

さすがにシャワーの写真はブログで使ったことはないだろうと思いきやありました~。金ぴか嗜好のホテルではシャワーでさえもゴールドが使われていました。この黒いポチのところで今も攻防が繰り広げられているのです。(私の温度設定だと家人は火傷すると言ってます。)
Hotelli Onnen Tähtiシャワー

もしフィンランドのホテルに宿泊されるときは、お湯の温度、若干高めの方が心地いいかと思います。
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

手足が冷えても割合すぐに温まる方も、自力ではなかなか温まらない方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:14:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
本屋さんで見かけたかわいいグッズ
Moi!

今日の最高気温は+1度。終日曇り空でしたが、気温が少し上がってきたので道の雪も緩んでシャーベット状になってきました。この時期は洗車をしてもすぐ汚れてしまうので、今の時期の車はどれも信じられないぐらいに汚れています。ええ、私の車も例に漏れず。

今日は久々にのぞいてみたSuomalainen kirjakauppa、直訳すると”フィンランド人の本屋”の雑貨コーナー(いつも見るのが楽しみ)のご紹介です。

ここのコーナーにはムーミングッズがずらり。本屋さんにもムーミンマグが売られているのは違和感があるかもしれませんが、アルファベットシリーズは本にも関係あるからかもしれません。左のパステル調のものはステッカーで、1つは郵便受け用で”広告お断り”、もう1つは”部屋にペットがいます”。”広告お断り”は普通はテプラみたいなものを貼り付けているか、手書き?こんなしゃれたステッカーがあるなら貼ってみたいですが、広告をチェックするのが好きなので貼ることはできません。もし貼ったら新聞や郵便物以外は入れらないですからね。広告のセール品やフリーペーパーのイベント情報は貴重な情報源なのです。
Suomalainen kirjakauppa ムーミングッズ

ムーミンコーナーの棚には絵で学ぶ辞書(フィン英)。ISOというのは大きいという意味なので大きな絵があるのでしょうかね。
Suomalainen kirjakauppa ムーミン絵本辞書

Aarikkaの種類が増殖しています。(かわいい。)主張しない色合いと丸みが魅力。
Suomalainen kirjakauppa Aarikka

そしてこの裏には商品入れ替えにつきのセール品コーナーがありました。Lapuan Kankuritのバスタオルが半額だったので思わず買ってしまいました。バスタオル、2人暮らしにしてはかなり枚数あるのに…製品と価格の魅力には抗えませんでした。しかも会員カードを作っておけばそこにポイントが貯められるので、ふふ。

本屋さんなのに雑貨ばかり購入しているのですが、雑貨目当てで本屋さんに行くのもありですよね。
ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

お買い得情報は広告でチェックするという方も、ネットやアプリでチェックするという方も、そもそもそんなものは不要ですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

日本へのお土産 | 01:20:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
フィンレイソンのエレファンティ
Moi!

今日はほぼ曇りでしたが、日中小雪も舞いました。最高気温は-2度。そういえば最近目が痒いのですが、まさか花粉なんか…飛ぶわけないですよね。

さて今日は地元の新聞にフィンレイソンのエレファンティをデザインしたLaina Koskelaさんに関する記事が載っていたので紹介します。

Lainaさんはセイナヨキのペラセイナヨキ(昔は独立した町だったのですが現在は市町村合併によりセイナヨキ市に)出身。学生の時にフィンレイソンと芸術デザイン大学が共催したデザインコンペに参加し、このエレファンティのデザインを提出したそうです。このデザインを考えるにあたり、ペラセイナヨキの古い写真を見ていて、その中に家族写真の中で弟がグレーのゾウのキャラクターがついた布製のジャケットを着ていたのに発想を得たそうです。彼女はゾウの形をできる限りシンプルにし、色は赤、青、黄色、そして当時流行っていた茶色を選んだとのこと。

残念ながらコンペの優勝はならなかったものの、フィンレイソンからデザインを買い取りたいと連絡があったのだそうです。ちなみにエレファンティの製品の写真はないかなとマイストックを探したところありました!
すみません、ちょっとこのセーターはいかがなものか?と思って撮ったものなので
エレファンティ セーター

もう少しまともなものを。これなんかどうでしょう?なかなかかわいいですよね。ちなみにフィンレイソンとminimaniというスーパーのコラボ製品。
エレファンティ バッグ

話は戻り、コンペがあったのは1969年。そして1970年に同じ学校の友達がスウェーデンの雑誌に見覚えのある赤いエレファンティ製品が載っていることを教えてくれたそうです。当時はフィンランドではまだ製品が売られていなかったので、Lainaさんはストックホルムのデパートにその生地を買いに行ったのだそうです。その友達の分も一緒に。

そして1970年代前半にフィンランドでも売られるようになり、特にカーテン生地、子ども用ベッドカバーに好んで使われたそうです。しかし時と共にブームは去ってしまい、エレファンティも記憶の片隅に追いやられるようになりました。

Lainaさんは衣料品産業で働くも1980年代に不況の波が押し寄せ、今度は靴のデザインを始めました。彼女のデザインしたハイカットレザーブーツはロシアに多く輸出されていましたが、やがてロシアの輸出業も勢いを失ってしまいました。その後タンペレ大学の演劇科の衣装セクションで働いたりもしたそうです。

2005年、60歳のLainaさんは頭の片隅でエレファンティがまたフィンランドの家庭でたくさん見かける日が再び来ないだろうか?と思うようになったのだそうです。フィンレイソンの担当者にそのアイディアを話すものの、最初の年は興味なし。次の年も同じ結果。でも3回目の2011年にとうとうプロダクトマネージャーが反応してくれ、フィンレイソンにはレトロブームが訪れ、成功をなしたのだそうです。

そしてちょうどその頃日本でのライセンシングも成功。Lainaさんは日本語を勉強していたのでそれも役立ったそうです。日本でのエレファンティの勢いは増し、2015年に東京のデパートでファンに向けてのイベントのために念願の日本への旅行が叶ったそうです。(日本人の発音ではLaina KoskelaはRaina Koskera=”ライナ・コスケラ”になると書かれていました。)

2019年には大阪の阪急デパートの北欧展でセミナーとワークショップをすることになりました。そのワークショップでは昔のオリジナルの生地が使われ、当初は生地にハサミを入れる予定だったのですが、日本人はハサミを使うより手縫いをした方がいいと申し出たそうです。

日本の旅行中にLainaさんはエレファンティの杖、リップケース、テルモス、お財布等を見かけ、さらにはお土産としてバッグやカーペットをもらったそうです。他にもユニクロとのコラボレーション、ブリュッセルやサンフランシスコでは洋服やブランケットも売られていて、息子さんはアメリカでLainaさんのためにエレファンティの製品を買って帰ったそうです。

また日本で嬉しかった出来事は2000年代にエレファンティのブランケットが100年前の製法で作られたこと。そして昨年の秋、フィンレイソンのキャンバスに描かれたエレファンティはジャガード織で日本で生産されるようになりました。

最近のLainaさんの楽しみは日本の関係者とメールを交換したり、インスタグラムでライセンシングで作られたエレファンティの新製品をフォローすること。そしてもう1度日本に行って、富士山の近くのジャガード織の工場を訪ねたいと思っているそうです。
私がフィンランドに来た頃にちょうどエレファンティが復刻した時だったことがこの記事でわかりました。今でもなおフィンレイソンを代表するデザインにそんなLainaさんの思いが秘められていたとは。日本行きの夢が是非叶いますように。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

レトロな柄がお好みの方も、エッジの効いたデザインがお好みの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ





テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 02:09:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
雪がなす造形美
Moi!

今日は太陽がキラキラ光り輝く快晴の日で、最高気温は-3度でした。一方土曜日は起きたらさらに雪がたっぷり積もっていて、またがっつり雪景色に後戻り。

それでも雪が降った後の銀世界は特別なのです。もこもこの雪と氷柱。
氷柱

冬の間殺風景な枝も雪が積もればその姿がはっきりとわかります。
雪が積もった枝2

同じ木でも晴れの日と雪の日では印象が違いますよね。そして降りたての雪の日はさらに雪のおかげで枝ぶりがはっきりとわかります。
雪が積もった枝1

私が庭の写真を撮ろうとカメラを向けたらキジが驚いて飛びあがり、倉庫の屋根に乗ったのでした。
キジ

今年はたくさん雪が降っているし、まだ降りそうな予報のため溶けるまではまだ少し時間がかかりそうです。しばらくこの美しい雪がなす造形美を楽しみたいと思います。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

春の兆しを日々楽しんでいる方も、まだがっつり雪に覆われた(花粉はまだ飛んでいない)国にお住まいの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:07:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
Flag Counter