FC2ブログ
 
■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
16位
アクセスランキングを見る>>

冬に逆戻り
Moi!

庭の雪も木の周りから少しずつ溶け始め、雪の下から地面も見え始めていたのに今朝起きたらこの通りの雪景色
雪1

たっぷり積もっています。
雪2

最高気温は0度、しかも終日細かい雪が降っていたので銀世界度が増したような。除雪車は忙しそうにあちこちで稼働していました。春にはまだもう少し時間がかかりそうです。

そういえば暖かい日が続いた2週間ほど前にフィンランド人からメールで”引き続きよい春をお過ごしください”と締められていました。家人のところには”よいをお過ごしください”とかなりフライングなというかちょっとやけくそ気味なあいさつで締められていたのだとか。上には上がいるものですね。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

この雪景色で冬とよぶべきか、春とよぶべきか、はたまた飛び越えて夏とよぶべきか、いずれにせよ
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:50:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
Lapuankankurit日フィン修好100周年記念セール
Moi!

今日は朝少しみぞれっぽい水分を含んだ雪が積もっていましたが、日中小雨が降ったり止んだりしたので溶けました。この辺りの土地は平地が多いので雪解けの時期は道に水があふれて大変です。

さて、2019年は日フィン修好100周年の記念の年。日本をイメージした切手が発売されたり、美術館や博物館で日本に関する展示があったりしていますが、セイナヨキのお隣、LapuaにあるLapuankankuritでも日フィン修好100周年を記念してセールがあると案内がありました。
追記:これは会員向けのセールです。

それがこちら。日本人デザイナーのKagoshima MakotoさんのKukatというシリーズ。Kukatというのは花(=Kukka)の複数形です。
Makoto Kagoshima
出典:Lapuankankurit
和の雰囲気も醸し出しつつ、フィンランドデザインにもうまく溶け込むこのKukatシリーズ(クッションカバー、キッチンタオル、テーブルランナー、テーブルクロス)が3月中フィンランド国内であればヘルシンキのショップ、Lapuaのアウトレットショップ、そしてネットショップで20%オフとのことです。

このブログでもLapuankankuritのことは時々取りあげていますが、日本人デザイナーが4人もパターンを手掛けているし、日本での販売ネットワークにも力を入れているというのもありますが、一企業が日フィン修好100周年を意識してくれているのは嬉しいことです。

そういえばマリメッコも東北大震災の後、日本の赤、フィンランドの青のウニッコをあしらったチャリティーバッグが販売されていたのを思い出しました。あれも嬉しかった…。

Lapuankankuritでは毎月セール対象が変わるので、今後も引き続き日本のデザイナーの商品が割引対象になるかもしれませんね。個人的には日本人の作品はやはり腑に落ちるというか、ついついお土産に選んでしまうのです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

和柄がお好みの方も、洋風の柄がお好みの方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 02:28:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
冬のタンゴフェスティバル
Moi!

明日から木曜日まで雨や雪の予報が出ていますが、その後はいいお天気に恵まれそうです。

そんな中、金曜日に冬のタンゴフェスティバルに行ってきました。なぜ”冬”かというと、セイナヨキでは毎年7月にタンゴフェスティバルが開催され、多くの観客で賑わうのです。今回はアルゼンチン人の知り合いが企画した初の試み。前日からワークショップや映画観賞会が行われましたが、家人と私はHotel Almaで開催されたライブに行ってきました。

Hotel Almaはテーブルに着席形式で食事や飲み物を楽しみながら舞台の演奏が楽しめるのです。そして今回はこのライブのための特別料理でアルゼンチンのミートパイ。家人から分けてもらったのですが、サクサクしておいしかったです。(あの~、夕食、既に食べてたんですけどね。)
Alma アルゼンチン料理

さらにデザートとコーヒー付きでした。
Alma デザート

最初にこのイベント開催に関わった人達の挨拶。マイクを手にしているのがアルゼンチン人の知り合い、Julioさん。フィンランドの語学学校に通っている時のインターンで日本語の教師をしたことがあり、週に1回彼はスペイン語を、私は日本語を教えにKauhavaという隣町まで行っていました。その時車で連れて行ってくれたご縁が続いています。
タンゴフェスティバル関係者挨拶

最初のバンドはバンドネオン、コントラバス、歌手のトリオ。バンドネオンのメルセデス(!)さんはフィンランド在住でフィンランド語が流暢。そしてシルクドソレイユのバンドにも在籍していたのだとか。コントラバスはフィンランド人の方でした。
アルゼンチンバンド

ちょっとブレていますが、バンドネオンってこんなにビヨーンと伸びるんです。日本にいる頃からアルゼンチンタンゴが好きで、時々コンサートにも足を運んでおりました。哀愁のある音色がアルゼンチンタンゴにぴったり。
アルゼンチンバンド バンドネオン

この人の情感ある歌もよかったです。この優男(失礼!)ぶりがまたよかった。
アルゼンチンバンド 歌手

ありがとうございました!
アルゼンチンバンド挨拶

次の演奏はNadiaさんとDanielさんによるアルゼンチンタンゴダンス。お二人はヘルシンキでダンスレッスンを開催しているようです。フィンランドタンゴは簡単に踊れるのですが、アルゼンチンタンゴは足さばきが難しそうな上に密着度高し。ピンヒールで鮮やかなダンスを披露してくれたNadiaさん、それをエスコートするDanielさんに目が釘付けでした。
アルゼンチンタンゴダンス

最後のトリオはフィンランド人のバイオリン、チェロ、ピアノのトリオ。家人いわく地元の音楽学校の教師だとか。あんまり期待していなかったのですが(失礼!)、最初の2曲は私の好きなアストル・ピアソラの曲を朗々と披露してくれでした。その後の2曲はフィンランドタンゴ。
フィンランドアルゼンチンバンド

そして最後は関係者全員が舞台に上がって花束の贈呈などの図。
アルゼンチンバンド終焉

アルゼンチンとウルグアイの大使も来られていたし、会場は80席ほどありましたがほぼ満席でした。年齢層は若干高めでしたが、まあダンス世代はどうしても年齢層高くなりますからね~。

夏の規模に比べるとこじんまりとしてはいますが、セイナヨキ=タンゴという認識が国内だけでなく少しずつ海外にも浸透していくきっかけになればと思ったのでした。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

アルゼンチンタンゴにトライしたことがある方も、見るだけで充分ですという方も、まだ見たことがないという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

街の情報(セイナヨキ) | 02:06:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
ありがたい申し出
Moi!

今日は一日中曇り。最高気温は+3度。順調に雪は溶けています。それにしても3度と聞いて寒いと思っていたのに、今は随分暖かくなってきたと思えるのは人間の適応力の他なりません。

さて、先月から1ヵ月、家人の通っているジムでバレンタインデー(フィンランドでは友達の日)キャンペーンで無料で行くことができました。今回はトレーニング器具はあまり使わず、お腹とお尻に効くエクササイズが週に3回あったのでそれを中心に通ってみました。

どのエクササイズもトレーナーの人や周りの人の動きを見ながら必死についていく、そんな感じ。そのうちの1つのエクササイズではトレーナーが親切で、私に気付くと寄ってきてくれて”英語の方がいい?”と申し出てくれたのですが、”フィンランド語でいいです。動きを真似するので”と言ったのですが、”大丈夫。英語でも説明するからね。”と。優しい…

が…実際にエクササイズが始まったらトレーナーの方が”20回”とか”3分間”とか、なんというか簡単な数だけ英語で言ってくれて、肝心の”脇を締めて”とか”お腹を平らにして”とかそういう微妙な説明はすべてフィンランド語きわめつけは”Start nyt!””Nyt"というのは”now”というフィンランド語。私に気を遣うあまり英語とフィンランド語が混ざってしまいました。参加者はもちろん全員その意味がわかり笑っていました。その気持だけでもありがたい、そんなほのぼのとした、一方体はボロボロになるハードなエクササイズでした。

ジムに通った結果…
〇体重→増加
体を動かすとお腹がさらに空く。しかもジムは大きなスーパーに近くで、ジムの帰りに寄るとついついセールになっているお菓子を買ったりしたのが原因です。
〇日頃のエクササイズが疎かに
ジムに行く前は家でエクササイズをちょこちょこしていたのですが、ジムに行っているのを言い訳にほとんどしなくなりました。しようと思っても筋肉痛でできなかったり。
〇下手すると筋を痛める
エクササイズは音楽に合わせてどんどん体を動かしていくので、体を歪めたままエクササイズすると筋を痛めたりするリスクも。
というマイナスの点もありましたが、

〇睡眠→快眠
もともと快眠なのですが、体が心地よく疲れて良質な睡眠が。
〇体の芯が強化
体の軸がしゃんとして、よい姿勢を保ちやすくなりました。体も軽くなったのも嬉しい。
〇しっかりエクササイズ
家でやっているとしんどかったらちょっと休んだり、究極がわからず筋肉痛になる手前でやめてしまうのですが、トレーナーの方達は容赦ないというか、もうちょっとがんばって、もうちょっとという励ましで筋肉痛の境地へ誘ってくれました。
というのがプラスの点。

このまま会費を払って続けるか、もしくはもう少し会費の安いジムに通うか、または家で地道にエクササイズをするか検討中です。

そういえばジムではタオルを持っている人は少数派です。家人によると湿気の少ないフィンランドではタオルで汗をぬぐう文化があまり浸透していないのだそうです。汗をかいた人は時々ペーパータオルで汗を拭き、トレーニングの後にシャワーを浴びて帰る人が多いです。ちなみにジムにはやっぱりサウナも併設というのがフィンランド。私は化粧をし直すのが面倒なので行きませんが。そしてフィンランドのシャワーって個室になっていないのでその恐怖もあります。

というフィンランド小ネタでございました。
皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

日頃から体を鍛えている方も、ちょっと甘やかしがちな方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 22:35:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
リトルミィとご先祖様のマグ
Moi!

今日の最高気温は+3度。外は雪が降ったり雨が降ったりですが、雨が優勢なのでどんどん雪が溶けてきています。幸い道はあまり凍っていないので、水たまりを避けてあまり水撥ねしないように歩けばいいです。

さて、今日スーパーに行ったらあまり見かけないリトルミィとご先祖様(?)のマグがセールになっていました。この前発売された春色とは違ってはっきりした赤と黒。
ムーミンマグ

3週間ほど前からムーミンの3Dアニメも始まりました。このことはまた近々書くとして、こうやってアラビアが定期的にマグを発売し続けているのもあり、ムーミン熱は収まるところを知りません。でもムーミン人気を支えているのはより熱烈な日本人ファンなのかもしれません。

今朝はジムに行って例のハードなプログラムに参加し(体ボロボロ)、夕方からフロアーボールの試合観戦(今日勝てばベスト4進出)です。
ということで皆様、引き続きよい週末をお過ごしください。

リトルミィって目は怒っているのに口は笑っているのですね。
鼻の穴をヒクヒク動かせる方も、耳をヒクヒク動かせる方も、それはちょっと無理ですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 20:18:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
Flag Counter

FC2Ad