■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
24位
アクセスランキングを見る>>

”夏にこれがあれば”的グッズ
Moi!

今日も22度まで上がり、暑過ぎも寒過ぎもなく過ごしやすいお天気でした。そして今年初のアイスクリームスタンドでアイス、買いました~。色々な味があって迷ってしまいました。ま、31種類もありませんが

金曜日の夕方にスーパーに行くといつもにも増して買い物の量が半端ない人が増えてきます。たぶん週末をサマーコテージで過ごすためのものを買い込んでいる感じ。

先日スーパーに行ったらこんなものが売られていました。魚捕り用網?
ロンケロバスケット1

このブルーは日本でも買えるようになったロンケロのブルー。ロンケロというのはロングドリンクの愛称。ジンとグレープフルーツのカクテルでフィンランド人が大好きなアルコール飲料でございます。そのロンケロをこのバスケットの中にこうやって入れて、湖、川、海などで冷やしましょうというもの。
ロンケロバスケット2

フィンランドのサマーコテージは水辺の近くに建てられ、サウナの合間にクールダウンしたり、もちろんボートに乗ったり泳いだり魚釣りしたりするのが定番。だったらロンケロも冷やしておこうじゃないかという発想です。日本ならこの中にスイカを入れたくなりますがね。

もし友達のサマーコテージにおよばれしたら、このバスケットとロンケロをセットで差し入れる、なんていうのもいいんじゃないかと。(発想がオッサン?)今年の夏の出だしは好調なので結構売れるかもしれません。

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

夏のご予定がお決まりの方も、これからという方も、たぶん特にどこにも行きませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 02:53:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
リフレッシュのためのサイクリング
Moi!

今日は予想通り気温は16度まで下がりましたが、晴れの日は続いて気持がいいです。冬の間日光をあまり浴びれなかった分を取り返せるぐらいまぶしい陽光が降り注いでいます。

よいお天気で気持はポジティブだったのですが、頭の中で色々なことがごちゃごちゃ渦巻いてきたので頭の中を整理するため、気分をリフレッシュするため、そして体を動かすためにまた湖畔のサイクリングに出かけました。

一緒に行く仲間がいるのも楽しいのですが、こうやって一人で色々なことを考えながら、マイペースで行くのも好き。前回は最初が向かい風、しかも花粉症で頭がボーっとしていてかなりしんどかったのですが、今回は追い風で始まったので楽でした。(後半は森の中の道が多いので湖畔ほど風が強くなくて楽ということが判明。)

青い空と湖。左に見えるのは潜望塔。
湖と潜望塔

湖にぷかぷか浮いているものが。ペットボトルに旗をつけてるのですかね。
小舟

今日は15度だったのでさすがに泳いでいる人はいませんでしたが、暖かい日はこの桟橋から泳いでいる人も。
桟橋

水面がキラキラして夏っぽいですね。
光る湖面

更地だったところがこんな人工芝が敷かれていました。サッカー場になるのですかね。湖のすぐ側なので風が強そう。ボールが飛ばされやしないかちょっと心配。
人工芝

そして前半を走り終え、ほぼ中間地点の木立に。
木立

橋の上からのいつもの見事な眺め。あっという間に白樺の葉っぱが出揃いました。
橋の上から

トイカメラの設定で撮ったボート。気に入ってます。
ボート

PCの前にいるとついついSNSをチェックしたりしてすぐ気が散ってしまうのですが、こうやって時間を作って自然の中で流れゆく風景を眺めながらサイクリングしていると、色々な情報でごちゃごちゃしていた頭の中が少しすっきりしてなんとなく自分のしたいこと、すべきことや進むべき道が見えてきました。体も前回よりは疲れなかった気がします。このリフレッシュ法はこちらに来て教えてもらったもの。理屈では説明しづらい大きな自然の恩恵をいただいています。

ということで皆様、よい週末をお迎えください。

集中力はあります!という方も、どちらかというと注意力散漫な方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 00:01:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
スーパーで見かけたムーミン製品
Moi!

今日は少し気温が下がって最高気温が17度でしたが、爽やかな1日でした。少し風がありましたがそれも心地いい。庭の桜は満開になり、リンゴの木は7分咲き。フィンランドの一番いい季節がやってきました。

さてスーパーに行くと時々ムーミン製品を見かけます。最近増えてきているような気が。ムーミン製品は2種類の狙いがあって、1つは子どもが興味を持って食べるように、そしてもう1つは観光客狙い?

こちらはオーツのポリッジ。パッケージのイラストでわかりますが、左がバナナ、イチゴ、ブルーベリー味で右がバナナと洋ナシ味。お粥にフルーツ!と思うと拒否反応があるかもしれませんが、お粥という概念を取り払って食べると小腹を満たすのにちょうどいいし、手軽にヘルシーに食べられます。小さな子どもも食べやすいようにリトルミイのイラスト入りですが、パッケージもパステルカラーでイラストもお茶目だしお土産にいいかも。
ムーミンポリッジ

このコーヒーは観光客狙いかなと。(子どもががぶがぶコーヒー飲まないし。)左はミディアムローストコーヒーで、右がダークローストコーヒー。コーヒーが飲めないので違いが今一つわからないのですが、こちらも(若干季節外れですが)パッケージかわいいですね~。
ムーミンコーヒー2

そしてこちらは攻めてきています。ほのぼのとしたイラストと裏腹に左がブルーベリー味で、右がミントチョコ味
ムーミンコーヒー1
えっと、これってコーヒー好きの方にとってどうなんでしょう???パッケージはかわいいのですが、チョコミント味のコーヒーって?コーヒーなのにチョコの味??コーヒー味のチョコもあるから逆もありってこと?(混乱中)
ブルーベリーティーならありですが、コーヒーもブルーベリー味って??

こちらは新製品でブルーベリー味のオーツチップ。最近健康志向が高まっているのかオーツを使った製品、よく見かけるようになりました。(そういえばコオロギ入りチップスなんてのもありましたね~。)これは12ヵ月以上と書いてあるので子ども向け製品のようです。
ムーミンオーツチップ

拡大したらこんな感じ。お土産にするにはちょっとかさばるのと、割れてしまうリスクがあるかもしれませんが、ヘルシーそうだし、フィンランドっぽくていいのではないでしょうか。
ムーミンオーツチップ拡大

海外旅行するときは私は大抵地元のスーパーでお土産を見つけます。空港より安く買えるし、こういうおもしろい製品も見つかるので。フィンランドに旅行に来られる際は是非スーパーにも足を運んでみて掘り出し物を見つけてください。ペーパーナプキンはハズレなし。他にもおもしろいグッズが見つかるかも♪

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

ちなみにコオロギチップスをいそいそと2袋(も!)購入した家人ですが、結局1袋でギブアップ。気づいたら賞味期限切れでゴミ箱入りとなりました。
ご購入は計画的に、の
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

日本へのお土産 | 00:04:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
フィンランド人、夏日を堪能する
Moi!

今日も28度まで気温が上がりました。25度以上の夏日がこれで6日続いています。が、明日は18度、明後日は15度まで下がるようですが、来週はまた20度前後に回復しそうでほっとしています。

気温が20度以上になったらフィンランド人はやたらアクティブになります。(私調べ)半分本気で今日を逃したら二度とこんな暖かい日はこないかもしれないと思っているから。私もここのところせっせと半袖を着てます。

昨日湖に出向いたら保育園の子ども達が遊びに来ていました。最近この湖周辺ではよくイベントが行われたり、遊ぶところができたり、ちょっとしたお茶やソーセージが焼ける小屋ができたりと以前より人出が増えた気がします。
遊具と子ども達

白樺もすっかり緑。太陽の光を反映してキラキラしていました。
木立

そしてこの静かな湖。空と同化しそうなブルー。
湖1

ベンチに座ってゆっくり湖を眺める優雅な時間。
ベンチ

冬の間は雪に覆われていたこの湖も今では白樺を水面に美しく映し出しています。
湖2

あまり使われているところを見たことがなかったブランコ、なんと4、5人の子どもが乗り、男性(引率の先生?)が思い切り押してました。つかまるところがあまりないようなのですが、大丈夫…なのでしょうね。そして他の子ども達も次は自分の番だと待っています。
過激なブランコ

こちらではビーチバレーを楽しむ子ども達。ちょっとネットが高いかな?これでアタックが決まったら大したもの。
ビーチバレー

一方今日の空。”きみの名は”に出てきそうな絵のような風景ですが、私にはそんな絵心はございません。
雲

冬の間ぬかるんでいた遊歩道も緑の木立を抜ける絵になる状態に。もうね、自転車で通り抜けるだけで気持がいいのです。
遊歩道

こちらは川辺。簡易テントを張って本格的に寛いでいる人も。
川辺のテント

いや~、やっぱり夏はいいです。心が開放的になります。
一方夕方に庭の水やりをしようかどうか迷って(結局やめた)しばらくしたら遠くで雷が鳴り出し、暴風雨が吹き荒れかと思ったら15分後には何事もなかったかのように晴れました。これもヨーロッパあるある、のお天気です。水やりの手間が省けてラッキーでした。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

夏はビーチ派という方も、山の新鮮な空気を吸いに行く派の方も、家の中でクーラー派の方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ






続きを読む >>

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 02:10:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
リュブリャナの旅 ~お城、橋、国立美術館~
Moi!

今日も気持のよいお天気。25度越えの日がこんなに続くのは本当に珍しいこと。日本の感覚でこれがずっと続くような錯覚に陥りますが、木曜日は最高気温が17度まで下がります。平年の5月の気温は15度とのことなのでこれがどれだけ奇跡的なことかおわかりいただけるかと。庭の桜もどんどん開花し、これも例年以上で嬉しい驚きです。

さてスロヴェニアのリュブリャナの旅行記、今日で締めます。今回は観光スポットを中心に。
まずは旧市街の中心の小高い丘の上にあるリュブリャナ城。歩いて上がることもできますが、このようなケーブルカーもあります。事前にネットで予約しておくと10%オフになるのでお城の入場料+ケーブルカー往復を購入しておきました。
リュブリャナ城 ケーブルカー

お城の最上階に上るにはこのような螺旋階段をひたすら上っていきます。(上りと下りは別階段)
リュブリャナ城 螺旋階段

この階段、ステップのところにこんな絵が。芸が細かいです。
リュブリャナ城 螺旋階段拡大

そして上からリュブリャナの街を眺めた図。赤茶色の屋根が多いです。昔何か決まりがあったのでしょうかね。
リュブリャナ城 上からの眺め

お城の中(地下1階)にある聖ジョージ礼拝堂は素朴さと豪華さが兼ね備えた礼拝堂。
聖ジョージ礼拝堂天井

椅子がこのようにちょっと波打っていて不思議な形をしていました。
聖ジョージ礼拝堂椅子

お城の中庭。日曜日だったのでレストランは閉まっていたのですが、こんな広々としたスペースで食事すると気持いいでしょうね。
リュブリャナ城中庭

お城を後にして向かったのはプレシェーレン広場にあるフランシスコ教会。カトリックの教会はやっぱりゴージャスですね。
フランシスコ教会中

天井画もシャンデリアも。礼拝中につきじっくり写真は撮れなかったのですが、教会って歴史的知識があるとよりおもしろいでしょうね。
フランシスコ教会シャンデリア

リュブリャナには旧市街に向かうための橋が時々あります。そして橋の上にはこんな彫刻や
橋の上の彫刻1

こんな彫刻や
橋の上の彫刻2

欄干の上にもこんな彫刻が。この橋には”愛の南京錠”がたくさんつけられていました。
彫刻と南京錠

友達が到着するまでにまだ少し時間があったので絵画中心の美術館をホテルの人に教えてもらい、向かったのは今年100周年を迎えた
国立美術館 100周年

国立美術館でした。毎月第1日曜は美術館等が無料という恩恵にあずかることができました。
国立美術館 正面

絵画は1階は割と素朴な作品が多く、2階は地元に所縁のある画家の絵が中心に展示されていました。
これは額縁が豪華だったのでついつい写真に収めてしまいました。
国立美術館 豪華な額
私の好きな印象派の時代の絵もたくさんありました。

絵もさることながら建物も豪華。
国立美術館 階段手すり

さりげないガラスにも透かし模様。
国立美術館 ドア

壁の装飾も凝っていました。
国立美術館 装飾

ちょっと目を引いたのがこの絵。というよりも絵の題材。フィンランドで今人気のKeppihevonen(=Hobby horseまたは棒馬)ではないですか!昔から…あったのですね。フィンランド以外の地にも。
国立美術館 Keppihevonen

このランプもおしゃれ。
国立美術館 ランプ

そして豪華な広間。昔はダイニングとかに使われていたのでしょうか。
国立美術館 広間

と効率よくリュブリャナの街を探索したのでした。実は龍の橋というのもあったのですが、近くまで行ったのに見そびれてしまった模様。ま、そういうこともありますね。

雨が降るのを覚悟していたのですが、いいお天気に恵まれてよかったです。スロヴェニアの人は概ね親切で明るい人が多かったです。もし行くならリュブリャナ+海辺の街をプラスすると違った楽しみ方ができるのでお勧めです。

ということで皆様、よい一日をお過ごし/お迎えください。

棒馬遊びをしたことがある方も、ほうきに乗って魔女ごっこをしたことがある方も、いやそんな経験はございませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランド国外旅行 | 03:45:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
Flag Counter

FC2Ad