■プロフィール

Visit Lakeus

Author:Visit Lakeus
フィンランド中西部在住。
日本からのお客様を対象に、アルヴァー・アアルト設計の建築群、家具の街ユルヴァ、トーヴェ・ヤンソンが手がけた祭壇画のあるテウヴァの3箇所を巡るツアーを企画中。地元の情報や日々の情報を書き綴っています。

■最新記事
■月別アーカイブ
■カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

■よろしければ応援クリックお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ blogramによるブログ分析

■Tap Tripで記事を掲載中

「ネットで見るトラベルブック」Tap Tripのウェブサイトで記事を執筆中。ブログで紹介しているネタをテーマを絞って書いています。よろしければご覧ください。 アピラ図書館: http://taptrip.jp/3982/ アールトセンター: http://taptrip.jp/4256/ Amfora: http://taptrip.jp/6041/ Provinssiロックフェスティバル: http://taptrip.jp/7028/ タンゴフェスティバル:http://taptrip.jp/7028/ 湖畔サイクリングを楽しもう:http://taptrip.jp/9738/

■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ヨーロッパ
21位
アクセスランキングを見る>>

不調でも応援
Moi!

今日は寒い日でしたが、とてもいいお天気でダイヤモンドダストが空気中でキラキラ光っているのを暖かい室内から眺めておりました。

平昌オリンピックも盛り上がりを見せている中、昨日はフロアーボールの試合を見に行ってきました。セイナヨキの地元チームSPVと対戦相手はヘルシンキのチームEräViikingit。SPVはかつてはナショナルリーグで何度か優勝している強豪チーム、だったはずなのですが今年は主力選手が2人も怪我で試合に出られないせいかまさかの8位に転落。対するEräViikingitは快調の3位。今シーズンの試合も残すところわずか、どうしても勝ちたい試合です。

試合は互角で点を入れたかと思えば返され、リードしていたかと思ったら追いつかれの繰り返し。審判のジャッジに大勢の観客が大声で抗議するシーンも何度か。(そう、おとなしいとされるフィンランド人も必要に応じて叫びます。)でもその怒りが得点に結び付いた感もあり、こんな結果に。第3ピリオドで残り7秒というところで7対7の同点。
同点

ええ、この後5分の短い休憩の後に延長戦に入りました。延長戦では先にゴールがした方が勝利。

これ↓じゃわかりづらいですね。観客が立ち上がって選手を讃えてます。赤とブルーのユニフォームがSPV。見事にゴールを決めて勝った瞬間から10秒ぐらいした後の写真です。
勝利1

監督も一緒に輪になって勝利を分かち合う、の図。
勝利2

日曜の夜にこのように劇的に勝ってくれるととてもいい気分。残された試合もこの調子で勝ち進んでいってもらいたいものです。

ということで皆様、よい一日をお迎え/お過ごしください。

基本的にスポーツ観戦に興味はなかったのですが、観戦しているとはまるものですね。
冬季オリンピックにはまっている方も、残念ながら興味はありませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



スポンサーサイト

テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フロアーボール | 03:44:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
災難だった電車の旅のニュース
Moi!

今朝起きたらいきなり-18度でしたここのところ-10度前後で推移していたので急にがくんと気温が下がり驚いています。明日の最低気温は-24度の予想。今年は暖冬かなと思っていてもやはりこれぐらい寒くなるのはお約束ですかね。

さてフィンランドの学校では長い10週間の夏休み、冬休みの他にそれぞれ1週間の秋休み、スキー休暇があります。秋休みとスキー休暇は地域によって週が違い、今週から南の地域の学校がスキー休暇です。

スキー休暇の間は旅行に出かける家族も多いようです。暖かいところに旅行に行く人達、また文字通りスキー旅行にフィンランド北部やダウンヒルスキーをしに海外に行く人達も。ちなみにフィンランドには高い山がないので本格的なダウンヒルスキーをしたいなら海外に行くのです。

そんな中先日のニュースで、そんなスキー休暇を楽しむ人で満席のヘルシンキから北部の街オウルに向かう電車、車両が”何かの事情で”1両少ないまま運行したのがあるそうです。そのため約100名の乗客が5時間強座席がないままオウルに向かわざるを得なかったとのこと。

こちらの電車は長距離電車はすべて座席指定になっているので、新幹線の自由席みたいなところはないのです。食堂車がありますが、席はかなり限られているのでここはすぐに満席になったと考えられます。

私も1度乗る予定の電車が故障があったらしく別の古いタイプの電車がきたので、好きな場所に座ってください、ということがありました。その時は満席ではなかったので座ることもできたし、ちゃんと動いただけでもありがたいと思ったのでした。

でも今回の場合、乗客の多くはお子さん連れが多かったのと、スキーなどする人は荷物もすごく多かっただろうということ(そして多くの人は1週間がっつり旅行する人多し)と、雪を求めて長旅だったことなどを考えると、予約した車両に乗れなかった人達の大変さ、いかばかりか。

フィンランドの国鉄、VRは今回の件について補償するとのことですが、お金をもらっても変えられない失ったものが大きいような気がします。VR関連のトラブルは色々な人の情報を集めたらかなりびっくりなエピソード満載なのですが、一方で価格を大幅に下げるなど企業努力しているところもあるので是非ともがんばってもらいたいところです。

こちらは電車の中にある子どもが遊べるスペース。こういうスペースは新幹線などにもできたらいいですよね。
電車(子ども用遊び場)

ということで皆様、よい1週間の始まりをお迎えください。

電車の旅で不幸な目に遭ったことがある方も、電車の旅は概ねスムーズですという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 17:16:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
雪像と湖
Moi!

今日は気温が少し下がって最高気温が-6度でしたが、2月にもなると陽射しが強くなってきて冬景色は続いていますが春の訪れを少しずつ感じられます。

久々に近所の湖に行ってきました。先週の日曜日に新しくできた小さな小屋のオープニングパーティーがあったようです。その小屋に関してはまた別途中に入るチャンスを見つけてその時にご紹介できればと思っています。

こちらは雪がたくさんあるし、雪だるまもよく見かけるのではと思うかもしれませんが案外見かけません。寒過ぎると雪がさらさらになって作りにくいし、冬の間雪がずっとあると思うとわざわざ寒い思いをして作らなくても…というのが子ども達の心情?オトナの事情?でも今日は久々に雪だるまを見かけました。そう、フィンランド発のゲームキャラクター、アングリーバード。
アングリーバード雪だるま

どうやら3月4日にアングリーバード関連のイベントがあるようでその告知も兼ねてのようでした。
アングリーバードイベント告知

イベントで作ったのでしょうか、サイコロの上に生首?
像後ろ姿

と思ったら見る向きを間違えておりました。椅子に座った王様の雪像。
像前面

髭もちゃんとあり、これを精巧とよぶのかどうかわかりませんが、技術は必要でしょうね。
像アップ

これは冬の遊び。遠心力を利用した回転式そりみたいなもの。
遊び場

-6度だったので湖もすっかり凍っていてどこからが湖なのかよくわかりませんが、湖の真ん中にクレーターみたいなものができていました。
湖

ここは既に湖。車のタイヤの跡なんかもあるし、歩いても大丈夫かなと根拠のない直感を信じてクレーター部分まで歩いてみました。
湖上

なぜこの部分だけ雪が除雪されているのかわかりませんが、水面は凍ったままでした。スケートリンクですかね?
湖のクレーター

すみません、小心者なのでこれ以上近づくことはやめました。雪があるとまだ歩きやすいのですが、氷の表面は滑るので転倒注意なのです。それにしてもお日様に照らされていると元気になります。太陽の力は偉大。

ということで皆様、よい週末をお迎えください。

昔城崎温泉の露天風呂に行った時に精巧なサザエさんのミニチュアの雪像を見たことがあります。真似しようにもどこからどうやって手をつけていいのやら見当もつきませんでした。
手先が器用で芸術的センスを兼ね備えている方も、いやそれはちょっとという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ




テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

Visit Lakeus | 01:52:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
高3生の伝統行事 ~penkinpainajaiset~
Moi!

今日も+1度まで上がり暖かい一日。天気予報では当初曇りだったのですが、結局ほとんど晴れていてよけい暖かく感じました。

さて毎年この時期になるとフィンランドの高校3年生の伝統行事があります。それはpenkinpainajaisetというもの。高校の卒業式は5月、また大学入学資格試験や大学入試もまだ先に控えているのですが、2月のこの日が高校での最後の日となり、後は自主勉強の期間に入ります。その直前に皆で騒いでバカやって最後の思い出を作ろうというのがpenkinpainajaiset、と理解しています。

ちょうどHelsingin Sanomatという新聞社のWebでライブ映像を流していたのでスクリーンショットを取ってみました。いやね、家人の従妹の娘がちょうど高3でこの日のために手作りの巨大牛乳のパッケージを作って臨むと聞いていたので(そして母である家人の従妹自身も同じく巨大牛乳パッケージの中に入って参加)もしかして見えるかも、と期待して見始めました。

ご覧ください、このトラックの数!そしてその荷台には高3生がそれぞれ思い思いの格好で、時には奇声を発し、時には歌い、時には何かを叫びながら道端の人にキャンディーを投げるイベント。
Penkkariajot.png

何だかよくわからないけど楽しそうでしょう。
Penkkariajot2.png

このトラックの人達はテーマを決めてるみたいですね。
Penkkariajot4.png

クラシックなトラックの後ろにひときわ目立つバナナ兄弟。
Penkkariajot5.png

この女子達も楽しそう。
Penkkariajot6.png

いや~、トラックの運転手も楽しんでいるんでしょうね。ストックマンなども見えたので街の中心でも何台もトラックが連なってノロノロ運転していましたが、季節の風物詩で街の人も受け入れているんでしょうね。

何だかバカやってるよね~とツッコみたくなると同時に、すごく青春していてうらやましくもあります。今年は割と全国的に暖かかったようですが、まあ例え大雪が降ろうと、雨が降ろうと、風が強かろうとこの国の人達はそんなものものともせず楽しんでしまう、そういう強さを持ち合わせているような気がします。

ということで皆様、よい一日をお迎え/お過ごしください。

甘酸っぱい青春時代の思い出をお持ちの方も、あまり思い当たる節がありませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ


テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 04:32:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
歯医者に
Moi!

今日は最低気温が-1度で最高気温が+1度の割と暖かい日。道の雪もだんだん溶けてきました。お天気はころころ変わり、曇っていたかと思えば横殴りの雪が降ったり、かと思えば太陽が出たり。ええ、寒くないからと思って出かけたら15分後に横殴りの雪の中自転車こいで帰宅する派目になり、家に着いたら急に晴れ、すっかりお天気に翻弄されたのはこの私。

小さい頃から風邪や腹痛に悩まされることはほとんどなかったのに虫歯には悩まされました。幼稚園でこの年は皆勤賞!と思ったら歯痛で1日休んだ日があって皆勤賞を逃してしまったほど。今でもここ数年病院には数えるほどしか行っていませんが、歯医者に行く頻度は高い気がします。

そして先日もふと前歯を鏡で見たら根元が変色しているのを発見歯って往々にしてほっとけば悪化するだけなんですよね。なので思い切って歯医者さんに電話してみました。

公立の歯科は市にいくつかありますが、電話はセンターで一括で受け、症状に応じて空いている時間と場所を指示してくれます。私の場合痛みはなかったのですが、早めに治療したいとお願いしたら2日後の今日予約が取れました。以前は電話が通話中ならかかるまで何度もかけていたのですが、最近は留守番電話に切り替わり随時折り返してくれるようになりました。

結論からいうと今回は根幹治療をした部分が変色していたのですが、15分ほどできれいにしてくれた上に他の歯のクリーニングも別の日に予約できました。

それはさておき、フィンランドの歯医者さんで日本と違うと思ったことは

1. 治療は個室で行われる
予約時間になったら歯医者さん自らが迎えにきてくれました。今日はなかったですが、先生と握手をして治療を始めたことも。
そして治療は完全な個室で行われます。個室には歯科医+歯科助手さんがセットでいます。
以前日本で通っていた歯医者さんにはDVDが見られたり、音楽が流れていることもありましたが、その辺は公立ですし、ごくシンプルに必要最低限のものは揃っているという感じ。

2. サングラスをかけられる
診療用の椅子に座ったらエプロンみたいなものをかけられ(これは日本でも一緒ですね)、さらにサングラスをかけられます。これがね~、自分はどんなアホ面にになっているのか気になるのです。フィンランド人の目って色素薄そうだからその対策と思われます。でも今日は目の周りに飛び散った飛沫をこのサングラスが防御してくれました。

3. 椅子が…
歯医者の診療用の椅子って足を伸ばして寝そべられるし、いい按配でカーブしているので待ち時間が長いとついつい居眠り、なんてこともあるのですが、こっちの椅子、お尻のくぼみから足先に向かってなだらかに弓なりになっているのですが、私の足が短いもんだから足先が弓なりの途中で引っかかっている感じ。ああ、足がもう10cm長ければ安定するのにという残念さ。

4. うがいはなし
日本の歯医者さんといえば治療後にちょっと異物が残っていたり、口の中にちょっと変な味が残っていたりする時もうがいをしてすっきりできますよね。そうそう、口をすすいだ後でもコップを置けば自動的に水が補給されるやつ。あの機械はないのです。だから異物は基本的に吸引です。

5. その他
口の中をのぞかれて”美しい”と言われるのは複雑な心境ですが、日本でたくさんお世話になった虫歯治療の結果をこちらの歯医者さんはよくほめてくれます。本当は虫歯一つないきれいな歯、とほめてもらえたら嬉しいのですがね。日本の技術は高いようです。
それと以前哀しみを綴りましたが、根幹治療も叶わないときは歯を抜かれます。歯は大切にしなければ。

歯医者の建物は撮らなかったのですが、こちらは歯科の近くの建物。昔はここが中央病院でした。
元病院

ということで皆様、よい一日をお迎え/お過ごしください。

歯を抜かれたという辛い経験がある方も、虫歯はなく健全だという方も、虫歯はそこそこありますが抜かれたことはありませんという方も
↓クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ
↓こちらもよろしければ



テーマ:北欧 - ジャンル:海外情報

フィンランドの生活 | 03:37:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
Flag Counter

FC2Ad